キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

ロイヤルカナン 口コミ評価

キャットフード

キャットフード【ロイヤルカナンフィット】の評判は?成分と原材料を徹底解析

更新日:

「良いキャットフード」として認知されてるのがロイヤルカナンシリーズですよね。

ペットショップやどうぶつ病院などでもおすすめされており、価格的にも良質なキャットフードというイメージがあります。

今回は、そんなロイヤルカナンの「フィット」に焦点を当て、このキャットフードの実際の評判や原材料をまとめています。

キャットフード選びの参考としてご活用ください。

 

スポンサーリンク

 

今回解析したキャットフード「ロイヤルカナン:フィット」の概要

ロイヤルカナン 評価

出典:ロイヤルカナン公式

 

販売元  ロイヤルカナンジャパン
原産国  フランス
メイン材料  家禽ミール
着色料の有無  不使用です。ただし酸化防止剤がBHAで注意が必要です。
ラインナップ  フィット以外にも、ロイヤルカナンは療法食や年齢別のケアまで幅広いです。
健康管理のしやすさ  比較的しやすい部類
主な購入方法  公式サイトからの通販、ペットショップやどうぶつ病院など。
価格(約)/2kg ¥3402(公式サイト、楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
価格/一日(約) ¥80〜¥100 (一匹あたり)

ロイヤルカナンは猫の年齢や体調に合わせたラインナップが豊富です。

猫種ごとのラインナップまであり、飼い主からしてみると自分の猫にあったキャットフードを見つけやすい印象。

また、数少ない定期購入システムを導入しているキャットフードでもあります。
(公式サイトからマイロイヤルカナンに登録する必要あり)

公式サイトではキャットフードの詳細だけではなく、犬や猫の健康維持の方法まで、詳しく書いてあります。

サイトの見やすさ、親切さは全キャットフードブランド中でもトップクラスです。

では、そんなロイヤルカナンの口コミを見ていきましょう。今回はロイヤルカナンの「フィット」の評判を抜粋しまとめています。

 

「ロイヤルカナンフィット」の口コミ評判まとめ

猫は大好きなようです。うちには2匹いますが、気難しいほうのコもカリカリと一生懸命噛んで食べてます。

あまり気に入らないドライフードは一生懸命食べないコなのでこれはよほどおいしいんだなーと思いました。

フィットに限らず、ロイヤルカナンのドライフードは味を変えて与えてます。これを与え始めてからお腹も壊さないし、あまり毛玉を吐かなくなりました。

我が家のアビシニアン2匹は胃腸がデリケートなのか、下痢しやすく、いろいろ試してここに落ち着きました。ここまで長い道のりでしたが、今のところ快調に食べています。

あまり食べないです。(理由は分からないですが)
ロイカナの他の種類を食べさせています。

高い割には原材料どうなの....?特に体壊したとかじゃないけど、他の高いキャットフードと比べたら原材料が気になる。ミールとかはあまり良い材料じゃなかったような....

くいつきはそれほど良くありません。太りたくないのでそれでよいのですが。ロイヤルカナンでとりあえず、、、という感じで選びました。

ロイヤルカナンは種類が豊富で病院などでもよく勧める所がありますが、それはロイヤルカナンのブランド力と営業戦略が優秀なのも一つの要因です

市販のキャットフードと比べると、高評価をする方が多い印象です。その他の口コミをまとめ総評すると

食いつきは良く、その辺は高いだけあるである。
・ただし、ブランドの有名さや「獣医師が勧めている」と言った後押しで売れているのも事実。
・原材料的にもBHTやBHAなど、危険な酸化防止剤が含まれているのが気になる方もいる
・さしあたって健康被害は特にないが、他のプレミアムフードと比べると成分に不安

ロイヤルカナンフィットはこのような評価がされているようです。

では実際に、ロイヤルカナンフィットに含まれる原材料や成分を見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

「ロイヤルカナンフィット」の原材料:成分表をチェック

家禽*ミート、とうもろこし、米、コーングルテン、動物性脂肪、植物性分離タンパク**、植物性繊維、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、酵母、大豆油、魚油、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン)、ミネラル類(K、Ca、Cl、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、A、葉酸、ビオチン、B12、D3)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

 

たんぱく質の配合量と質

・第一原料は鶏肉だけど.....
ロイヤルカナンフィットは、公式サイトにあるように「ミートファースト(タンパク質主原料)」のキャットフードです。

ただし、「家禽ミール」と呼ばれる低品質な肉が使われています。値段の割にタンパク質の質は信用できないと言わざるをえません。

 

穀物の質・有無

・体に良くない穀物をタンパク質の次に多く使用している。

トウモロコシを比較的多い割合で使用しています。トウモロコシは猫にとっては消化しやすいとは言えません。

また、米や玄米と比べエネルギー代謝が悪い傾向にあります。高級なイメージのロイヤルカナンですが、穀物の質も低いです。

 

着色料・保存料

・着色料は不使用だけど....

着色料は不使用で、粒の色はすべて茶一色。しかし、保存料にはBHTなど発がん性が疑われる成分が使われています。

これらは人が口に入れることができない成分です。体調を崩している猫は特に注意が必要です。

 

油脂の質

・あまり良いとは言えない

脂質として入っているのは「動物性油脂」という、どの動物のどこの脂かわからないものです。

曖昧な表記は信用ならないですし、酸化も早く決して質が高いとは言えない原材料です。

 

その他気になる原材料

・ビートパルプを使用

大量生産の安いキャットフードに含まれる事が多い原材料です。

入っている理由はかさましと猫の便を硬くし、飼い主が処理しやすいようにするためです。

猫の体には本来必要ない成分ですので、入っていないことに越したことはありません。

 

キャットフード「ロイヤルカナンフィット」の総合評価

キャットフオードナチュラルバランスの評価
ロイヤルカナン 解析結果

(29/50点満点)

・値段の高さの割に、原材料の質は低め。家禽ミールの表記は見逃せません。

・食いつきや健康維持のしやすさについては高評価の口コミが多い印象です。

・良質なキャットフードに含まれていることが少ないBHTや没色子酸プロピルなど危険な成分が含まれています。ガンが心配ならば注意が必要です。

・穀物にはトウモロコシ粉を使用しており、猫の体に合っているとは言えません。

 

スポンサーリンク

 

キャットフード「ロイヤルカナンフィット」まとめ

有名で健康的なイメージの「ロイヤルカナン」ですが、全シリーズ通して原材料の質は不安、というか全く良くはありませんでした。

ただ、食いつきは良い評価が多いです。年齢別、病気別のラインナップは豊富ですので、猫ちゃんの体調に合わせた選び方ができる事はプラスかもしれません。

もし「高いから良いはず」「有名だし」という理由で選んでいるのなら、少し損をしている可能性があるキャットフードと言えそうです。

 

⬇︎合わせて読みたい

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f4dミート
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.