シンプリーのレビュー

シンプリーキャットフードのレビュー:老猫やアレルギー持ちの猫に最適なグレインフリーフード

うちの子はデリケートだし…
健康管理が楽なキャットフードは?

こう思いながらネットでキャットフードを探すと、行き当たるのがシンプリーのキャットフードです。

市販の物でシンプリーと同じようなご飯を探すと、どうしても「老猫専用」や「療法食」が多いですよね。

「どんな猫でも食べれるヘルシーで健康管理が楽なフード」は、なかなか見当たりません。さらにシンプリーは

CHECK!
  • 消化や尿系の病気に配慮された原材料
  • 関節ケアのコンドロイチンを配合。老猫や活発な猫の関節をいたわる設計
  • アレルゲンがほとんどなく、アレルギー持ちの猫でも安心

このように、とにかく「安心・安全、健康管理のしやすさ」に気を配られています。

シンプリー 公式

ここでは実際に、猫を飼っている飼い主目線でのレビューと、実際に猫たちが食べている動画や画像などを交えながら、シンプリーキャットフードを掘り下げて紹介していきます。

  • わりと有名だけど、実際のところどんなキャットフードなのか
  • コスパに対して、質はどんな感じ?
  • どんな猫なら食べせても良いのか

こんな疑問にも答えられると思います。参考にしてみてください。

ピックアップ2
↓このフード以外のレビュー記事↓
▶︎▶︎カナガンキャットフードのレビュー🔗
▶︎▶︎オリジンキャットフードのレビュー🔗

 

シンプリーキャットフードの特徴、ポイント

シンプリーの 特徴はなんといっても

余計なものが入っていなくて、他のキャットフードと比較すると安心度が高い

というところです。

「おいしさ」や「こんな猫におすすめ」という感じで売り出しているキャットフードは数多くあります。

しかし、シンプリーは他メーカーでは使っていないような消化や泌尿器に良い原材料、そして、猫の食いつきの良いサーモンを主原料としています。

美味しさ×健康ケア」

を両立したプレミアムキャットフードと言えるでしょう。

左がシンプリーの粒。右がコンビニで売っているキャットフードの粒です。

御察しの通り、右の粒には人工着色料・保存料・人工香料が大量に使われています

自然素材に余計な物を足さずにキャットフードに加工すると、本来は左のような色・不揃いな形になるはずです。

シンプリーに限らず、本当に良いキャットフードは肉や魚本来の匂いがしっかりするため、色や香料に頼る必要はありません。
(そのぶん、飼い主が匂いに慣れるまで時間がかかる場合もありますが)

 

低品質な材料は不使用!納得して猫に与えることができる

市販の激安キャットフードの多くには「ミートミール」「マグロミール」「◯◯副産物粉」のような4Dミートと呼ばれる粗悪なたんぱく質が含まれます。

シンプリーにはそういった「人間が食べれないような素材」は一切使わず、厳選されたサーモンを主原料としています。そのおかげか、愛猫たちの食いつきも上々です。

猫を飼っていて、市販のフードの成分表を見たこと、調べたことがある方なら

「猫だからってバカにして変な肉や魚を使いすぎでは?」

こんなキャットフードばかりだと感じる飼い主さんも、結構多いのではないでしょうか。

特に国産の激安キャットフードはこういった物のオンパレードです。

キャットフードによっては「それ、本当に猫に必要??」と感じるものまで入っています。本気で気をつけてください。(中には、お菓子の粉まで再利用して作ってるものもあります!本当に、キャットフードの成分表はよく見たほうが良いです)

シンプリーキャットフード

反面、シンプリーの原産国であるイギリスは日本よりもペットの地位が高い国です。(日本は、実はペットに関して遅れています)

その「動物愛護国イギリス」の動物栄養学者と共同で作り出された「猫を長生きさせるためのキャットフード」が、シンプリーというわけです。

配合している成分や原材料も安心なものばかり。発がん性のあるBHTや赤◯◯号などといった添加物も入ってません。

イギリスの中でも見る目の厳しい「BRC規格」でAランク認定を受けた、最高管理基準の工場で作られている商品でもあります。

日本のペットフードに関する法規制の緩さを考えると、猫の健康を考える飼い主さんが海外さんのキャットフードを求め始める事は、当然かもしれません。(アメリカやイギリスでは猫や犬に対する「家族」という意識が高いため、獣医さんに対するキャットフードについての質問も多いようです)

CHECK!

衛生管理・品質をちゃんとして作られたフードを食べさせたい。
日本のキャットフードにあまり信頼を持てない事。

この二つはシンプリーにかかわらず、プレミアムフードを試してみよう!と考え始める飼い主さんに共通する購入動機だと思います。

シンプリー 公式

 

シンプリーを試してみようと思った理由・購入までの経緯

「このままでのキャットフードでは、猫たちの健康的にまずい!」

と感じて最初に試したのがカナガンのキャットフード。食べさせてみたところ3人とも食べてくれました。健康状態も良いので一安心。

しかし、もともとチキンよりも魚系の味のフードを好む子は、そこまでがっついている感じがありませんでした。

「他のより良い品質のものだし…もっと美味しそうに食べて欲しい」と思い、同じ価格帯でお魚味のシンプリーも試してみることに。

後日届いたシンプリーを、カナガンに少しづつ混ぜながらご飯を切り替えを開始。

カナガンと同じ値段なのに!と驚くほど、うちの子がシンプリーにがっつく姿を見て、

最初はこっちは買うつもりなかったけど…喜んでるから良いか!」と納得。

消化も健康状態もバッチリです。はじめは食べてくれるか不安だったので単品購入でしたが、飽きる様子もなし。今では定期購入に切り替えて引き続き食べさせています。

 

定期購入可能。愛猫の健康管理をを安定して行いやすい

キャットフード シンプリー レビュー

管理人は月に1つの注文なので10%オフですが、一回の注文が7000円以上で15%0FF。20000円以上で20%OFFと、まとめ買いをするほどお得になります。

多頭飼いをしている方ほど、お得にプレミアムキャットフードを買えそうです。

まずは単品買い。実際に食べさせて納得がいったら定期購入。こうすると、万が一の場合も後悔せず済むでしょう。
(すでにある程度良いフードを食べさせてるなら、なおさらこの方が良いです)

シンプリー 公式

 

シンプリーのデメリット・オススメできない人

チャックはついてない

I

カナガンキャトフードに勝るとも劣らない、高品質・大人気のシンプリーですが、惜しい点もありました。

まずはパッケージ。正直「おい、またかよ!」と思いましたね。

カナガンと同じく、密封用のチャックが付いてません。イギリスの人は、キャットフードをパッケージに入れたまま保存する習慣はないのでしょうか。
(アメリカ産の高級フードには必ずと言って良いほどついてます。

できればついていて欲しかったというのが本音。長持ちさせたいならジップロック等の密封ケースを利用する必要があります。(管理人は別ケースに保存)

本気の飼い主さんじゃないと、高く感じる

他のプレミアムフードとダブるデメリットですが、1.5lgで3960円は正直お高め。

市販品に慣れてしまうと。「そこまでは出さないかな」という判断になる方も多いとおもいます。

内容や安全面はもちろん、実はプレミアムフードと比べればむしろコスパは良い方なのですが、それでも

「やっぱグレインフリーだし高いな…」

という感覚は拭えないですよね。

「猫の健康を気遣って、1匹あたり月4000円をキャットフードに投じる覚悟。」

シンプリーを試すには、これが必要になるでしょう。

定期購入でしか買えない

シンプリーキャットフードのレビュー

シンプリーは、お店では買えないネット限定販売のキャットフードです。質や管理を優先するために、公式サイトのみの取り扱いとなっているようです。

ですので、「お買い物ついでにキャットフードを買う。」これが出来なくなります。

逆に考えれば「買いに行く手間が省ける」とも考えられますが、慣れるまではついついキャットフード売り場に立ち寄ってしまうかもしれませんね。

うっかり余計な物を買わないよう、気をつけて下さい。

 

シンプリーを食べるうちの子たち

 

うちの子の中で1番シンプリーの食いつきが良かったのがスコティッシュの子(ブラウンタビー)でした。

前述の通り、せっかく良いご飯を食べさせるのなら、好きな味の物をという事で、この子にはシンプリーを食べさせております。

スコの子は他の二人と比べ遊ぶのがそこまで好きではなく、運動量は控えめ。

カナガンと比べカロリー抑え目のシンプリーは、そういった点でもこの子にぴったりだったと思います。

 

シンプリーキャットフードを試してみての雑感&まとめ

今までは与えるキャットフードの量で体重の増減が激しかったスコティッシュの子でしたが、カロリーも控えめなおかげなのか健康診断のたび指摘されていた体重の上がり下がりがなくなりました。ここしばらくは、ほぼ同じ体重でキープできています。

肥満が病気や寿命に直結するのは猫も一緒ですよね。

食いつきが良いことはもちろんですが、健康的にキャットフードを与えられるようになったのは何より安心。嬉しかったです。

matome point
  • 猫が太ってきた!
  • 体重の管理が難しく感じる
  • 年をとって運動量が減ってきた
  • アレルギーが多く敏感な体質

当てはまるのならシンプリーがオススメです。

デリケートな猫の健康管理の「しやすさ」で言うのであれば、全グレインフリー・プレミアムフード中でも1、2を争う部類だと感じます。

シンプリー 公式

ピックアップ2
↓このフード以外のレビュー記事↓
▶︎▶︎カナガンキャットフードのレビュー🔗
▶︎▶︎オリジンキャットフードのレビュー🔗

 

補足:シンプリーの総裁一覧

販売元 株式会社レティシアン
原産国 イギリス
価格 通常価格3960円+税。送料は全国どこでも420円です。
5000円以上(2つ以上)購入で送料と代引き手数料が無料となります。
安全性 ★★★★★ イギリスの「BRC」規格でAランクを取得した
清潔・安全な工場で厳重に製造・管理されています。
原材料 ★★★★★ 厳選されたサーモンを主原料に使用。
粗悪なたんぱく質は一切使わず、食いつき・栄養価を重視し
動物栄養学者が選んだ原料を使用しています。
栄養価 ★★★★★ 内臓のケアに最適な事はもちろん、
関節の事を考えグルコサミンやコンドロイチンまで配合されています
カロリー ★★★★★ 380kcal:健康管理がしやすいレベルに抑えられています。
運動量が少ない子でも安心して食べられる数値です。
対象猫種・年齢 ★★★★ 全猫種対応:基本的に10か月〜シニア猫まで。
定期購入 可能です。定期購入でお得に手に入れる事ができます。
定期購入は、配送のペースや時期、個数を後から変更できます。
もちろん後から解約することも可能です。
香り ★★★★★ 猫の食欲をそそる強めのサーモンの香り。
市販のフードに慣れている方にとっては、
かなり強くお魚の匂いを感じるかもしれません。
猫にとっては良い匂いのようで、食いつきは抜群です。
お魚系のキャットフードが好きな猫の健康管理には
最も適したキャットフードと言えるでしょう
 備考 ★★ パッケージにチャックが付いておらず、そのままでは密封できません。
品質・風味を保ちたいなら密封ケースを用意したほうが良いです。

シンプリー 公式


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?

    プレミアムキャットフードや下部尿路疾患の猫に向けて開発されているキャットフードの原材料欄を見ると「ク…
  2. 猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない

    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、なんかお口臭くないかい?」今回は「…
  3. 猫が餌を吐く原因は何?毎日吐くなら病気を疑ったほうが良い

    猫ちゃんが食べた物や胃液を吐く所を見ると、とっても心配になりますよね。毛玉を月に1、2回程度…
  4. キャットフードはどれくらい与えるのか

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ

    愛猫にご飯をあげるときに思うのが「餌の量はこれで本当に良いのか?」「これで健康的に過ごせるのか?」と…
  5. キャットフード グレインフリー

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット

    「猫のために、健康に良いキャットフードを買ってあげたい!」「安いキャットフードを食べさせ続け…

猫コラム

  1. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…
  2. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方