【カナガンキャットフードのレビュー】食いつき抜群!バランスのとれたグレインフリーフード

「猫の体に良いキャットードとは?」
「人気のプレミアムキャットフードって?」

こんな疑問を持ちながらネットサーフィンしていると、必ずと言って良いほど紹介されているのが「カナガン」のキャットフードですよね。

正直、決して安い部類のキャットフードではありません。しかし、

CHECK!
  • 徹底的に猫のことを考えて考案されたレシピ
  • 重たいキャットフードを買いに行かなくても良い(通販限定のため)
  • 定期購入だと良いものをお得に買える

などのメリットから大人気となりました。

公式サイトトップページにある「なぜ購入したか?」のリアルタイム質問には今でも、猫の健康を考える飼い主さんからのコメントが、毎日押し寄せられていますね。

カナガン 公式

ここでは、実際に猫三匹に食べさせ続けている飼い主目線でのレビューや、実際に食べている猫たちの動画を交え、カナガンキャットフードについて詳しく掘り下げています。

ピックアップ2
↓このフード以外のレビュー記事↓
▶︎▶︎シンプリーキャットフードのレビュー🔗
▶︎▶︎オリジンキャットフードのレビュー🔗

 

カナガンキャットフードのポイントは?

フードに使われている素材は4Dミートなどではなく、最高クラスのチキンや野菜で構成されています。

厳選されたタンパク質をメインに、野菜やハーブを使用。

スーパーやホームセンターで売っているキャットフードとは、比較対象にならない別物の品質です。

カナガンに含まれるメインの原材料

管理人がカナガンに含まれている原料の中で特に「これは良さそう!」と感じたのがカモミール」「クランベリー」「マリーゴールド」の3つです。

カモミールはストレス軽減効果、マリーゴールドは免疫力を高める効能があります。そして、クランベリーには尿を健康に保つ効果が期待できます。

3人の中には尿路結石を患った子もいるので、ストレス対策や尿路疾患対策がされている点にもかなり惹かれました。

肉が良質であったり、消化の良いサツマイモや海藻が使われているのは正直高いので当たり前です。

しかし、その二つの原料の効能を調べてみて「本当に猫ちゃんのことを考えているんだな」と感心。実際に尿のphも落ち着いています。

CHECK!

肉が良質→体を健康に作る・保つ
サツマイモや海藻→消化器に優しく、必要な栄養を摂れる
マリーゴールド等のハーブ→ストレス緩和・免疫力アップなど飼い主の目に映らない部分をサポート

こうしてみると、忙しい現代人が食べても健康に良さそうなものばかりです。
(実際に人が食べても大丈夫なものしか使ってません)

ざっくりと原材料を見るだけでも、私たちが普段口にするご飯より栄養バランスが整っていることがわかります

猫の体は人よりデリケートの場合が多く、獣医師さんによるとこれくらいじゃないとダメだそうです。

その点カナガンキャットフードは、現在日本で手に入るキャットフードの中でも栄養バランスがトップクラス。継続して食べさせる事で、猫ちゃんの体調を良好に保つ事ができます。

 

肉至上主義!グレインフリーのプレミアムキャットフード

猫 体に良いキャットフード

カナガンには小麦や大麦、トウモロコシ由来の「粗悪な穀物」を一切使っていないのも大きなポイントです

安いキャットフードには猫の健康を度外視した「粗悪な穀物(グレイン)」が大量に使われていますが、あれらは猫の健康維持や食いつき的に全く良くありません。
(そもそも、猫は本来肉が主食の生き物!)

もし今食べさせているフードの主原料が穀物なら注意が必要かもしれませんね。特に腸の弱い子や、すでに別のアレルギーを持っている子には、ちゃんとしたご飯を食べさせる必要があると思います。

というか、小麦やトウモロコシは、本来猫の食べ物ではありませんよね。人間に例えると、駄菓子を主食にしているようなものですので、確実に体に良くありません。 

カナガンキャットフード

カナガンは穀物不使用な分、他のキャットフードと比べ肉の配合率が多く、猫の体調を助ける野菜やハーブがたくさん入ってます。

もちろん4Dミートは不使用変な物でかさましせず必要な物をぎっちり詰め込んでくれています。

本来の主食である肉がメインのおかげで食いつきもかなり良い感じです。

 

フードの生産体制が日本とは段違いに良い

IMG_0791

「SAI GLOBAL」という「国際レベルで見てその工場はどれくらい清潔・安全か?」という基準があります。

カナガンはその基準においてAクラス・世界的に見ても最高水準の工場で製造、管理されています。

反面、国産キャットフードの良し悪しの基準は、外国の基準と比べてはるかにレベルが低いです

特にイギリスをはじめとしたヨーロッパ圏・アメリカ等と比べると恥ずかしいレベル。他の国でペットフードに入れてはいけない物も、日本では当たり前のように入っています。

(そもそもペットご飯の作り方や原材料を規制する法律がゆるい傾向にあります。安いキャットフードを、欲しい人が買えるのもこのお陰ですが)

IMG_0792

左がカナガン、右がスーパー等で売ってる国産キャットフードです。

こうしてみると、いかに着色料が使われているかがわかると思います。

ご飯に色をつけているのは、キャットフードについてあまり知らない飼い主さんへ「見てこの色!肉や野菜の成分は入ってますよ!」という事をアピールするためです。

そしてそのアピールは、猫の健康を全く考慮してない販売のためだけの物。猫ちゃんが色でご飯の良し悪しを判断することはありえません

この事から、全ての日本産キャットフードが「悪」ではありませんが、個人的に「国産」の表記に信頼はありません。

「良い材料を、綺麗で安全な工場でキャットフードへと加工している」

本来はこれがあたりまえですが、この基準をクリアして作られているキャットフードは残念ですが多ないのが現状です。

だからこそ「良質・清潔・安全」これも、カナガンキャットフードの魅力だと言えるでしょう。日本のキャットフードの質を詳しく知れば、どんな飼い主さんでも「これは食べさせたくないな…」と思うはず。

カナガン 公式サイト

 

カナガンキャットフードを試してみようと思った理由

IMG_0799

猫を飼い始めて少し経った頃、「プレミアムキャットフード」という物の存在を知りました。

それまで食べさせていた物も、市販の中では割と高めの物で猫の年齢別にラインナップがされているフードでした。

しかしその後「猫の体に悪い粗悪な穀物」や「4Dミート」の存在を知り愕然。

食べさせているフードの表記を見たところ残念ながら自分が食べさせているフードにも含まれている事が発覚その事をきっかけに、お店に並んでいるキャットフードには猫にとってデメリットが他にもたくさんあることを知りました。
(発がん性のある添加物、ひどいものだとパン粉・菓子粉とか入っているキャットフードも平気で並んでます。よく見てみましょう!)

それからは猫のご飯の選び方等、キャットフードについて勉強を開始。いろいろな情報を取り入れ、吟味し、たどり着いたのが「カナガンキャットフード」でした。

品質や安全性はもちろんのこと、

CHECK!
  1. 全年齢対応・猫ちゃんのご飯を年齢に合わせず変えなくても大丈夫
  2. 通販限定販売。その代わり、キャットフードを買いにいく手間が省ける
  3. 定期購入だとお得に良い物を続けられる

これらのメリットも「よ、よし、買ってみよう!」と思える後押しになりました。

特に「全年齢対応」という点は魅力でしたね。

子猫からシニアまで同じフードで良い、というのはかなり楽だと考えたからです

当時は一番下の子が生まれたての子猫だったので、全年齢対応というポイントには特にメリットを感じましたね。

実際の食いつき、ウンチの状態も良かったので一安心。

今まで食べさせていた物と比べ数倍の価格でしたがトータルで考えると「こっちのキャットフードに変えて良かった」と思える買い物でした。

 

カナガンキャットフードのデメリット、オススメできない人

チャックが付いていない

完璧な商品かと思えるカナガンですが、惜しい点もあります。

まずは、密封用のチャックが付いていません。無い物は仕方ありませんので、ジップロックや外付けの密封チャックなどを使って、鮮度を保てるようにしています。

値段が高め

プレミアムキャットフードなので、スーパーで売ってるキャットフードよりも値段は高め。通常購入だと1.5kgで3980円、定期コースだと3546円となります。

決して安い買い物ではないので、決める際は公式サイトの口コミや「なぜ買ったか?」の理由コメントなどをよく見て参考にしてみましょう。

自分と共通点のある飼い主さんがちゃんといるかどうかを確かめてから踏み切るのが良いですね。

愛猫に合わなさそう物を、無理して買う必要はどこにもありません。

ネットの公式サイトでのみ、限定販売

品質保持のために、カナガンキャトフードは公式サイトでしか買えないようになっています。

「なくなったから、今日帰りに買って帰ろう。」

これが出来ないことに、めんどくささを感じる方もいるかもしれません。
(その分、定期購入にすると買い忘れ防止&10%OFFにはなります)

匂いがきつく感じる方もいる

市販のフードと比べ、原材料に添加物や合成香料などを使用していません。

そのため、普通のキャットフードよりも匂いがきつく感じるかががいらっしゃるようです。

猫の食いつき的にはプラスに働く「そのままの香り」も、人にとっては臭く感じることもあります。

 

実際に猫がカナガンに食いつく様子

特にムギ(赤茶のマンチカン)は、カナガンを気に入っています。

3匹の中では一番好き嫌い激しかったので、心配でしたが….好反応だったので一安心でした。

「猫ちゃんが美味しくご飯を食べるところを見れるなら、買う価値はあったかな?」と思います。

はじめは「高いなぁ…」と感じていましたが、今では納得して食べさせ続けています。


 

1年半カナガンキャットフードを食べさせてみての雑感&まとめ

市販品と比べれば、決して安いキャットフードではありません。

ただ、「グレインフリー」「4Dミート不使用」などの安全性を考えれば納得の品質。実際、他の有名グレインフリーフードと比べるとコスパは良い部類に入ります。(後で知りました)

キャットフードを与えるたびに感じてた「このご飯で、うちの子は本当に長生きできるのか?」というモヤモヤ感はなくなり、今では自信を持って与えられるようになりました。

いろいろな物を見て調べましたが、実際の口コミ評価・猫の食いつき・栄養価。どの角度から見ても、今、日本で買う事の出来る「最高の猫飯」だと言えます。

canagan point
  • 最近子猫を飼い始めて、良いキャットフードがないか捜している
  • 我が子を健康に長生きさせたい。食事には妥協しない。
  • 市販のキャットフードの品質に疑問を持っている
  • 定期購入や割引に魅力を感じる。
  • 食いつきが良くないので困っている

この条件に猫と飼い主さんが当てはまるのなら、迷うことなくお勧めできるキャットフードです。

カナガン 公式

ピックアップ2
↓このフード以外のレビュー記事↓
▶︎▶︎シンプリーキャットフードのレビュー🔗
▶︎▶︎オリジンキャットフードのレビュー🔗

 

追記:カナガンキャットフードの詳細一覧

一覧形式でカナガンキャットフードの詳細をまとめてみました。(スマホだと見ずらいかもしれません。要するにどんなキャットフードなのかを、まとめて知りたい方は参考までに)

販売元 株式会社レティシアン
原産国 イギリス
安全性 ★★★★★ 国際規格の「SAI GLOBAL」規格でAランクを取得した
世界でも最高峰の工場で衛生管理・製造・出荷されています。日本の「ペット飯」における安全基準の低さを考えると、イギリスのキャットフードの方が絶対安全です。
原材料 ★★★★★ 厳しい基準をクリアしたチキンを主原料に使用。
粗悪な「4Dミート」「家禽副産物」は一切不使用。
食いつきだけでなく栄養価を重視し
高品質なサツマイモや海藻などもブレンド。
グレインフリーのキャットフードです。実際にうちの猫ちゃんからの食いつきも良いです。
栄養価 ★★★★★ 本来肉食で活発に動く猫ちゃんのために、アミノ酸・タウリンなど
猫の体を作る、健康に元気で過ごせる栄養素を多く配合しています。
うちの猫のパワフルな動きはカナガンの栄養素に支えられてます。
また、マグネシウム含有量が0.09%と最小限に抑えられています。
下部尿路疾患の猫ちゃんでも安心です。
カロリー ★★★★ 390kcal:一般的なキャットフードと同レベル。
与える量をコントロールする事でカロリー量を調節しています。
対象猫種・年齢 ★★★★★ 全猫種対応:子猫〜シニア猫までどの猫ちゃんでも食べる事がでできます(生後三ヶ月まではふやかして与えるのがおすすめ)生まれてから老後まで、末長くお付き合いができるご飯です
定期購入 可能です。定期購入でお得に手に入れる事ができます。
香り ★★★★★ チキン率が高いため、通常のフードと比べ匂いは強め。
猫の食欲を誘う香りです。人間からしてみると「臭い!」と感じる方もいるそうですが、管理人はそうでもありませんでした。
 備考 当サイトで他に紹介しているシンプリーやオリジンと違い、
カナガンには「ウェットフード」もラインアップされています。
「良いご飯を食べさせたけどドライフードで大丈夫?」
という方はカナガンを選ぶと良いでしょう。

カナガン公式サイトを見てみる


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. 猫の下部尿路疾患 原因

    【猫の病気】原因は何?下部尿路疾患とキャトフードの関係性

    今回は、猫の「下部尿路疾患(FLUTD)」についてのお話です。特に猫ちゃんは、食べるものが原因で…
  2. キャットフードの怖い話・「家禽ミール」や「4Dミート」の正体

    皆さんは、キャットフードを 選ぶ時パッケージ裏の「成分表」を見て選んでいますか?成分表を見ればそのキ…
  3. キャットフードの保管場所は?

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法

    ドライのキャットフードは固形で水分量も少なめ。一見すると劣化しにくいイメージですが、実は空気…
  4. これを食べたら、 猫はお腹を壊す

    猫に食べさせてはいけない!害のある食べ物まとめ

    「これくらい大丈夫か!」「欲しがってるし、ちょっとくらい良いよね」と思ってしまいがち…
  5. ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析

    ファインペッツキャットフードは、店頭でお目にかかる事がほとんど無いと思います。ですが、海外やネット上…

猫コラム

  1. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…
  2. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方