キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード

キャットフード【ロータス】の口コミ評判&成分、原材料を解析

更新日:

ペットショップではあまり見かけませんが、ロータスは良質な原料を使用しているとされる人気キャットフードの一つです。

可愛くて思わず手にとってしまいたくなるパッケージも良いですね。。

ここでは、キャットフード「ロータス」の口コミ評判や原材料の安全性をまとめています。

キャットフード選びの参考としてご活用ください。

 

スポンサーリンク

 

今回解析したキャットフード「ロータス」の概要

ロータス キャットフード

出典:amazon

販売元  ロータスジャパン
原産国  カナダ
メイン材料  チキン、チキンミール
着色料の有無  不使用
ラインナップ  三種
健康管理のしやすさ  子猫〜老猫まで。老猫用は肥満管理も可
主な購入方法  ネット通販
価格(約)/300g  ¥900~100(楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
価格/一日(約) ¥180〜¥210(一匹あたり)

公式サイトでは人が食べても大丈夫な「ヒューマングレード」をアピールしています。

また、穀物アレルギーの猫に向けて穀物不使用で作っている点も表記してありますね。

パッと見た印象では、プレミアムキャットフードらしい造りであることが伝わってきます。

では、ロータスの口コミ評判はどのようになっているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

「ロータス」の口コミ評判まとめ

可愛いパッケージ
パッケージが可愛く、こだわりの食材を使っているということで、私は気に入っていますが、当の本ニャンたちは、小粒すぎて食べづらそう。ちょうだいという催促はあるのですが噛まずに飲み込むので、今後はちょっと考えます。

飼い主はかわいらしいパッケージに惹かれます。

猫たちはコリコリとおいしそうに食べてます。
キツイ匂いもしないのですが、最初から食いつきは良かったです。

猫ごはん
開けたてはまあまあ。
しかしその後はあまり食いつかない。
多少は食べるけど。
うちの子のローテには入らなそうだ…。

試しに購入
匂いが少ないのか、我が家の猫は食いつきがいまいちです。
粒が小さいので、噛まずに飲み込んだりもしてます。

初めて購入しました。
いつものと違うのでちょっと食いつきわるいけど、体に良さそうなので続けていこうかと思います。
でもかなり小粒なんで、ビックリしました。

パッケージのかわいさがやはり好評の様子。しかし、価格に対して食いつきの評価があまりよろしくありません。

特に「小粒すぎる」というコメントが目立っていて、猫によっては食べづらい場合もあるようです。

与えるのであれば、粒が大きめのキャットフードと混ぜるなどした方が良いかもしれませんね....

では、そんなロータスの原材料を、細かくチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

 

「ロータス」の原材料:成分表をチェック

ここでは、ロータスの「キャット アダルト チキンレシピ」を例に挙げています。

チキン、チキンミール、挽き割り玄米、挽き割り大麦、鶏レバー、エンドウ豆繊維、鶏脂(酸化防止剤としてミックストコフェロール<天然ビタミンE>、クエン酸)、乾燥ビール酵母、天然チキンフレーバー、乾燥全卵、オイルブレンド(大豆オイル、オリーブオイル、サーモンオイル、酸化防止剤としてミックストコフェロール<天然ビタミンE>、クエン酸)、かぼちゃ、りんご、さつまいも、人参、ほうれん草、ブルーベリー、乾燥クランベリー、はまぐり、挽き割りフラックスシード、炭酸カルシウム、海塩、塩化カリウム、タウリン、緑イ貝、チコリ根、ユッカエキス、乾燥ケルプ(海草)、ビタミンC、ビタミンE、硫酸鉄、DL-メチオニン、プロピオン酸亜鉛、酸化亜鉛、マンガンアミノ酸キレート、ナイアシン、銅アミノ酸キレート、葉酸、ビタミンB12、硫酸銅、マンガン酸化物、ビタミンA、ナトリウム亜セレン酸塩、チアミンモノニトレイト(ビタミンB1)、カルシウムパントテン酸塩、リボフラビン(ビタミンB2)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビオチン、ビタミンD3、カルシウムヨウ素酸塩、アシドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌、ローズマリーエキス

ロータス 成分表

穀物の質・有無

・数種類使用している

アレルギー源となりやすい小麦やトウモロコシや使用していません。

しかし、玄米や大麦などは使用しているので、グレインフリーのキャットフードではありませんね。穀物アレルギーを持っている猫ちゃんには注意が必要です。

ただ、これらの穀物はエネルギー代謝が良く猫への悪影響も低いため、肥満や糖尿病の原因にはなりにくいと考えられます。

たんぱく質の配合量と質

・チキンミールを使用しているが....?

チキンミールは、基本的に良くない原材料であることを指しています。(国産の場合は特に)

ロータスにもチキンだけではなく「ミール」の表記がありますが...公式サイトによると「このミールには副産物(鳥の死骸や内臓、くちばしなど)は使っていない」と表記されています。

ヒューマングレードとされているキャットフードに「チキんミール」が含まれている事に違和感を覚えますが....

表記が本当であればタンパク質の質は問題ないでしょう。

油脂の質

・安心できるレベル

鶏油脂と植物性油脂を使用し、それに対し使われている保存料もしっかり明記してあります。

安心できそうです。粗悪なキャットフードだと、どの動物の脂を使っているか、ぼかす傾向にあり、「動物性油脂」という曖昧な表記を使用しています。

着色料・保存料

・人口保存料・着色料不使用

赤や緑など、必要のない人口着色料は不使用で、保存料にも天然由来の成分である「ミックストコフェロール」を使用しています。

その他の留意事項

・消化をサポートする乳酸菌

カゼイ菌やラクティス菌は、消化を助ける成分です。

ビートパルプなどの便を硬くする物が含まれていない事も相まって、猫の便通が健康的になることが期待できます。

キャットフード「ロータス」の総合評価

キャットフード 猫 ロータス キャットフード 評判評価

(36/50点満点)

・口コミ評判は値段の割に「食べない」というコメントが目立つ印象です。

価格的にも安くはないので、他のキャットフードと混ぜて与えた方が良いかもしれません。

・原材料の質はまずますと言ったところ。

穀物を使用しているためアレルギー持ちの猫が食べれない点、ミールを使用しているがヒューマングレードと謳っている点は引っかかりますが...普通の猫に食べさせる分には、ある程度安心して良いでしょう。

・便通をサポートしてくれる成分が配合されています。

ビートパルプ不使用という事も相まって、便秘の猫ちゃんの体質改善が期待できそうです。

 

スポンサーリンク

 

キャットフード「ロータス」まとめ

質はなかなかですが、価格や口コミの評価を考えると主食として与え続けたり、一気にたくさん買うのは気がひけるキャットフードですね。

良い成分も含まれているので、主食のキャットフードに栄養サポートをする意味で混ぜるのが良いかもしれません。

 

⬇︎合わせて読みたい

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f4dミート
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.