子猫 トイレ

子猫を飼うなら知っておきたい!トイレの教え方&快適なトイレ環境の整え方

ここでは、子猫を飼う前に知っておきたいトイレの事を、まとめています。

参考にしてみてください。

 

絶対に外せない2つのポイント

猫のトイレを置く場所を決めるとき、絶対に外せないのが以下の二つ。

ここだけは押さえておきましょう。

出入りしやすいこと

セメェな…

近くに子猫が怖がるようなものがあったり、出入りしにくかったりする。これでは、落ち着いてトイレするどころか、そもそもトイレにたどり着けません。

リビングにはトイレを置きたくない…ということであれば、他の部屋にトイレを置くことになります。

が、その際は部屋への入り口を常に開けておく。もしくは猫専用の出入り口を、ドアに穴を開けて作ることが必要になります

 

うるさいところではないところ

ウルセェな…

野生では、トイレタイムは抵抗できないタイミングです。

ですので、落ち着いて誰の目にもつかないところで排雪を済ませます。

これは、安全な家の中デモも一緒です。できるだけ人目に触れない、安心してトイレをすませられる場所に設置する必要がありますね。

テレビの横や、出入り口付近はNG。

物音や話し声がするので、子猫がトイレだと認識しない、分かっているけど入りたくない、ということになってしまいます。

猫用のトイレは、静かな物陰においてあげましょう。

 

実際に教える流れ

子猫は、トイレをする前にそわそわウロウロしたり、前足で床をカキかきし始めることが多いです。

その仕草を見たらチャンス。すかさずトイレのトレーに連れて行きましょう。

猫には砂の上でトイレをする習性、本能がありますので、「ここは、トイレっぽいな」と感じ、砂の上で用を足してくれます。

一度自分の匂いがつけば次からもそこでしてくれる可能性が高まります。

家に来てしばらくのうちは、「ここがトイレだ!」と確実に刷り込めるよう、そわそわし始めたら飼い主さんが運ぶのがベストです。

また、子猫がいたペットショップや里親さんから、うちに来る前に使っていた猫砂をもらっておきましょう。

その砂をトイレに巻いて混ぜるだけでも「ここは俺の匂いがする!」と思ってもらえ、トイレを覚えるのが早まります。

最後に、ちゃんとできたら褒めてあげてください。

「あ、ここで良いんだな!」と思ってもらえれば、他のところで粗相をしてしまう確率は低くなります。

 

用意するトイレも大切なポイントになる

トイレの形や種類、また猫砂の材質なども、子猫にとって大事ばポイント。

正直どれが好みなのかはその子によります。反応を見ながら、いろいろ試してみてください。

子猫のうちは小さくても大丈夫ですが、成長はあっという間です。「ちょっと大きいかも」というサイズでもちょうど良いでしょう。

お部屋のおしゃれ感にこだわるのであれば、白や茶色、黒などの無難な色がおすすめです。家具の色と馴染むのので「トイレ感」はあまりしないはず。

 

システムタイプのトイレ

上に屋根があり、下のトレーにはおしっこシートを引くタイプ。おしっこは砂で白シートの吸収されます。猫砂が常に清潔に保たれ、 部屋の匂いもそこまで臭くなりません。

ただし、システムトイレ専用の猫砂を使わなければなりません。すでに他の猫砂に慣れている猫だと、気に入らない可能性もあります。匂いや掃除の落差を優先したいなら、子猫のうちから慣れてもらった方が良いでしょう。

また、似ているタイプで「フード式」というトイレもあります(猫砂を選ばず、システムトイレ同様砂が飛び散りにくい)

しかし、こちらは匂いがこもったり、するので、あまりお勧めではありません。値段もそこまでシステムタイプと変わりませんので、「 屋根付きで落ち着けるトイレ」を使うなら尻手むタイプがオススメです。

 

トレータイプ(平型)

いわゆる普通の猫トイレ。トレー自体が安く、いろいろな猫砂を試せるのがメリットです。

また、うんちの状態が確認しやすい・おしっこをちゃんとしているか見ることができるなど、健康管理面では優秀です。

こちららのタイプなら、固まるタイプの猫砂がベター。飛び散りにくく、捨てる時も楽です。

いろいろな猫砂を試す必要があるのなら、まずはトレータイプを用意しましょう。

(初めは、システムとトレーどちらもあった方が良いかもしれません。どのみち、トイレは買っている猫の人数+1個必要です)

 

トイレの砂(猫砂)

固まるタイプ、トイレに流せるたいぷ、燃えるごみに出せるタイプ。

とにかく臭わないタイプ…などなど、たくさんの種類があります。

飼い主さんが処理しやすいことも大事ですが、使うのは子猫本人です。最後は結局「扱いやすさ」ではなく「してくれるかどうか」で選ぶことになるでしょう。

また、前述のシステムトイレの場合、固まる猫砂は使えません(パッケージ記載の対応猫砂を使うことになる)。

その辺も注意が必要です。

⬇︎合わせて読みたい記事

%e3%81%82%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%99

同じ「未分類」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. キャットフードの保管場所は?

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法

    ドライのキャットフードは固形で水分量も少なめ。一見すると劣化しにくいイメージですが、実は空気…
  2. 猫の下部尿路疾患 原因

    【猫の病気】原因は何?下部尿路疾患とキャトフードの関係性

    今回は、猫の「下部尿路疾患(FLUTD)」についてのお話です。特に猫ちゃんは、食べるものが原因で…
  3. 猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない

    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、なんかお口臭くないかい?」今回は「…
  4. キャットフード グレインフリー

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット

    「猫のために、健康に良いキャットフードを買ってあげたい!」「安いキャットフードを食べさせ続け…
  5. キャットフードはどれくらい与えるのか

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ

    愛猫にご飯をあげるときに思うのが「餌の量はこれで本当に良いのか?」「これで健康的に過ごせるのか?」と…

猫コラム

  1. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…
  2. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方