キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

未分類

子猫を飼い始める前に知っておきたい!猫一匹にかかるお金はいくら?

更新日:

いよいよ、子猫を飼い始める!

これを考えるとお世話のことや、可愛い子が一緒に毎日寝てくれることを想像しちゃいますよね。

しかし!忘れてはいけないことが一つ。それが「費用」「お金」の話です。猫を飼うのにも、それなりにお金がかかります。

ここでは、これから子猫を飼う方に向けて

「猫一匹を飼うに当たってかかる金額」

をまとめています。

ぜひ参考にしてみてください。

若い方の一人暮らしだと、飲み代やお小遣いをカットしなくてはならない!

かもしれませんよ!?

子猫を「飼い始める」時にかかるお金

  • キャットフード用の食器=¥500〜3000円
  • 水皿=¥100〜1000円
  • トイレ容器=1000=3000円
  • 爪研ぎダンボール=300〜1000円
  • 猫のベッドor隠れ家=2000〜5000円
  • 移動用のキャリーケース=2000〜5000円
  • 首輪=500〜1000円
  • ブラシや爪切りなど諸々=500〜2000円
  • 猫用シャンプー=500〜800円
  • おもちゃ=100〜1000円

 

こうしてみると、子猫一匹を飼い始めるには意外とたくさんの猫用品を一度に買わなくてはいけないことが、わかりますね。

だいたい7000円〜20000円くらい、物のクオリティにもよって値段は変わりますが、これくらいはかかることになります。

ですので、ペットショップで猫を飼う場合は

猫の代金+10000円〜くらいはかかる

これは、頭の隅っこにでも置いておきましょう。

また、あまりにも安い食器だと軽すぎてご飯を食べる時スライドしてしまったり、100円の猫用爪切りだとすぐに切れ味が悪くなったりします。

なるべく費用を抑えたいのはわかりますが、できるだけケチらず、良いものを買うことをおすすめします。

 

毎月絶対に支払わなくてはいけないお金

  • キャットフード=1000円〜4000円
  • トイレに敷く猫砂=500〜1000円
  • 保険代=1000〜2500円
  • ろ過器を使う場合は専用フィルター=500円〜

どんなキャットフードを食べさせるか、どんな保険に入るのかなどにもよりますが、最低でも猫一匹に対して3000。

健康を気遣って良い保険やキャットフードにするなら、5〜6000円くらいは見ておきましょう。

今まで、コンビニでお菓子を買っていたり、フラッと外食してしまっていた分は、猫のために使うことになる。これは、覚えておきましょう。

(特に市販の安いキャットフードは良い栄養が必要な子猫にはお勧めできません。ちょっと無理してでも、グレインフリーのキャットフードやプレミアムキャットフードを買うことをおすすめします)

 

その他、かかってくる費用

その他、病院代がかかってきます。

特に子猫のうちは体調を崩しやすかったり、ワクチン接種が必要だったりと出費もかさみます。覚悟しておきましょう。

  • 予防接種(ワクチン)=6000〜10000円(三種の方が安く、五種の方が高い)
  • 去勢手術=12000〜25000円
  • 避妊手術=20000〜50000円

完全室内飼いであれば、ワクチンは三種(やすい方)で問題ないでしょう。

オス、メス、どちらの場合でも子供を望まないのなら手術した方が良いです。

特にマンションで暮らしている場合、発情期の鳴き声やスプレー行為は近所迷惑にもなりえます。ですので、手術を受けさせるのは飼い主さんの責任です。

⬇︎合わせて読みたい記事

%e3%81%82%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%99



-未分類

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.