キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

未分類

今のままで大丈夫?子猫を飼い始めたら考えたい「猫にとって快適な環境」とは

更新日:

ここでは、子猫を飼い始める時に知っておきた

「最低限、猫にとって必要な環境」

をまとめていきます。

猫、特に子猫はとってもデリケートな生き物です。できるだけ早くお家に慣れてもらえるよう、環境作りにも気を配ってあげましょう!

 

まずは、子猫が落ち着けるスペースを確保!

猫 ゴロゴロ 鳴き声

子猫、大人猫にかかわらず

・高いところ
・日当たりが良いところ
・静かでくつろげるところ

猫は、こういった場所を自分の寝床や休憩スポットとして使います。

ですのでもし、今の所部屋の中にないのなら、飼い主の手で作り出してあげる必要がありますね。

例えば、食器棚の上のスペース。少し空いている空間に猫用のベッドを置いてあげれば、快適な寝床となるでしょう。

また、本棚なども良いくつろぎスペースになります。

特に子猫であれば、体が小さいので幅があまりないスペースでも横になれます。そういったところにタオルやクッションを置いておくのも良いでしょう。

子猫を迎え入れる前に「高くて、日当たりが割とよくて、くつろげそうなスポット」を、どこに持ってくるかを考えておきましょう。

場合によっては模様替えが必要になるかもしれませんね。

 

運動不足にならない工夫

batch_スクリーンショット 2016-08-25 16.45.33

猫はもともと、森で木と木の間をジャンプして過ごしていた生き物です。

そのため、動き回れるスポットは必須になります。これは、犬との大きな違いの一つですね。

代表的な運動対策は、キャットタワーを家の中におくこと。

場所は取りますが、最近はおしゃれなものも多いのでインテリアとしてもアリです。猫も思い切り上下に動き回れるので、デブ猫かを食い止める効果も期待できるでしょう、。

リフォームが可能なのであれば、キャットウォークを壁に取り付ける手もありますが、こちらは少し手間がかかります。

実行する際は大家さんに聞いてみることと、「本当に、ここに設置して良いか?」を十分に確認してからにしましょう。

 

湿度や温度は大事

猫のお風呂 

人にとって「暑い」と感じる温度が、猫にとってちょうど良いくらい。

ですので、あまり冷房で部屋の中を冷やし過ぎるのは考えものです。もちろん暑い時期はある程度クーラーを使う必要がありますが、過度に寒すぎると体調を崩してしまいます。気をつけましょう。

人間とは「適温」は違いますが、暑すぎるのも寒すぎるのも苦手なのは一緒です。

寒い時期はこたつや床暖房、暑い時期は扇風機やクーラーなどを利用して、猫の体に負担がかからない湿度と気温を、保ってあげたいですね。

特に小さい子猫は体温調節がまだまだ苦手。季節に応じた気温調節は必須項目とも言えそうです。

 

おトイレの数は少なくないか?

子猫の 粗相 しつけ トイレ

人間の場合だと通常トイレは一箇所で十分ですが、猫の場合だと最低でも二つ必要です。

基本的に、飼っている猫の数+1、トイレの数が必要とされています。

また、汚いトイレでは猫はうんちやおしっこを我慢してしまいます。その結果膀胱炎などになるケースもありますので、猫のトイレは毎日欠かさずお掃除をしてあげましょう。

トイレの設置場所は、静かで落ち着ける場所に。野生では用を足している時に襲われないために、そういった場所にします。その状態を、家の中でも再現してあげる必要がありますね。

おトイレのしつけがまだ完全でない子猫だと、粗相をしてしまうことも多いです。せめて設置する場所くらいは、しっかりと押さえておきましょう。

 

ご飯を食べる場所は快適か

b

子猫といえど猫は猫。他の動物と比べて、几帳面で神経質な子が多いです。野生で暮らしている猫も、ご飯とトイレの場所はきっちり分けています。

ですので、トイレの近くにご飯のスポットを作るのは厳禁。キャットフードの食いつきが悪くなる可能性があるので、別の場所で食べさせるようにしましょう。

レストランで、トイレの近くの席に通されたら、残念な気持ちになりますよね。猫も、きっと同じ感覚なのでしょう。

 

子猫にとって危ないものはないか?

人間からしてみるとなんでもないような物も、猫からしてみると危険だったりします。

・観葉植物
・電気のコード(スマホの充電器などはかじられやすいです)
・倒れて落ちやすいインテリアや花瓶

などには注意。子猫を迎える前は全く気にしていなかったものが、怪我や誤飲につながる可能性は十分あります。

電気のコードにはカバーをつける。倒れやすいものは家の中から撤去するなど、今までとは違う工夫が必要になるでしょう。

特に植物には注意。綺麗なお花やお気に入りの観葉植物の中には、少しかじっただけで命に関わるような物も多いです。植物に関しては、一切置かないくらいでちょうど良いですね(ただしネコ草は除く)

 

その他のチェックポイント

・爪をとぐ場所はちゃんとあるか
・網戸はボロボロになっていないか
・お水はいつも新鮮か

これらのことも大事です。気を抜かず、良い状態にしてあげてください!

⬇︎合わせて読みたい記事

%e3%81%82%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%99



-未分類

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.