キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

子猫向け キャットフードの選び方

未分類

子猫を飼う前に要チェック!基本的なキャットフードの選び方

更新日:

子猫を健康に、元気に育てたい!

そんな方には、正しいキャットフードの知識が欠かせません。

キャットフード=どれも同じ、という印象を持たれてる方も多いですが、正直どれも全くの別物。適当に選んでいては、その子の発育に関わることもあります。

ここでは、最低限知っておきたいキャットフードの知識と、選び方や気をつけたいポイントをまとめていきます。

ぜひ参考に、愛猫のご飯を選んであげてください。

 

とりあえずは「総合栄養食」だけで大丈夫

子猫キャットフード

子猫を飼うことになったら、まずはご飯が必要になりますよね。

しかし。色々な種類のものがペットショップには並んでおり、初めのうちは

「どれが主食っていうか、ご飯なの?」

と、迷う方も多いです。

子猫のご飯として毎日たべさせるのは「総合栄養食」と呼ばれる栄養がたっぷり入ったタイプ。

総合栄養食の他にも「おやつ」「間食」「その多目的色」などと記載されている猫用フードがありますが、これらは猫の主食にはなりえません。(栄養バランス的に)ですので、

「子猫を飼う=まずは総合栄養食を用意する」

これを覚えておきましょう。

総合栄養食以外のご飯は、トッピングや間食(おやつ)として与えるのがベスト

。中には人が食べれそうなくらい美味しそうなささみ肉などもあります。しかし、それだけでは病気になってしまいますので、注意してください。

おやつの中には、パッケージ裏をよく見ないと総合栄養食をと見分けがつかないものが沢山あります。気をつけましょう。

 

ウェットとドライ、どちらが良いか

・パウチや缶に入ったウェットフード
・袋に入ったカリカリ(ドライ)フード

結論から言ってしまうと、ドライの総合栄養食の方が良いです。

・コスパ
・保存期間
・健康維持(歯垢のつきやすさ)

どれをとっても、ドライフード(カリカリ)の方に軍配が上がります。

おまけに、子猫ならば好き嫌いがあってもこれから直しておけますので、今のうちにドライに慣れてもらった方が良いでしょう。

ウェットフードのメリットとしては。食いつきがよく水分量が多いので、必要な水分を補いやすいということはあります。

ただ、このメリットはドライフードでも再現可能です。湯を足してふやかしたり、レンジで温めるなどすれば、猫の食いつきをよくすることもできます。

ウェットかドライか。これは猫の好みや飼い主さんによっても考え方が分かれる所得はありますが、トータルで考えればやはりドライ(カリカリ)がおすすめです。

 

おやつを与えたいのなら...

可愛い愛猫の姿を見ていると、どうしても「おやつをあげたらどんな反応をするんだろうか」と気になってしまう時がきます。

CMなどでいろいろなものを宣伝したりもするので、仕事かえりに「お留守番のご褒美として...」とついつい買ってしまうことになるでしょう。

そんな時気をつけたいのが、おやつを与える量についてです。

いくら欲しがっても、好き放題だべさせるのはNG。獣医師さんや専門書によると

「1日に食べさせて大丈夫なカロリーの、10%までに止める」

ということが共通しています。

そう考えると、与えられるのはせいぜい一口か二口ではないでしょうか。その子の月齢や体重にもよりますが、

生後2ヶ月、1日に必要なカロリーが200kcalの場合。

=200kcal×10%=おやつは20kcalまで

と、なりますね。

あまり多い量は与えることができない。とだけは覚えておきましょう。(病気になってしまいます)

 

 

キャットフードのパッケージはチェック必須!

猫 音 しつけ

ここまで

・与えるのは「総合栄養食」
・できればドライフードが望ましい
・おやつは与えすぎない

ということを駆け足で説明させてもらいました。とりあえず、上記が基本になってきます。

それに加えてもう一つ大事なのが「パッケージの見方」です。

発育段階の子猫の場合、大人の猫よりちゃんとした栄養素が必要になります。

そのため、子猫向けのドライフードと大人向けのものでは、入っているものが違いますのえ気をつけましょう。

どのキャットフードにも必ず「子猫から」「成猫用」「〇〇歳から」などの記載がありますので、子猫にあったものを選んであげてください。

もし面倒であれば、「全年齢対応」のものを選ぶと良いかもしれませんね。

年齢によってご飯を変える必要のない便利なフードですので、面倒な方、ちゃんと選べるかどうか心配な方にはこちらがおすすめです。

そしてもう一つ。原材料欄は絶対にチェックするようにしましょう。

特に第一原材料(原材料欄の一番左上の部分)に注意。ここに「穀物」「小麦」などと描かれているキャットフードは安いですが猫の体に悪いものが多いです。

体調を崩しやすい子猫には全くお勧めできませんので、気をつけましょう。

できれば、第一原材料にはチキンやサーモンなどの肉や魚を使っているものがベストです。(この選び方は、年齢問わず全ての猫に言えることです)

⬇︎合わせて読みたい記事

%e3%81%82%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%99



-未分類

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.