キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード

【グリーンフィッシュ】のキャットフードは安全?口コミ評判&原材料の安全性まとめ

更新日:

グリーンフィッシュは、イタリア生まれのプレミアムキャットフード。

ペットショップでは見かけることはほとんどなく、ネット通販での購入が主流となっているようですが...

実際のところ、どのようなキャットフードなのでしょうか。

ここでは、キャットフード「グリーンフィッシュ」の口コミ評判や原材料の安全性をまとめています。

キャットフード選びの参考として、ご活用ください。

 

スポンサーリンク

 

今回解析したキャットフード「グリーンフィッシュ」の概要

グリーンフィッシュ キャットフード

出典:amazon

販売元  クオレイタリア
原産国  イタリア
メイン材料  シリアル(穀類)・魚
着色料の有無  不使用
ラインナップ   一種類のみ
健康管理のしやすさ  全年齢対応
主な購入方法
価格(約)/1.5kg ¥3280(楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
価格/一日(約) ¥140〜¥170(一匹あたり)

グリーンフィッシュは全年齢対応のプレミアムキャットフードです。

アレルギー対策として小麦粉などを使用せず、栄養バランスはイタリアの獣医師が監修して作り上げているとのこと。

価格も価格なので、品質的にも期待が高まります。

では、グリーンフィッシュの口コミ評判はどうなっているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

「グリーンフィッシュ」の口コミ評判まとめ

・良い口コミ

恐らくチキンアレルギーらしいわが家の娘。
お魚系フードを色々試したところ、こちらが一番お口に合ったようです。
しばらくはこちらを続けてみようと思います、

食欲不振のにゃんこのために
このところの暑さで 我が家の9歳になるアメショーは フードを残すようになりました。お魚系をブレンドしてあげようかた考えていたところ、うにちゃんのブログでこちらの製品を知り 特にアレルギーではないのですが カロリー低めで我が家の肥満にゃんこにもいいのではと思い購入しました。届いて すぐにフードに混ぜてあげたら すごい勢いで食べてくれました。

これ最高です
三毛ちゃんのほうは大好物!これじゃなきゃダメ!という程の…おコメみたいに常食してます。常にストックを用意してます。しかもイタリアの海で安全だし、今は肉のほうが色々心配だし…。
キジトラちゃんのほうは、あまり好きじゃないみたいだけど、お腹が減れば食べてます。
あまり湿気ないほうだと思いますが、保存は真空になる容器に入れて保存しています。いつまでも香り良く食べられるみたいです。
ずっと買い続けたいです。

・微妙な口コミ

うちのにゃんこはいまいち
材料の内容を見て選んでみたのですが、うちのにゃんこは他のものより食いつきがいまいちでした。

新しいバージョンは食べてもらえなかった
初めてこのリニューアルバージョンを買いました。
つぶの形がハート型になり味や匂いも若干変わったようです
実は困ったことに、このバージョンは全く食べてくれませんでした。
今までのものは大好物だったのですが・・・。

うちのニャン
レビューが良さそうだったので、頼みましたが、うちはあまりくいつきませんでした(+_+)

口コミを見ると、高評価がほとんどで「食べる」「健康的に良さそうだから選んだ」など、食いつきの良さや健康管理にこだわる飼い主が選んでいる印象を受けますね。マイナス評価の中に多かったのは、「リニューアル後は食べなくなった」という口コミ。少しですが、前との違いに戸惑う猫もいるようです。

では、グリーンフィッシュのキャットフードにはどのような原材料が使われているのでしょうか。細かくチェックしていきましょう。

「グリーンフィッシュ」の原材料:成分表をチェック

シリアル(トウモロコシ、米粉、コーングルテン)魚【24%以上(サバ、イワシ、ニシン、ツナ、タラ)】※季節により魚の種類が変わります】、 植物性オイル、ビートパルプ、ビール酵母、ビタミン及びミネラル(硫酸銅、炭酸鉄、酸化マンガン、炭酸コバルト、酸化亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ハーブ(アーティチョーク、ローズマリー、ミルクシスル)、タウリン

グリーンフィッシュ キャットフード 評判

穀物の質・有無

・穀物を第一原材料として使用

確かに小麦は使用していませんが...トウモロコシは、小麦と並んでアレルギーを引き起こしやすい原材料です。

また、主原料であるべきはずの魚類が、穀物よりも少ないです。

もともと肉食動物の猫には、タンパク質が主原料となっているキャットフードが好ましいです。

グリーンフィッシュは、バランスの良いキャットフードとは言えないようです。

たんぱく質の配合量と質

・質は良い

タンパク源には、ツナ・タラと明確に表記できる良質なものを使用していますね。

これが穀物よりも多く配合されていればもっと良かったです。

4Dミートの表記も見当たらないので、タンパク質のクオリティ自体には問題ないと考えられます。

油脂の質

・植物性油脂を使用

酸化が遅くキャットフードの保存に適している植物性の油脂を使用しています。

惜しいのは「何の植物か」がわからない点ですね。これが記載されており、なおかつグレープシードオイルや亜麻仁油などが使われていれば完璧でした。

動物性油脂と表記されるものと比べれば大分良いです。

着色料・保存料

・不使用

危険あ保存料や、合成着色料は不使用ですね。

品質保持には、ハーブ類(ローズマリーなどの天然由来)を使用しているので、安全性は問題なさそうです。

その他の留意事項

・ビートパルプを使用

かさまし原材料の「ビートパルプ」を使用しています。

これは、植物から栄養を搾り取った後の残りカスです。

猫には本来必要がないものですし、栄養価もなく場合によっては便秘になる可能性もあります。

できれば入っていない方が良い原材料です。特に現在便秘だったり、消化器官の調子が良くないのなら注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

キャットフード「グリーンフィッシュ」の総合評価

キャットフード キャットフード グリーンフィッシュ 成分

(27/50点満点)

・含まれている魚の質は良いですが、穀物が主原料であることと、トウモロコシを含んでいる点から「プレミアムキャットフード」としては微妙です。

安いキャットフードよりは良いですが、価格に対して質が見合っているとは言い難いですね。

・無添加のキャットフードで安全性は高い部類に入ります。これでビートパルプが不使用なら、もっと良かったです。

・口コミは高評価がほとんどで、食いつきに関してはコメントを信用して良いレベル。

今のご飯を食べてくれない...といった場合、混ぜたり、ローテーションとして使用してみる価値はあるかもしれませんね。

・ 低いカロリー、オメガ脂肪酸を使用、マグネシウムの値も低いので、下部尿路疾患の猫には安全なキャットフードと考えられます。

 

スポンサーリンク

 

キャットフード「グリーンフィッシュ」まとめ

国産の安いキャットフードと比べればはるかに良いですが、「プレミアム」と言える質なのかは疑問が残りますね。

特に穀物が主原料となってしまっているのは、残念なポイント。同じ価格で、もっと良いキャットフードもありますので...

アレルギーもなく丈夫な猫になら、ローテーションの一つとして与えてみても良さそうです。

↓合わせて読みたい記事↓

▶︎安全なキャットフードの選び方:通販で買える無添加の猫餌ランキング!
▶︎年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
▶︎穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
▶︎キャットフードの怖い話・「家禽ミール」や「4Dミート」の正体



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.