キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード

【キャットフード解析】ゴールデンネックスの口コミ評判&成分・原材料の安全性

更新日:

安くて大容量。他のキャットフードを圧倒するコスパが魅力のキャットフード「ゴールデンネックス」。

ペットショップではあまり見かけませんが、お得感がネットで支持されているようです。

ここでは、キャットフード「ゴールデンネックス」の口コミ評判&原材料の安全性をまとめています。

キャットフード選びの参考として、ご活用ください。

スポンサーリンク

 

今回解析したキャットフード「ゴールデンネックス」の概要

ゴールデンネックス 口コミ 評判  キャットフード

出典:amazon

販売元  IACL(イトウ&カンパニーリミテッド)
原産国  タイ
メイン材料  大豆、小麦
着色料の有無  不使用
ラインナップ  嗜好別三種
健康管理のしやすさ  不明
主な購入方法  ネット通販
価格(約)/1.9kg ¥400~(楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
価格/一日(約) ¥10〜¥25 (一匹あたり)

とにかく安いです。2KG近く入っていて400円代は、激安キャットフードの中でも最高クラス。

カークランド(コストコ)キャットフードと、価格で比較されるほど安いです。

嗜好別に三種あり。ただ、総合栄養食のようですが対応年齢などは不明です。

では、ゴールデンネックスのキャットフードには、どのような口コミ評価がされているか、実際に見ていきましょう。

「ゴールデンネックス」の口コミ評判まとめ

・良い口コミ

価格の安さとつぶの小ささが気に入っています。
一部歯のない猫ちゃんは、ドライの場合噛まずに飲み込んで食事を摂っていますがこれは小さいので飲み込みやすいようです。
また歯のある猫ちゃんも問題無く喜んで食べています。

お値段にひかれて購入しました。
室内飼いなのでヘアボールは気になります。エサ選びはまずヘアボール対応かどうか。今回ももちろんそれで探しました。レビューに反してよく食べます。というより、一緒に買った懐石シリーズより食いつきが良いです(;^ω^) にゃんこの好みなのでしょうが、ものは試しで購入されてもいいと思います。このお値段だしー。

このお値段で大満足。
我が家では多頭飼いのニャンズのお食事代に頭を悩ませています。
しかも、ニャンズの肥満や健康も心配・・・こちらのカリカリごはんは、
安い・安全・食いつき良し!!
原材料にお野菜たっぷりで、お腹もちもよいのか少しずつスマートになってきました。

・微妙な口コミ

粒が小さく食べやすそうなのですが、最近食べ飽きてきたのかあまり喜んで食べてくれません。
もう何年もお世話になって来て商品に問題は感じませんが、食べてくれないのでは仕方ありません。そろそろ他のフードに移行しようかと考えています。

3匹の猫を買っているので値段的に助かりますが1匹だけ毎回必ず食べたものを吐いてしまうので違うメーカーさんのを使用しています。また他の2匹は吐きはしないけど便が柔らかいです。安いからといって安易に大量に買うものではないと実感しました。

家に来る猫ちゃんに買いましたが、3匹とも食べませんでした‥仕方ないので、混ぜ飯にしてます。それでも残すのって‥

やはり安さで選んでいる人が多い印象です。

食いつきや健康管理には賛否両論ありますが、価格分の価値だと納得して続けるかたも多いようです。

何より安いので、失敗しても良いくらいの感覚で選ぶ人も多そうです。

では、ゴールデンネックスにはどのような原材料が使われているのか、細かくチェックしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「ゴールデンネックス」の原材料:成分表をチェック

ここでは、ゴールデンネックスの「お魚味とお肉味ミックス」を例に挙げています。

豆類(大豆ミール等)、小麦ふすま、タピオカ、とうもろこし、チキンミール、油脂類(チキンオイル、パームオイル、サーモンオイル)、ミートボーンミール、コーングルテンミール、動物性たんぱく加水分解物、フィッシュミール、かつお・まぐろエキス、塩化ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、K、C、B1、B2、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ナイアシン、ビオチン、コリン)、ミネラル類(硫酸第一鉄、硫酸銅、硫酸マンガン、酸化亜鉛、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ化カリウム)、アミノ酸類(タウリン)、保存料(プロピオン酸)

ゴールデンネックス 成分表

穀物の質・有無

・大豆を主原料とし穀物も使用

豆類をメインとしている珍しいキャットフードです。

しかし、本来肉食動物である猫にとっては肉が主原料の方が好ましいです。

また、豆だけではなくトウモロコシや小麦など、猫にとって好ましくないとされる穀物も使用しています。

これらのものが肉類よりも多い時点で、良いキャットフードとは言えません。

たんぱく質の配合量と質

・4Dミートの疑いあり

チキンミールやミートボーンミールなどの表記には注意が必要です。

「4dミート」と呼ばれる粗悪な原材料を使っている可能性があります。

質の良いキャトフードであれば「チキン」「サーモン」などと言い切った原材料表記をしているはずです。

ゴールデンネックスに含まれるタンパク質は、あまり質が高くはないと言えるでしょう。
(タンパク含有量の数値も低く質もイマイチ。これが安い理由なのかもしれません)

油脂の質

・なんの脂かをしっかり記載

原材料が良くないキャットフードほど「動物油脂」などといった曖昧な表記をすることが多いです。

ゴールデンネックスは、サーモンオイル・チキンオイルなど、油脂の出所をきちんと記載しています。

この点に関しては、同価格帯のキャットフードより安心できそうです。

着色料・保存料

・微妙なところ

猫に必要のない合成着色料はしうしていません。

ただし、保存料として使われているプロピオン酸は、人の手によって作り出された、害を与える可能性のある添加物です。

デリケートな猫ちゃんは気をつけたほうが良いかもしれませんね。

キャットフード「ゴールデンネックス」の総合評価

キャットフードランク2 キャットフード 原材料ゴールデンネックス 評判

(16/50点満点)

・豆や穀物が主原料となっており、肉も全て4dミートの疑いのある物です。

激安ですが、その分質は最低クラス。猫の健康維持には向きません。

・総合栄養食・とありますが、何歳の猫までたべれるのかが不明です。

細かいケアができるのかは、疑問が残ります。(一応成猫用ということらしいですが)

・保存料に微妙な物が使用されています。

取り続けることで何らかの病気にかかる可能性もゼロではないので、できればそういったものの入っていにないキャットフードを選びたいですね。

・栄養価がイマイチでカロリーも低め。

活発な外猫に食べさせ続けると体をこわす恐れもあります。

 

スポンサーリンク

 

キャットフード「ゴールデンネックス」まとめ

値段は安く大量購入する方もいるようですが、猫の健康的にはどうか?と考えれば良くないキャットフードです。

本来不要なものがメインで、必要なものが少なく、質が低い。これでは猫の健康を維持するのが難しいと考えられます。

本気で愛猫のことを考えるなら、もう少し予算を増やし、別のキャットフードを与えることをおすすめします。

⬇︎合わせて読みたい

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f4dミート
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3

 



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.