脱走を防止したい!可愛い愛猫を危険から守るための工夫

脱走してしまうと、猫は事故にあったり病気にかかる確率が跳ね上がります。(実際、家猫の方が平均寿命が長いのは外の脅威にさらされていないからでしょう)

ですので、外に出ないように対策を施すのは飼い主の務めともいえるでしょう。

以下、猫の脱走防止についてまとめていますので、参考にしてみてくださいね!

 

玄関は一番の脱走経路

batch_batch_スクリーンショット 2016-08-19 18.47.12

飼い主さんもよく使う「玄関」は、猫にとっても一番脱走しやすいです。

ふと油断したすきに、自分の足をすり抜けて外に出る。こんなことも珍しくありませんね

玄関を開ける時は、猫を靴箱の近くから離しておく。また、出かける際や家の扉を鍵を閉めるなど、基本的な事が出来ているのが大事。

でないと、すぐにどっかに行ってしまいます。

「もっとしっかり予防したい」ということであれば、フェンスの金具や、赤ちゃんが使う「ゲート」などがあるとこころ強いです。

外に出る前にもう一つガードがあるため、出ようとしてもすぐに捕まえることができるでしょう。

一番良いのは、玄関を開ける時には別の部屋に入っててもらうことなんですけどね。なかなか難しい方が多いはず。

CHECK!

・フェンスをつける
・基本的なことをしっかりやる

玄関からの脱走対策は、この二つをまずは徹底しましょう。猫は賢いので、ドアノブくらいは簡単にジャンプして開けます。鍵は必須です。

 

窓にも注意

特に夏に脱走する猫の経路として多いのがです。

脱走するときの共通点はこちらも「鍵が開いたまま」ということ。ドアノブはもちろん、窓も少しの隙間から手を突っ込んで、開けてしまいます。

また、窓の鍵を閉めているからといっても油断はできません。賢い猫だと、飼い主が鍵を触っていたのを見ていて、真似して鍵をカシャんと開ける子もいます。そうなってしまったら最後、外に出てしまいます。

ですので、

CHECK!

網戸にもロックをかける
窓はつっかえ棒などがあると安心

これを覚えておきたいですね。

網戸が古くないかもチェックポイントです。あまりにもボロいと、引っかかれてボロボロいされたり、体当たりで突き破られたりします。注意してください。

また、ベランダのあるお家ならネットが有効です。さすがに高層階からダイブする猫は少ないですが、万が一があります。大きめのネットで、ベランダから外に落ちないよう、工夫してみましょう。

 

外での脱走事例

「外に連れて行った際、キャリーを開けたらどこかへ…」

これにも注意が必要です。

猫はとっても神経質なため、外の景色に怖がることも多いです。性格によってはパニックを起こし、ケージから出てしまう。こんなことも起こりえます。

そうならないためにも、

CHECK!

むやみにキャリーは開けない
外が気にならないよう、タオルや毛布を利用する

こういった工夫が必要になります。毛布やタオルが夏場、暑そうでかわいそうということなら、保冷剤を一個入れておけば良いです。

すぐに逃げようとする子には、洗濯ネットをかぶせるのも一つの手です。

少しかわいそうですが、こうすれば開けた瞬間どこかに飛び出ることはありません(動物病院でも推奨されているのが「ネットで周りに迷惑をかけないように」ということですので)

 

一回脱走すると、二回目もあり得る

batch_batch_スクリーンショット 2016-08-19 18.46.40

子猫の頃からずっと家猫だった子は、家の中が縄張り。

おまけにご飯も出てきて、お水も綺麗で、飼い主さんもかわいがってくれて…こんな環境なら、不満は感じていないとされています。

ですので、外を眺めているのは「外に出たいな〜」と思っているわけではありません。

これは、自分のテリトリーに誰か他の猫が入ってこないか、見張っているとされています。

ただし、一度脱走した経験のある猫ちゃんには注意が必要です。

外に世界を知ってしまうと「ここも俺の場所では…」と欲が出るのか、外に出たがるようになります。ですのえ

matome point

家猫は、脱走を絶対にさせない
脱走したら二回目もあると思ってさらに警戒を強める

これをしっかりと肝に銘じておきましょう。外にはカラスや車、病原菌などの危険がたくさん。

愛猫の健康と命を守るためにも、家の中から出ないようにしましょう。それは決して飼い主のエゴではなく、猫のためになることです。

⬇︎合わせて読みたい記事

%e3%81%82%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%99

同じ「未分類」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. 猫の下部尿路疾患 原因

    【猫の病気】原因は何?下部尿路疾患とキャトフードの関係性

    今回は、猫の「下部尿路疾患(FLUTD)」についてのお話です。特に猫ちゃんは、食べるものが原因で…
  2. 安いキャットフードを猫好きな人におすすめ出来ない理由8つ

    「キャットフード」と検索すると「安い おすすめ」や「市販 安全」などのキーワードも一緒に出てきますよ…
  3. 猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない

    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、なんかお口臭くないかい?」今回は「…
  4. キャットフード グレインフリー

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット

    「猫のために、健康に良いキャットフードを買ってあげたい!」「安いキャットフードを食べさせ続け…
  5. キャットフードの保管場所は?

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法

    ドライのキャットフードは固形で水分量も少なめ。一見すると劣化しにくいイメージですが、実は空気…

猫コラム

  1. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…
  2. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方