キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード

ボッシュの【ザナベレキャットフード】はどう?口コミ評判&原材料の安全性まとめ

更新日:

ここでは、ドイツ生まれのキャットフード「ザナベレ」の口コミ評判や原材料の安全性をまとめています。

キャットフード選びの参考として、ご活用ください。

 

スポンサーリンク

 

今回解析したキャットフード「ザナベレ」の概要

ザナベレ

出典:amazon

販売元  ボッシュ
原産国  ドイツ
メイン材料  チキン 米
着色料の有無  不使用
ラインナップ  8種(年齢別・毛並み維持、口臭予防など)
健康管理のしやすさ  細かいケアが可能
主な購入方法  ネット通販
価格(約)/2kg ¥5000~(楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
価格/一日(約) ¥150〜¥180(一匹あたり)

グルテン(小麦)を使用しておらず、アレルギー性が低い点を売りとしているキャットフードです。

他のメーカーがラインナップしていない「口臭対策」「毛並み維持」など、ピンポイントでのケアが可能なキャットフードもありますね。

猫ごとにあったキャットフードが見つかりやすい印象です。

では、ザナベレのキャットフードの口コミ評価はどうなっているか、詳しく見ていきましょう。

 

「ザナベレ」の口コミ評判まとめ

・良い口コミ

安心ごはん
ザナベレは安心できる素材で毛玉もうんちで出しやすくしてくれるので重宝します。いろんな種類をローテーションしています。

涼しい時期のメインカリカリにしています。
4歳オス雑種。
食いつきは変わらずよいです。

我が家のネコ4匹とも食べてくれています。
便秘気味で鼻風邪気味のネコの体調もとても良いです。
品質も良好で安心してあげることの出来るフードです。
お値段はお高めですが猫の健康の為に、メインフードとしてあげています。

愛猫用
生後1年の愛猫のために購入。
好き嫌いがない子ですが、食いつきもよくよこさず食べています♪

・微妙な口コミ

以前、サンプルをたべさせた時には食いつきが良かったのですが、もう飽きてしまったのか、今回はあまり喜んで食べてくれませんでした><

うちは2匹いるのですが、1匹はなんなく食べるのですが、もう1匹は全く食いつかず。。。

高いが、食いつきも良く品質にも安心できる・トイう口コミが多いです。

食べないとのコメントも見受けられますが、嗜好別のラインアップも多いので、別の味で対応できそうです。

主食として活用しているとのコメントも多数見受けられます。

では、ザナベレキャットフードにはどのような原材料が使われているのでしょうか。細かくチェックしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「ザナベレ」の原材料:成分表をチェック

ここではザナベレの「アダルトチキングルテンフリー」を例に挙げています。

フレッシュチキン(20%以上)、米、鶏肉粉*1、黄キビ、ソルガム(ミロ)、動物性脂肪、シュマルツ(ドライ)、レバー粉(鶏)*1、魚粉*1、加水分解タンパク質*2、肉粉(豚)*1、全卵(ドライ)、セルロース繊維、ビートパルプ(糖分除去)、ジャガイモタンパク質、亜麻仁、魚油、酵母(ドライ)、塩化カリウム、炭酸カルシウム、コケモモ(ドライ)、ブルーベリー(ドライ)、貝粉、チコリパウダー、キンセンカの花(ドライ)、ユッカエキス

ザナベレ キャットフード

 

穀物の質・有無

・数種類使用

アピール通り、小麦やトウモロコシなど、猫がアレルギーをおこしやすい穀物は使用していません。

ただし、「穀物不使用」ではないのですでに穀物アレルギーの猫や、下痢を起こしやすいデリケートな猫に与える際は注意が必要になります。

たんぱく質の配合量と質

・チキンを主原料として使用

フレッシュチキンと、明確に表示できる安心の原材料を使用しています。

他のタンパクげ量として「ミール」と名のつく怪しげなものもありますが、あくまで細かくすりつぶしたものであり、4dミートなどの粗悪なくず肉ではないとの事。

ただ、「魚粉」だけでは何の魚かわからないので、細かく表記して欲しかったですね。タンパク質はトータルで見れば、問題ないレベルです。

油脂の質

・曖昧な表記が気になる

「動物性脂肪」とありますが、何の動物かわからないのは不安要素です。

また、こう言った油脂は酸化が早く酸化防止剤を必要とする場合がほとんど。

油脂に対して使われている坂防止剤は天然由来のものですので、国産のものよりは安心ですが....不透明さが他のプレミアムキャットフードより目立つ印象です。

着色料・保存料

・不使用

発ガン性が歌が合われるような合成着色料、人口保存料の類は使われていません。

保存料には天然由来のトコフェロールを使用していますので、この点に関しては安心できそうです。

その他の留意事項

・かさまし原材料を使用

セルロールやビートパルプなど、猫の体には本来必要のない原材料が入っています。これらはかさまし目的で入ることが多く、猫の便を硬くする効果があります。特に便秘の猫は注意が必要なものです。できれば入ってない方が望ましいですね。

 

キャットフード「ザナベレ」の総合評価

キャットフード ザナベレ キャットフード 

(32/50点満点)

・タンパク質には良い原材料をしているようですが、その他の原材料が微妙。

特に使用されている油脂の不透明さ(なんの動物かわからない)、ビートパルプなどかさまし原材料が使われている点は良くありません。

・ラインナップが豊富で、年齢別のケアもできます。しかし、使われている物の不安さから、老猫に安全に食べさせ続けられるかは疑問が残ります。

・マグネシウム含有量はかなり低いので、下部尿路疾患や結石予防には向いていると言えそうです。

 

スポンサーリンク

 

キャットフード「ザナベレ」まとめ

スーパーで見かける激安キャトフードに比べればかなり良いキャットフードではありますが、価格に対して質が見合ってるかと考えると微妙です。(もっと品質が良く安いものもあります)

特に表記の曖昧さがひっかかりますね。まずい物は使用していないようですが、「ミール」「魚粉」「動物性」など、曖昧な表記で損をしているイメージです。

丈夫でアレルギーの無い猫であれば特に問題なく食べさせることができますので、ローテーションの一つとしては活用できそうです。

⬇︎合わせて読みたい

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f4dミート
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.