シンプリーキャットフードの口コミ評判&原材料の安全性を解析!

通販限定販売のキャットフードとして有名な「シンプリー」。

プレミアムキャットフードと呼ばれる商品の中でも、健康維持のしやすさに力を入れて開発されており特に肥満猫や老猫を買っている方から人気です。原材料をシンプルにすることで、アレルギー対策をしやすくされている点も、デリケートな猫を飼っている方から支持されていますね。

ここでは、シンプリーキャットフードの口コミ評判や原材料の安全性をチェックしてまとめています。キャットフード選びの参考としてご活用ください。

 

今回解析したキャットフード「シンプリー」の概要

シンプリー キャットフード 口コミ評判 安全性

 

 

販売元  株式会社レティシアン
原産国  イギリス
メイン材料  乾燥サーモン、サーモン
着色料の有無  不使用
ラインナップ  一種類のみ
健康管理のしやすさ  肥満猫や老猫、アレルギー持ちの猫向け
主な購入方法  公式サイトからの通販のみ
価格(約)/1.5kg ¥3960/定期購入だと10~%オフ(シンプリー公式サイト参考)
価格/一日(約) 140¥〜160¥ (一匹あたり)

カナガンと同じく株式会社レティシアンが販売しているキャットフードです。ラインナップが一種類しかないですが、これは全年齢対応のキャットフードのため。生後10ヶ月〜老猫まで食べさせることができます。

コンセプトとして「20年一緒を目標に」を掲げています。公式サイトの作りが見やすく「キャットフードはこう選ぶべき」との説明もあります。激安のキャットフードメーカーがサイトに提示できない、着色料や原材料の質についても言及もちらほらと見受けられますね。
では、シンンプリーキャットフードの口コミはどのようになっているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

「シンプリーキャットフード」の口コミ評判まとめ

今のフードに少しだけ飽きてきたみたいなので、ローテーションに色々と調べていたら推奨されないフードが結構あり不安になったので。長生きしてもらいたいのでこの子達の身体に良いものが沢山入っているみたいなので買ってみました。

目やにや涙焼けがひどかったのですが、最近は目の周りが綺麗になりました。これからも続けていこうと思います。

偏食かつ飽き性なうちの子三匹ですが、シンプリーは食べてくれます。原材料欄に安いキャットフードでよく見かける着色料や保存料は入っていないので、安心して続けています。

以前はピュ○ナワンで切り替えたら、驚くぐらいの食い付きで、とても美味しそうに食べてくれます。

個人的にはカナガンの方のがっつきの方が上をいってたかな‥。シンプリー期間の毛艶も良かったです。

プレミアムキャットフードを食べさせてあげたいと思いカナガンやロイヤルカナンを始めに試しましたが、魚味のキャットフードをいつも与えていたためか、食べてくれませんでした。同じ質でサーモン味のシンプリーを知り、購入。こちらは美味しそうに食べています。猫一匹に対し定期購入のキャットフード2種はさすがに必要ないので、カナガンは解約してシンプリーに切り替えました。初めて飼う方は定期購入ではなく単品購入の方が良いです^^;

今まで食べていた餌が猫の身体に良くないものだと知りショックを受けました…大切な家族のために食べやすい大きさとの事に引かれて申込みました。

食いつきは良好で、特に魚味のキャットフードが好みの猫に人気の様子。他のプレミアムフードとの比較コメントもあり、カナガンよりもシンプリーの方が良いという口コミもあります。

また、シンプリーを選ぶ理由には「涙焼けが気になるから」「原材料が安心できるから」など、猫の健康にこだわっているような内容が多いです。

では、シンプリーの原材料の安全性はどうなっているのでしょうか。詳しく見てきましょう。

 

「シンプリー」の原材料:成分表をチェック

乾燥サーモン(29%以上)、サーモン(24%以上)、米(24%以上)、コーングルテン、サーモンオイル、ヒマワリ油、オート麦、ミネラル、グレイビー、乾燥全卵、全粒亜麻、タウリン(0.23%)、メチオニン、マンナンオリゴ糖(0.05%以上)、フラクトオリゴ糖(0.05%以上)、クランベリー、グルコサミン(170mg/kg)、MSM(170mg/kg)、コンドロイチン硫酸(120mg/kg)

シンプリーキャットフードの原材料、成分 安全性

たんぱく質の配合量と質

・良質なサーモンを主原料として使用

原材料に「サーモン」としっかり記載されています。粗悪なキャットフードほど「副産物粉」や「エキス」など低品質な素材を使用しているので、シンプリーの原材料は信用できるものと言えます。(お魚味と称して家禽ミールを使用しているキャットフードも多いです)

魚系キャットフードが好きな猫の健康管理にはピッタリかもしれません。

 

穀物の質・有無

・米を使用

穀物は米を使用しています。グレインフリー(穀物不使用)でない点が少し残念ですね。ただ、小麦などに比べて米はエネルギー代謝が良く猫の消化器に与える負担も軽いとされています。(アレルギーも起こしにくい)

主原料はサーモンですので、ある程度安全性はあると考えられます。

 

着色料・保存料

・危険な合成添加物は使用していない

公式サイトに「余計な合成着色料や合成保存料が入っているものは〜」と警告しているだけあり、BHAやBHT、赤◯号などといった添加物はゼロでした。安全性に関しては信用できるでしょう。

油脂の質

・良質なものを使用

動物性油脂などの曖昧な表記はなく、原材料と同じサーモン由来の油と植物性油脂であるひまわり油を使用しています。しっかりと原材料を表記しており、油脂に対して危険な保存料等も添加していません。安心できます。

 

その他留意点

・シニア猫や肥満猫の健康をサポート

カロリーが357kcalと、全キャットフード中でもトップクラスのヘルシーさを誇ります。また、太った猫は体重で。シニア猫は老化により関節に負担がかかります。シンプリーにはコンドロイチンやグルコサミンを配合し、そういった猫の健康管理をしやすいよう設計されています。

また、原材料のクランベリーに含まれる「キナ酸」は、尿の状態を整え下部尿路疾患のリスクを下げる効果があります。マグネシウムが0,14%と他のプレミアムフードと比べ高めですが、この原材料で下部尿路のリスクを抑えていると考えられます。(0.14%は決して危険な数値ではありませんが)

 

キャットフード「シンプリー」の総合評価

キャットフードランク5 シンプリーキャットフード 安全性 評価 評判 口コミ

(45/50点満点)

・グレインフリーではありませんが、使用している穀物は比較的猫にとって安全な部類のもので、あくまでもサーモンを主原料とした「フィッシュファースト」のキャットフードです。原材料の質は、一定のレベルをクリアしています。

・対応年齢が広く、特に病気が心配な飼い主や肥満猫、シニア猫にとっては最適な栄養バランスといえます。健康管理の「しやすさ」という点では、他のキャットフードを凌ぐと考えられます。

・口コミでは病気が心配な方や猫の健康管理に気を使う方のコメントが見られます。他のプレミアムキャットフードを試した上でシンプリーに乗り換える方も多い印象です。

・危険な保存料を一切使用していないので、発がんリスクを抑えたい方や「これって食べさせ続けて大丈夫なのか?」と考えてしまう方にもぴったりなキャットフードです。

 

キャットフード「シンプリー」まとめ

「グレインフリーではないキャットフードの中では、一番安心できるキャットフード」と言って良いでしょう。

今までずっと穀物使用のキャットフードだけ食べさせていた猫ちゃんだと、いきなりグレインフリーに切り替えたとたん下痢をする場合もあります。(ゆっくり切り替えれば問題ありませんが)そう言ったケースが心配であれば、シンプリーから試してみるのが良いです。

同じ会社から発売しているカナガンと比べると、魚好きの猫ちゃんを飼っている方や、健康志向の方から選ばれている傾向があります。

質は良いですが、若干高めなところがネック。試しに買ってみるなら単品購入で問題ないですが、続けるのであれば定期購入による割引を適用することが必須になるでしょう。

▶︎シンプリー公式サイト

⬇︎合わせて読みたい

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f4dミート
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3

同じ「キャットフード」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析

    ファインペッツキャットフードは、店頭でお目にかかる事がほとんど無いと思います。ですが、海外やネット上…
  2. 猫が餌を吐く原因は何?毎日吐くなら病気を疑ったほうが良い

    猫ちゃんが食べた物や胃液を吐く所を見ると、とっても心配になりますよね。毛玉を月に1、2回程度…
  3. 安いキャットフードを猫好きな人におすすめ出来ない理由8つ

    「キャットフード」と検索すると「安い おすすめ」や「市販 安全」などのキーワードも一緒に出てきますよ…
  4. キャットフードの怖い話・「家禽ミール」や「4Dミート」の正体

    皆さんは、キャットフードを 選ぶ時パッケージ裏の「成分表」を見て選んでいますか?成分表を見ればそのキ…
  5. キャットフードの保管場所は?

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法

    ドライのキャットフードは固形で水分量も少なめ。一見すると劣化しにくいイメージですが、実は空気…

猫コラム

  1. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…
  2. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方