キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード

本当に良い?キャットフード【シーバ】の口コミ評判&原材料解析

更新日:

毎日のようにCMで見る有名キャットフードのシーバ。

リッチなパッケージとあのCMの効果もあってか、食べさせている飼い主さんも多いようです。

スーパーやホームセンターでも、本当によく見かけますよね。

ここでは、シーバの口コミ評価や原材料の安全性などをまとめています。キャットフード選びの参考としてご活用ください。

スポンサーリンク

 

今回解析したキャットフード「シーバ」の概要

シーバ 概要

出典:amazon

 

販売元  マースジャパン(カルカンと同じ)
原産国  オーストラリア
メイン材料  肉類(ミールや副産物粉をメインに使用)
着色料の有無  使用しています。(酸化鉄は赤色の発色をする)
ラインナップ  嗜好別で数種類
健康管理のしやすさ  年齢別や病気別のラインナップは少ないです。
主な購入方法  ネット通販、スーパー、ホームセンターなど
価格(約)/900g ¥600(楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
価格/一日(約) ¥30〜45¥ (一匹あたり)

カルカンと同じくマースジャパンが販売しているキャットフードで、猫の「食いつき」を売りに宣伝しております。
(公式サイトのかっこよさは、メーカー中でも一番かもしれません)

ドライフードは中がとろっとしたものまであり、なんとなく美味しそうなイメージもありますね。

それではまず、シーバの口コミ評価から見ていきましょう。

 

「シーバ」の口コミ評判まとめ

はじめの2日は珍しいのか、喜んで食べましたが、今はサイエンスダイエットよりは好きというレベルです(笑)
シーバ大好きっこなので、量がある当製品をあげてみましたが、今はキヨウに四角いのだけ拾って食べてます。(T_T)誰に似たんだか。
Amazonでまとめ買いできるし、近所でも安売りの時もあるので、お好みに合うとよかったのですが、イマイチっぽいです。

シーバはお気に入りみたいだったのでリピートしましたが、飽きた見たいでなかなか食べなくなりました。

シーバデゥオを良く食べてましたが、1ヶ月くらいで飽きて、今はカナガンが超お気に入りです。やっぱり中位の美味しさかな。

粒が大きめなので、我が家の歯の丈夫な、若い猫ちゃん達は問題なく食してましたが、歯の弱い母猫ちゃんは吐いてしまいました。

お口に合わないようです。好き嫌いが激しい子なので仕方ないかな。

嗜好性重視でおやつを主食で食べるみたいなイメージです。病気の時などフードの切り替えに困りそうですね。

1度1箱だけ買ったことがありますが2匹の猫が吐いたので止めました。
後日、知人からシーバを与え続けると吐く猫がいると聞きました。

・その他の口コミをまとめた総評

コスパがよく初めのうちは食べるが、ある時期から飽きがくる。場合によっては吐く事もあり、シーバから他の餌へ切り替える飼い主さんも少なくない。

ということが言えそうです。

リッチで美味しそうなイメージのシーバですが、口コミ評価は決して良いとは言えないようです。

では、シーバの原材料はどのようなもので構成されているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

「シーバ:ドゥマルシェ 海の幸フィッシュ」の原材料:成分表をチェック

肉類(チキンミール、チキンエキス、豚副産物等)、穀類(とうもろこし、米、小麦等)、植物性タンパク、油脂類、ビートパルプ、ビール酵母、魚介類(サーモンミール、まぐろエキス、たいエキス等)、アルファルファ、マリーゴールド、オリゴ糖、野菜類(トマトパウダー)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(Ca、Cl、Cu、Fe、I、K、Mn、Na、Zn)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、着色料(酸化鉄)、トリポリリン酸ナトリウム、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸、BHA、BHT)

たんぱく質の配合量と質

・タンパク質メインではあるが質は低い

一応ミートファーストのキャットフードではあるものの、使われているのはミールや副産物粉などの低品質なお肉です。

どこの肉かわからない曖昧さは、飼い主として見逃せません。

また、今回のシーバは「海の幸」であるにもかかわらず、つかわれている魚類は少なくこちらもミールやエキスなどを使用しております。

穀物の質・有無

・質の低い穀物を使用している

トウモロコシや小麦は、猫に本来必要のないものです。

消化器に負担をかけることも多く、最悪吐いたり下痢につながる場合も。口コミにあった「吐く」というコメントはこのせいかもしれません。

着色料・保存料

・使用しています。

酸化鉄で、美味しそうな赤色を発色させています。

しかし、猫は色でご飯の良し悪しを決めません。また、着色料は発がん性や病気のリスクが上がることにもつながります。

 

油脂の質

・不明な点が多い

油脂類との表記がありますが、なんの脂なのかがわかりませんね。

動物なのか植物なのか、それくらいはどのキャットフードも記述していますが、シーバにはありません。

原材料にこだわって選びたい飼い主さんは、注意が必要です。

 

その他の気になる成分

・よくないキャットフードに含まれる原材料を網羅してしまっている

BHTやBHAなどの保存料は発がん性の恐れがあります。

また、ビートパルプはかさまし原料で、猫を便秘にしてしまう可能性があります。

前述の通り着色料も使用していますので、猫の体にあったご飯と言えるかは疑問です。

キャットフード「シーバ」の総合評価

キャットフードランク2

シーバ解析チャート

(18/50点満点)

・口コミでは「食べてくれる」というコメントも見かけますが、それと同じくらい「飽きた」「他の餌に切り替えた」という評価も多いです。

・魚味のシーバでも、原料に粗悪な鶏肉類を使用している点に疑問。猫と飼い主よりも、売上やイメージを優先している可能性があります。

・おいしさを売りにしているためか、対応年齢別のラインナップが乏しいです。健康管理には不向きと言えるでしょう。

・原材料の質云々の前に、危険で本来必要のない物が多数使われている点も見逃せません。

 

スポンサーリンク

 

キャットフード「シーバ」まとめ

あまり良いキャットフードとは言えません(というか、猫のご飯選びにこだわる飼い主さんならおそらく選ばないはず!)

ブランドイメージやよく見かけるという事で人気のように感じますが、売り上げ重視で猫の健康維持には不向きなご飯です。

与えるなら、主食としてではなく、おやつとしてたまに与えてみるくらいにした方が賢明でしょう。

関連:▶︎安全なキャットフードの選び方&本当に良い猫餌3選

 



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.