K9ナチュラルのキャットフードは安全?口コミ評判&成分・原材料を解析

数あるキャットフードの中でも、350gで7000円越えなのはK9ナチュラルのキャットフードくらいでしょう。なかなか手が出しづらい価格設定となっています。一体何を使っているのでしょうか。1kgで2000円を超えると質もそれなりの物が多いですが、果たして……

ここでは、K9ナチュラルから販売されている二種類のキャットフードの中から、「チキン&ベニソン」に焦点を当ててまとめています。キャットフード選びの参考としてご活用ください。

 

今回解析したキャットフード「K9ナチュラル」の概要

K9ナチュラル 

出典:amazon

販売元  株式会社K9ナチュラルジャパン
原産国  ニュージーランド
メイン材料  チキンネック、鹿の心臓
着色料の有無  不使用
ラインナップ  チキン&ベニソン、チキン&ラム
健康管理のしやすさ  全年齢対応キャットフードです。
主な購入方法  ネット通販、ペットショップ
価格(約)/350g ¥7000~(楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
特記事項 水でふやかした状態で与えることを前提としています。

価格が異常に高いのは、水で戻してから与えることが前提だからだと考えられます。(ふやかして与えると1,4kgの量になります)

穀物不使用かつ、着色料などを一切使っていない点を売りにしています。原材料に使われている物の数は、全キャットフード中でも一番少ない部類です。アレルギーの心配は低いと言えそうです。

では、K9ナチュラルのキャットフードはどのような評価がされているのでしょうか。口コミ評判を見ていきましょう。

 

 

「K9ナチュラル」の口コミ評判まとめ

猫の個体差もあると思いますが、
チキン・ラムよりもさらに好んで食べます。

「ジウィピーク」「K9ナチュラル」のベニソンをメインに与えています。
ただ、価格的に毎日上げられないので「ジウィピーク」に混ぜて与えています。

K9ナチュラルはフリーズドライのフードで、高いだけの価値のあるフードですよ、小さいパッケージもあるので試してみてはいかがでしょう。

原料が安全そうだし、水を混ぜて使えるというのが便利そうだなと思い、試しに買ってみました。

15歳の老猫用に買いました。
食べてくれるか心配でしたが、大丈夫でした。

フリーズドライから戻すのが大変ですが、その間ずっと足下をうろつくニャンコどもと会話をするとても楽しい時間ができました。多少潰しながら、温めのお湯で戻すといい感じですね。食いつきは良いです。良すぎて勢いよく食べて勢いよく戻すときもあるので、落ち着けよと声を掛けながら食べさせています。

価格が高い分、やはり原材料にこだわる飼い主さんからの口コミが多いです。水で戻すことについては賛否両論ありますが、全体的には高評価が多い印象ですね。他には、「おやつとして与えている」というコメントもちらほら見られます。

では、K9ナチュラルはどんな原材料が使われているキャットフードなのか、詳しく見ていきましょう。

 

「K9ナチュラル」の原材料:成分表をチェック

ここでは「チキンアンドベニソン」を例に挙げています。

チキンネック(約46%)、 鹿の心臓・レバー・腎臓(約54%)、 ニュージーランド緑イ貝 (約0.1%)

K9ナチュラル

出典:K9ナチュラル公式

穀物の質・有無

・穀物不使用のキャットフード

穀物不使用であることはもちろん、かさまし原料であるビートパルプなども一切入っていません。完全なグレインフリーキャットフードです。

たんぱく質の配合量と質

・厳選された素材のみを使用

ニュージーランド産のチキンを始め、鹿の心臓やレバーなどを使用しています。公式サイトにあるように、4dミートは不使用です。

油脂の質

・タンパク質に含まれている?

油脂類の表記がありません。ただ、成分表に「脂質20%」とあることから、おそらくタンパク質に含まれているのではないかと考えられます。ちなみに、別ラインナップの「チキン&ラム」には植物性油が使用されています。

着色料・保存料

・不使用

着色料や保存料は不使用。恐ろしいほどシンプルな作りになっています。

その他の留意事項

・良いキャットフードではあるが….

高品質で純度の高いキャットフードであることは間違いありません。ただし、水で戻して与える・値段が高いことを考えると、主食として与え続けるのは難しいかもしれません。

キャットフード「K9ナチュラル」の総合評価

キャットフードランク4 キャットフード K9ナチュラル

(40/50点満点)

・使用されている原材料の質だけ見れば、間違い無く至高のキャットフードです。本来肉食である猫の食生活に、これほど寄り添っている商品はありません。

・口コミの評価は良く、水で戻すのが面倒な点以外は、特に目立った悪評はありません。

・全年齢対応のキャットフードです。ただし、老猫の体調をサポートできるか?と考えると疑問が残りますね。歳をとると病気にかかるリスクも上がります。K9ナチュラルには、老猫をサポートできるような成分は見当たりません。(コンドロイチンやグルコサミン、下部尿路疾患対策の成分など)

・余計な物を本気で排除してキャットフードを作ると、このような原材料構成になるのでしょう。ただし、 保存料が入っていない分、保存方法には気を配る必要があります。

 

キャットフード「K9ナチュラル」まとめ

タンパク質が大事だ!ということが、原材料欄から伝わってくるようなキャットフードでした。間違い無く「最高級の猫餌」です。

水でふやかすのが面倒、価格が高いという点から主食として毎日与え続けるのは難しそうですが、おやつとしてたまには食べさせてあげたいですね。または、弱っている猫ちゃんに元気を出してもらうため、他のご飯に混ぜたりなどすると良いでしょう。

関連:▶︎安全なキャットフードの選び方&本当に良い猫餌3選

 

同じ「キャットフード」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. キャットフード 子猫

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方

    ここでは、正しく子猫を育てたい飼い主さんに向けて、キャットフードの与え方をまとめています。知…
  2. グレインフリー キャットフード ランキング

    グレインフリーとは?穀物不使用キャットフードが人気の理由

    グレインフリーのキャットフードが近年、猫好きの飼い主さんに人気です。猫の健康を真剣に考えて作…
  3. キャットフードの原材料について

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選

    CMや猫雑誌の広告、スーパーの陳列棚などに並んでいるキャットフードは「人気なの?」「なんか猫が喜びそ…
  4. 猫が餌を吐く原因は何?毎日吐くなら病気を疑ったほうが良い

    猫ちゃんが食べた物や胃液を吐く所を見ると、とっても心配になりますよね。毛玉を月に1、2回程度…
  5. キャットフードの保管場所は?

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法

    ドライのキャットフードは固形で水分量も少なめ。一見すると劣化しにくいイメージですが、実は空気…

猫コラム

  1. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…
  2. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方