キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード

キャットフード【ホリスティックレセピー】の口コミ評判&原材料を解析

更新日:

店頭はあまり見かけない「ホリスティックレセピー」のキャットフード。

パッケージだけ見るとなんとなく猫の体に良さそうなイメージがありますが、実際のところはどうなっているのでしょうか。

ここでは、キャットフード「ホリスティックレセピー」の口コミ評判や、原材料の安全性をまとめていきます。

キャットフード選びの参考としてご活用ください。

 

スポンサーリンク

 

今回解析したキャットフード「ホリスティックレセピー」の概要

ホリスティックセレピー キャットフード

出典:アマゾン

販売元  株式会社バーパス
原産国  アメリカ合衆国
メイン材料 チキン
着色料の有無  不使用
ラインナップ  成猫用、老猫用
健康管理のしやすさ 体重管理用ラインナップあり
主な購入方法  ネット通販
価格(約)/1.6kg ¥2000~(楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
価格/一日(約) ¥80〜¥110 (一匹あたり)

全ラインナップにおいて、カロリーが低く家猫向けと言えます。

また、成猫用の商品でも子猫に与えることができるので、対応年齢も広いです。

また、毛玉や下部尿路疾疾患対策、体重管理など、猫がなりやすい疾病や体調不良を解消できるよう開発されてとの事。

では、ホリスティックレセピーの口コミ評判は どうなっているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

「ホリスティックレセピー」の口コミ評判まとめ

【食いつき】よく食べます。薄型三角形で丸のみせず噛んで食べます。
【におい】やや強めに香ばしいかおりがします。
【うんち】今まで軟便だったのが、良い便をするように。量は多いです。
色々なフードを試したなかで、一番良い便です。
ただし、臭いはあります。埋めてくれないとクサいです。
【その他】中身が小分け400グラムなのがいいです。
値段も100グラム100円強なので内容を考えるとお買い得だと思います。
ようやくフードジプシー卒業です。リピ決定。

ホリスティックレセピーは、ペットショップに買いに行っても取り寄せ商品で、なかなか手に入らない商品のようです。

しかし、うちの猫は、これしか食べないのです。

ほかを試してもすぐに飽きてしまうのか・・・。
それにほかのエサよりも体重の増減が少ない。

なので、これしかないのです。

こちらのフードを与えてから2週間経ちますが、まず毛艶がとても良くなりました。吐くことも無くなりました。便の状態もとてもいいです。中国産の原料を使っておらず安心して与えることができます。コストパフォーマンスの良い、とてもおすすめの良質なフードだと思います。

我が家のニャンコたちのため
とっても助かっています。
良質ですし、おまけもみんなが大喜びです♪
ずっとリピートしたい商品です!

避妊・虚勢猫に
我が家には5匹の猫がおり全員避妊・虚勢済みです。食欲旺盛で油断しているといつまでも食べている為、時間と量を決めて与えています。以前は色々なフードを試しましたが、こちらを与えてからは毛玉も一切吐かず体重もキープできています。

健康管理や原材料を気にする飼い主さんから、高評価を得ています。いろいろな餌を試し、ホリスティックセレセピーで落ち着いた。というコメントも多く、見ていると試したくなる印象を受けますね。

食いつきについても「食べない」というコメントはほとんど見受けられません。では、ホリスティックレセピーにはどのような原材料が使われているのか、細かくチェックしていきましょう。

「ホリスティックレセピー」の原材料:成分表をチェック

ここでは、ホリスティックレセピーの「猫用 7歳まで」を例に挙げています。

鶏肉、鶏肉粉、米、豆粉、鶏脂、乾燥卵製品、豆タンパク、ポテトタンパク、ツナミール、ナチュラルフレーバー、酵母エキス、ひまわり油、アルファルファミール、ビートパルプ、オーツ麦繊維、トマト粗、醸造酵母、亜麻仁、クランベリーパウダー、チコリエキス、ユッカフォーム抽出物、塩化カリウム、塩化ナトリウム、リン酸、DL-メチオニン、タウリン、アスコルビン酸、イノシトール、塩化コリン、ミネラル類(アミノ酸キレート化鉄、アミノ酸キレート化亜鉛、アミノ酸キレート化銅、アミノ酸キレート化マンガン、アミノ酸キレート化コバルト、鉄、亜鉛、炭酸カルシウム、銅、マンガン、セレン、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、B1、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)、サッカロマイセス・セレビシエ、ラクトバチルス・アシドフィルス、エンテロコッカスフェシウム、アスペルギウス・ニガー、バチルス・サブチルス、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス)

ホリスティックレセピー

穀物の質・有無

・米を使用

穀物を使用しています。しかし、使用しているのは比較的安全性の高い米一種のみ。

グレインフリーのキャットフードではありませんが、猫に害はないと考えられます(米はアレルギーリスクが低く、エネルギー代謝も良い)

たんぱく質の配合量と質

・ミートファーストのキャットフード

鶏肉とはっきり記載することができる、良質な原材料を主原料としています。

ただし、鶏肉粉やフィッシュミールなど、あまり良くないとされるタンパク質も使われているので、手放しでは安心できません。(4Dミートの可能性あり)

油脂の質

・鶏脂とひまわり油

鶏油とひまわり油をブレンドして使用。なんの油を使用しているのかを明確に表記しているのは良いですね。油脂の質は信頼できそうです。

着色料・保存料

・使用されていません

猫に害を及ぼすような添加物は不使用で、保存料には天然由来の成分を使用しています。発がんリスクなどは低いキャットフードと言えるでしょう。

その他の留意事項

・ビートパルプを使用

便秘の原因にもなりうるかさましの原材料「ビートパルプ」を使用しています。

良いキャットフードほどビートパルプは不使用の傾向があるので、これはマイナスポイントですね。

・クランベリーを配合

下部尿路疾患いこうかがあるとされているクランベリーを配合しています。

・カロリー控えめ

全シリーズ通して、カロリーが他のキャットフードに比べ低いです。肥満猫や療養中で動きが鈍い猫には、嬉しいポイントです。

 

キャットフード「ホリスティックレセピー」の総合評価

キャットフードランク4 ホリスティックレセピー くちこみ評判 原材料

(37/50点満点)

・ミートファーストかつ使用している穀物は米のみと、比較的安心できそうです。ミール類が少量含まれている点が惜しいですね。

・口コミでは、こだわって猫の餌を選んでいる方からの書き込みが多い印象です。

食いつきに関しても悪評はほとんどありませんでした。

・余計な合成添加物は不使用。カロリーも低くクランベリーなど下部尿路疾患対策の原材料を配合しています。

・かさまし原材料のビートパルプを使用しています。猫にとっては下痢の原因になることがあり、栄養価はほとんどありません。

現在消化器が弱っている猫には注意が必要です。

 

キャットフード「ホリスティックレセピー」まとめ

トータルの品質は、かなり良いです。猫の健康をしっかりと考えた構成であることは間違いありません。

ただし、ところどころ「それは入っていない方が良かった」と思える原材料も含まれていますので、完璧なキャットフードとまでは言えませんね。

現在飼っている猫が健康で、ある程度質の良いキャットフードに切り替えるのであれば、ホリスティックレセピーを選択肢の一つとして選んでも良いでしょう。

 

⬇︎合わせて読みたい

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f4dミート
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.