キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード

【ハッピーキャット】ドイツ産キャットフードの口コミ評判&成分の安全性

更新日:

「ハッピーキャット」は、ドイツ生まれのプレミアムキャットフードです。

人が食べても大丈夫な「ヒューマングレード」のキャットフードを謳っており、品質には自信んがある様子。

ここではキャットフード「ハッピーキャット」の口コミ評判や原材料の安全性をまとめています。

キャットフード選びの参考としてご活用ください。

 

スポンサーリンク

 

今回解析したキャットフード「ハッピーキャット」の概要

ハッピーキャット

出典:amazon

販売元  ワールドプレミアム株式会社
原産国  ドイツ
メイン材料  チキンミール
着色料の有無  不使用
ラインナップ  食いつき重視・健康重視・療法食に分かれています。
健康管理のしやすさ  腎不全向けラインナップあり
主な購入方法  ネット通販
価格(約)/2kg ¥4860(楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
価格/一日(約) ¥140〜¥170 (一匹あたり)

ラインナップや種類によって配合している原材料がかなり異なります。

共通しているのはアレルギー性の高い小麦を使用していない点と、合成着色料を使用していないところ。

安全性の高さと、健康管理のしやすさをアピールポイントとしています。

ではmハッピーキャットの口コミはどうなっているのか、実際に見ていきましょう。

 

「ハッピーキャット」の総合評価を先に見る

「ハッピーキャット」の口コミ評判まとめ

・良い口コミ

気に入っています。猫が
安心して食べさせられます。食の細い子が気に入っていますので助かります。

高いですが
喜んで食べます。
高いので頻繁には買えませんが、また買いたいです

常備しているザナベレが、最近入手できないことが多くなってきたので、他にもお気に入りを増やすためにハッピーキャットを色々試しています。既にワイデーラムは大袋を購入しました。コレの他にエンテも購入し、どれもお気に入りです。ハッピーキャットは香りがザナベレに似ているので、ザナベレ好きの子なら大丈夫だと思います。我が家は大袋をリピ予定です。

大好き
二匹とも大好きなフードです。ただお高めなのでほかのフードに混ぜてあげていますがこのフードを探して食べてます。それくらい美味しいみたいです。

・微妙な口コミ

うちではイマイチでした・・・
全く食べない訳ではなく、食べる事は食べるが仕方なく…といった感じ。
キブルは違う形のものが3つくらい混ざっています。
品質はとても良さそうなので、気に入ってくれればと思ったのですが、残念。
好き嫌いの激しい猫の好みというのは本当に難しいです

たんぱく質やマグネシウム、ナトリウムの量など成分のバランスがいいフードだとは思うのですが、材料を見るとやや割高な印象です。

 

食べてくれるという口コミが多く、品質にも納得がいっているコメントがみられます。

栄養バランスについても高評価で、リピートしている方が多い印象ですね。

食べないと言う場合もあるようですが、全体を占める割合は少なめ。

嗜好別ラインナップも豊富で猫の好みに合わせられる事から、食いつきに関してはコメントを信じてみても良さそうです。

では、ハッピーキャットにはどのような原材料が使われているか、細かくチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

 

「ハッピーキャット」の原材料:成分表をチェック

今回はハッピーキャットの「アトランティックサーモン」を例に挙げていきます。

鮭ミール(11%)、チキンミール(11%)、トウモロコシ粉、米粉、トウモロコシ、ミートミール、家禽脂、牛脂、ポテトフレーク、加水分解レバー、ビートファイバー、乾燥レバー、アップルファイバー(0.7%)、乾燥卵、塩化ナトリウム、サッカロマイセス・セレビシエ(イースト菌)、塩化カリウム、(発酵) 大麦(0.3%)、(乾燥) 海草(0.2%)、亜麻の種(0.2%)、チコリの根(0.04%)、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、樺の葉、ネトル、セージ、コリアンダー、ローズマリー、タイム、リコリス根、カモミール、メドウスウィート、ラムソン (ハーブ:0.17%)、ビタミン、ミネラル、DL-メチオニン、タウリン、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)

ハッピーキャット 成分表

穀物の質・有無

・トウモロコシ粉を使用

公式サイトにあるように確かに小麦粉は不使用です。

しかし、トウモロコシ粉は使用しています。トウモロコシ粉は小麦と同じくらいアレルギー性のある原材料です。

これはマイナスポイントですね。米粉だけならよかったのですが...ハッピーキャットは、穀物、特にトウモロコシでアレルギーを起こす猫には注意が必要な様子。

たんぱく質の配合量と質

・細かくした鮭がメイン

「ミール」という表記が気になりますが、ハッピーキャットのミール類は4dミートではないとのこと。(細かくすりつぶしてあるだけで、くず肉等は使っていない)それを信じるならば、 良質なタンパク質を使用したキャットフードと言えますね。

例に挙げたハッピーキャットは鮭がメインなので、魚好きの猫からは受けが良さそうです。

油脂の質

・曖昧な表記が気になる

牛脂はわかりますが「家禽脂」が何の油脂なのかわかりにくいですね。公式サイトによると鶏肉やターキーの脂を使用しているとのこと。もう少しパッケージだけで何を使っているか細かくわかるとありがたいです。質は問題なさそうですが...

着色料・保存料

・キャットフードの粒は自然な茶色をしており、合成着色料も入っていません。この点は安心できそうです。

その他の留意事項

・かさまし原材料を使用

ビートパルプと同じかさまし原材料である「ビートファイバー」を使用しています。

ウンチを硬くすることがあり、便秘の猫は特に注意が必要。本来は必要のない原材料です。できれば入っていない方が望ましいです。

キャットフード「ハッピーキャット」の総合評価

キャットフード ハッピーキャット 成分 口コミ 評判

(34/50点満点)

・低アレルギー性をアピールしていますが、ラインナップによってはトウモロコシ粉を使用しています。アレルギー持ちの猫には注意が必要です。

・原材料の表記に曖昧さがみられます。良いものを使っているとのことですが、他のプレミアムキャットフードと比べると不透明さが目立ちますね。

・年齢別のラインナップが細かく分けられています。なんでも食べる丈夫な猫であれば、長い付き合いができるキャットフードになる場合もあるでしょう。

・食いつきに関しては口コミ評価が良いです。嗜好別ラインナップも多いので、猫の好みに合わせて選びやすい点は魅力ですね。

 

スポンサーリンク

 

キャットフード「ハッピーキャット」まとめ

謳い文句通り小麦は使用していませんが、他のアレルゲンを使用してしまっている点が惜しいです。

穀物アレルギーの猫に与える際は注意が必要になるキャットフードと言わざるをえません。プレミアムキャットフードとしては微妙です。

ただ、国産の安いキャットフードと比べるとはるかに良いキャットフードではあります。

丈夫な猫ちゃんになら、ローテーションの一つとして試して見る価値はあるでしょう。

 

⬇︎合わせて読みたい

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f4dミート
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.