キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード

go!(ゴー)のキャットフードの口コミ評判&成分・原材料の安全性

更新日:

プレミアムキャットフード専門通販サイトでもラインナップされている「go!(ゴー)」のキャットフード。

良いキャットフードというイメージが強く、気になっている方も多いのではないでしょうか。

ここではキャットフード「go!(ゴー)」の口コミ評判や原材料の安全性についてまとめています。

キャットフード選びの参考としてご活用ください。

 

スポンサーリンク

 

今回解析したキャットフード「go! (ゴー)」の概要

go!ゴー キャットフード 安全性口コミ

出典:amazon

販売元  グローバルペットニュートリション
原産国  カナダ
メイン材料  チキンミール、チキン
着色料の有無  不使用
ラインナップ  グレインフリーとそうでないもの2種
健康管理のしやすさ  子猫〜成猫
主な購入方法  ネット通販
価格(約)/1.6kg (楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
価格/一日(約) ¥150〜¥180 (一匹あたり)

猫を適正体重に保ち、目や脳も健康に保てる成分を配合しています。ラインナップによっては穀物不使用で、猫の食生活に合わせた商品作りを目指している印象ですね。他のプレミアムキャットフードと比較されることも多いです。

では、「go!」のキャットフードの口コミ評判はどのようになっているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

「go!(ゴー)」の口コミ評判まとめ

・良い口コミ

成分の良さに惹かれて購入しました。かなり高い買い物でしたが、うちのニャンズは気に入ってくれたようなので納得^^;毛艶が良くなり吐かなくなったので、買えてよかったなーと思ってます。

5歳のアメショが最近餌を食べないため、良いフードを探していたらこれに行き当たりました。よく食べてくれます。体調を崩されるのが心配なので、頑張ってこれで続けてみたいと思います。

良好です。
喰わず嫌いの猫4匹を飼っていますが、みんな食べてくれて驚き!原材料欄を見ても安心して食べさせてあげられそうなので、 良いです。小粒なので食べやすいのかな?

・微妙な口コミ

もうちょっと安いとありがたいんだけど....食いつきは良いので、変えてしまうのも可哀想と思い。なんだかんだで1年以上リピしてます。体には良いとは思います。

猫の健康や原材料にこだわって選びたい飼い主さんが口コミを投稿していますね。

食いつきは良好、健康維持的にも問題なさそうなコメントが多く見られます。

価格が高いとの意見もありますが、品質を考えれば仕方ないのかもしれません。

ラインナップされているのはチキンやダックなどの肉味なので、普段同じようなキャットフードを食べさせている猫なら喜んでくれそうですね。

では、「go!(ゴー!)」のキャットフードにはどのような原材料が使われているのでしょうか。細かくチェックしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「go!(ゴー)」の原材料:成分表をチェック

ここではgo!の「グレインフリー」を例に挙げていきます。

チキンミール  チキン(生・骨抜き)  ターキー(生・骨抜き・七面鳥)  ダックミール  ターキーミール  サーモンミール  トラウト(生・骨抜き・鱒)  鶏脂肪(ミックストコフェロールで酸化防止) 天然香料(フィッシュ由来)  エンドウ豆  ポテト  鶏卵(乾燥・全卵)  ポテト粉  タピオカ(キャッサバデンプン)  サーモン(生・骨抜き・鮭)  ダック(生・骨抜き・鴨)  サーモン油  カボチャ  リンゴ  ニンジン  バナナ  ブルーベリー  クランベリー  レンズ豆  ブロッコリー  ホウレン草  カッテージチーズ  アルファルファ  スイートポテト  ブラックベリー  パパイヤ  パインアップル  リン酸  塩化ナトリウム  塩化カリウム  DLメチオニン  タウリン  塩化コリン  チコリ根(乾燥)  ラクトバチルス・アシドフィルス(アシドフィルス菌)発酵生成物  エンテロコッカス・フェシウム(フェシウム菌)発酵生成物  アスペルギルス・ニガー(黒麹菌)発酵生成物  アスペルギルス・オリザエ(麹菌)発酵生成物  ビタミン類[ビタミンAサプリメント  ビタミンD3サプリメント  ビタミンEサプリメント  ナイアシン  イノシトール  Lアスコルビル2ポリフォスフェイト(ビタミンC源)  硝酸チアミン  dパントテン酸カルシウム  リボフラビン  塩酸ピリドキシン  βカロテン  葉酸  ビオチン  ビタミンB12サプリメント]  ミネラル類[タンパク質キレート亜鉛 タンパク質キレート鉄  タンパク質キレート銅  酸化亜鉛  タンパク質キレートマンガン  硫酸銅  ヨウ素酸カルシウム  硫酸鉄  酸化マンガン  亜セレン酸ナトリウム]  ユッカシジゲラ抽出物  イースト抽出物  ローズマリー(乾燥)

go!ゴーキャットフード 成分

穀物の質・有無

・穀物不使用のキャットフード

トウモロコシや小麦などの穀物を一切使用していないキャットフードです。

穀物アレルギーが心配な猫ちゃんはもちろん、下痢など、消化器官が弱い猫でも安心して食べることができそうです。

たんぱく質の配合量と質

・良質なタンパク質を使用

メインの原材料が鶏肉の「ミートファースト」のキャットフードです。チキンミールとありますが、公式サイト上で「副産物系(4dミート)ではない」との注意書きがあります。

チキンの他ダックやサーモンも使用しており、猫の食欲をそそる作りになっていますね。

ちょっと変わった香りに惹かれ、食べてくれる可能性は高そうです。

油脂の質

・鶏脂肪を使用

油脂の出所をきちんと記載している点は好感を持てますね。

また、この油脂に対して使われている酸化防止剤まできっちり明記。ミックストコフェロールは安全な天然成分ですので、油脂に関しても安心して良いでしょう。

着色料・保存料

・不使用

猫の健康的に良くない赤◯号など、余計な着色料は含まれていません。

保存料には害のないローズマリーを使用しています。添加物に関しても信頼できます。

その他の留意事項

・健康維持のため野菜を配合

猫の健康維持に役立つ野菜を複数配合しています。ビタミン摂取の他、便通もよくなることが期待できるでしょう。

キャットフード「go!(ゴー)」の総合評価

キャットフードランク4 go!ゴー キャットフード 成分口コミ評判

(39/50点満点)

・良質なタンパク質使用、グレインフリーということもあり、品質はかなり高い印象です。

特にチキン系のご飯が好きな猫にとっては、良いキャットフードになりそうですね。(黄色いパッケージのgoはグレインフリーではありませんが)

・野菜を多数使っており、食物繊維やビタミン摂取に役立ちます。健康維持、便通の改善などに効果が期待できそうです。

・価格は高いですが、品質的にそれなりの価値のあるキャットフードです。

こだわって選びたい飼い主さんにとっては、選択肢の一つとなるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

キャットフード「go!(ゴー)」まとめ

総合的な品質はかなり高いキャットフードです。

マグネシウム含有量も0.09と低く、下部尿路疾患や膀胱炎予防としても良さそうですね。

ただ、老猫に対応しているかどうかは微妙。(子猫、成猫、活発な猫の給餌量は表記されていますが、老猫に関しては触れられていません)

1〜7歳くらいの猫を健康に育てたいのなら、間違い無く試して見る価値のあるプレミアムキャットフードと言えます。

 

⬇︎合わせて読みたい

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f4dミート
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.