キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード

【カークランド】コストコキャットフードの評判&原材料の安全性まとめ

更新日:

大容量・激安のブランド、「コストコ」ですが、なんとキャットフードまでたっぷりでお値打ちなものを開発しています。

ネット上の評価でも「価格の割には質が良い」と評判で、猫を飼っているコストコ会員からも人気の様子。

今回は、そんなコストコの「カークランド スーパープレミアムキャットフード」の口コミ評判や原材料の安全性をまとめていきます。

キャットフード選びの参考としてご活用ください。

 

スポンサーリンク

 

今回解析したキャットフード「カークランド」の概要

コストコキャットフード 評判

出典:楽天

販売元  コストコ
原産国  アメリカ合衆国
メイン材料  チキン、(ミール類含む)
着色料の有無  不使用です。ただし保存料には注意が必要かもしれません。
ラインナップ  スーパープレミアムはこれ一種
健康管理のしやすさ  療法食や嗜好別のラインナップはありません。
主な購入方法  コストコ店舗、楽天やアマゾン
価格(約)/11kg コストコ店舗→¥2000円・通販サイトだと4000円弱
価格/一日(約) ¥15〜¥25 (一匹あたり)

 

カークランドは、冒頭のとおりコストコブランドのキャットフードです。最大の特徴は何と言ってもコスパ。

カルカンや銀のスプーンなどの激安キャットフードをも凌駕する安さが人気の秘訣ですね。

1kg換算だと300円代になります。また、ディーラーやペットショップブリーダーならともかく、この量(11kg)のキャットフードを個人がまとめ買いできるのはカークランドくらいではないでしょうか。

特に多頭飼いをしている方や、キャットフードをまとめ買いして小分け保存しておきたい方にとっては、最高のキャットフードになるかもしれません。

では、そんなカークランドキャットフードの口コミはどのようになっているのでしょうか。見ていきましょう。

「カークランド」の口コミ評判まとめ

我が家には猫ちゃんが13匹。 国産の4kg程度では4日しか持ちません。それに比べて、KIRKLANDは実に頼もしい。
2週間は持ちます。
多頭飼い野方には、オススメいたします。

うちには猫が4匹もいるのですが、
4匹とも普通のカークランドのフードもこちらもすごく喜んで美味しそうに食べてくれてます

初めて購入しましたが、食い付きが良く、蒸し暑いも食欲が落ちる事なく良く食べてくれています。多頭飼いの我が家には大助かりです。また是非お願いしたいと思いました。

我が家はネコ2匹 普通サイズはあっというまに なくなってしまうので 今までまとめ買いが大変でした。
これは 数ヶ月もつので とても楽。

以前から食べさせていたフードと混ぜて与えたのですが
この商品だけ残してしまいました
5匹飼っている猫の4匹は食べません

猫の保護活動をしています。
沢山の猫がいるので大量にご飯が必要ですが
個人だと中々費用が厳しいですが
こちらは安くて国産のエコノミーフードより栄養価が高いので
とても助かっています。

どの通販サイトでも「安い!」「助かる!」「多頭飼いならコレ!」といった口コミのオンパレードです。

稀に食いつきがよくないとのコメントも見られますが、価格の安さと大容量なことを考えるとそれは仕方ないのかもしれません。

通販サイトだと若干高くつきますが、それでも他のキャットフードを圧倒するやすさであることは変わりません。

では、カークランドの原材料はどのようなもので構成されているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「コストコ カークランド」の原材料:成分表をチェック

鶏肉、チキンミール、玄米、白米、
チキンレバーオイル調味料、フラックスシード、
亜硫酸水素ナトリウム、塩化カリウム、
ミネラル類、70%塩化コリン、ビタミン類、
チコリールート、タウリン

コストコ カークランドキャットフード

出典:楽天

たんぱく質の配合量と質

・チキンを第一原料として使用

第一原料としてチキンを使用している「ミートファースト」のキャットフードです。

猫にとって肉は大事なタンパク元。一番多く使用されているのが良質なチキンである事は評価できます。

ただし、チキン「ミール」と呼ばれるくず肉も入っています。タンパク質のクオリティ的には、ちょっと残念かもしれません。

穀物の質・有無

・使用している

玄米や米を使用しています。猫にとって穀物は本来必要なく、キャットフードには入っていない方が良いです。

ただ、カークランドの場合使われている米や玄米は、エネルギー代謝は比較的よくアレルギーのリスクも低いとされています。

激安キャットフードに含まれているキャットフードに比べれば安心といえるでしょう。

着色料・保存料

・着色料不使用

余計な着色料は使用しておらず◯号などの表記は見当たりません。

ただし、亜硫酸水素ナトリウムに注意。アメリカでは人が食べるものには入れられない保存料です。(低コストのため使われています。昨今のキャットフードは保存料としてビタミンEを使用している事も多いので、珍しいケースです)

カークランドのキャットフードは大容量のため、カビ防止や酸化防止がネックになります。

そのため、安価で強力な保存料が使われていると考えられます。

その他留意点

・大容量の罠

キャットフードは開けた瞬間から空気に触れ劣化し始めます。

そのため、サイズにかかわらず開けてから1ヶ月以内に食べきるのが望ましいとされます。

その点カークランドのキャットフードは11kgと、猫一匹や二匹では食べきるのが不可能な容量です。

時間が経つと風味が落ち食いつきが悪くなる恐れがあります。また、場所を取るというデメリットも。(特に女性だと運んだりするのが大変です)

猫の食いつきを落とさず扱いやすくするのなら、餌を小分けにして保存することが必須。真空パック機やジップロックを一緒に買うようにしましょう。

 

キャットフード「コストコ カークランド」の総合評価

キャットフオード コストコ キャットフード カークランド 評判口コミ

(28/50点満点)

・原材料の質はまずまずです。ミートファーストのキャットフードですので、猫に必要なタンパク質をしっかりと摂ることができるでしょう。

・亜硫酸水素ナトリウムはできれば避けたい成分です。保存料には別のものが入っていて欲しかったですね。

・口コミ評価は高評価が多く、特に多頭飼いの方からは絶大な支持を得ています。

・カークランドの「スーパープレミアム」には、成猫用しかありません。

子猫や老猫、その他病気の猫のために作られているわけではありませんので、注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

キャットフード「カークランド」まとめ

容量とコスパで考えるのなら間違い無く最強のキャットフードです。価格の割には原材料の質も良く、カルカンなどのキャットフードに比べればかなり優れているキャットフードと言えます。

ただし、避けたほうが良い原材料が入っていることや容量が大きいが故の注意があることも覚えておく必要があります。多頭飼いで、なるべく良い餌を安く与えたい、という方にのみおすすめしたい「コスパキャットフード」です。

⬇︎合わせて読みたい

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f4dミート
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.