猫にとって水分は大事!正しいお水の与え方

砂漠がルーツである猫。あまり水をたくさん飲むイメージはありませんが、猫にとって水分はとても大切で、少しの間水分不足にしただけで病気リスクが上がることも多いです。

そして、飲む飲まないを決める基準がシビア。なんかヤダ、気分じゃない、面倒と言った理由で自分から水を飲んでくれないこともあります。

ここでは、「猫への正しいお水の与え方」をまとめていますので、参考にしてみてください。以下を守れば、よっぽどでない限り自分から進んで水を飲んでくれるはずです。

by liz west

 

スポンサーリンク

 

与えるのは水道水がベター

与えるのはお家の水道水で十分です。水道水は塩素処理されており安全ですので、「猫用のお水」を別に用意する必要は基本的にありません。

ただし、冷たすぎる、熱すぎるのはNGです。猫がびっくりしてしまうので、常温のお水を与えてください。猫によって温度の好みも多少あるようですが、温度差による健康への影響はありません。猫の好みに合わせるのは大変ですので、常温水に慣れてもらいましょう。

 

お水はいつも新鮮でなければいけない

匂いなのか、ゴミやほこりなのかはわかりませんが、猫は時間のたったお水を飲みたがらない傾向があります。そのため、水分をこまめにとってもらうためにもお水は常に新鮮であることが大切です。

お仕事をしていて四六時中猫の水に気を使うのが無理ならば、せめて朝出かける前と帰宅後すぐのタイミングで、お水を交換してあげましょう。

 

水皿は清潔感が大切!

「猫はきれい好き」とよく言いますが、お水のお皿にもこれが当てはまります。新鮮なお水がたっぷり入っているのに飲んでくれない場合、水皿のにおいや汚れが気に食わないのかもしれません。

「え、汚れてないじゃん….」と思うことも多いですが、何も言わず一度しっかりと洗ってあげましょう。途端に「喉渇いてた〜」と言わんばかりにお水を飲みだす場合もあります。

また、自分の顔や手をグルーミングする際に水皿の水を使うことがあります。この後からお水を飲まなくなる、という事もあるので、猫ちゃんの性格によってはこまめに水も水皿も取り替えなくてはならないかもしれません。

水皿は最低でも、1日一回洗うようにしましょう。

 

ご飯と一緒に水も用意してあげる

猫は、食後すぐに水を飲みたがります。ご飯を食べて口の中をリセットしたいのか、クセなのかはわかりませんが、食後は水を飲みたがる生き物です。

ですので、猫の食後は水分をしっかりとってもらうチャンスです。水を飲むのが面倒くさがる気分屋な猫も、このタイミングでならペロペロと飲んでくれることが多いです。また、食後すぐに水を飲むことでご飯を健康に消化できることにもつながります。

ご飯のお皿と水皿は、セットで置いておいてあげましょう!

 

猫が蛇口でお水を飲みたがるんだけど….

水皿からは飲まないくせに、蛇口からポタポタ落ちる水は飲んでいる….

猫を飼っていると、こんな光景を目にすることもあります。これは、猫が動いている水に対して嗜好性があるためです。特に水皿の水が少ない、汚い、古い場合に蛇口で飲みたがる傾向にあります。

あまりにも頻度が多いようなら、猫用の「ピュアクリスタル」を試してみましょう。これは、水を自動でろ過し動かし続ける装置です。猫が好きな動いているお水を、いつでも新鮮な状態で与えることができます。

器の高さが猫の体高にぴったりで飲みやすく、一度に入る水の量も多いです。季節にもよりますが三日くらいは水を交換しなくても大丈夫ですので、飼い主的にも手間が省けます。

愛猫があまりにも水皿からお水を飲まないようなら。こう言ったツールを試してみましょう。(必ず猫用を用意しましょう。構造は犬用と同じですが、飲み口の形に猫と犬では差があります)

 

スポンサーリンク

 

 

猫が一日に必要な水分量

猫の体重 1日に必要な水分量(約/ml)
2kg 110~120ml
3kg 150~160ml
4kg 190~200ml
5kg 210~230ml
6kg 250~270ml
7kg 290~300ml
8kg 310~330ml

おおよそですが、これが猫が1日に必要とする水分量です。

体重1kgにつき60ml~70mlが必要とされています。しかし、だからと言って飲み水からこの水分をすべて取らなくても大丈夫です。ドライフードやウェットフードにも水分は含まれていますので、必要な水分量に対し飲んでいる水の量が若干少なくても心配いりません。(飲み過ぎているのなら病気の可能性もあります)

あまり水を飲んでくれず水分の摂取量が少ないようなら、ウェットフードを与えてみるのも一つの手です。

 

どうしても飲んでくれない時は?

いくら飼い主が頑張っても、飲んでくれないこともあります。その状態が続くと健康に関わりますので、強制的に飲ませる、ご飯の水分量を増やして水分を補うなどのアクションが必要になるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

お水を飲む量の増減が激しいなら….

いくら飼い主が気を使っても全く飲んでくれない。また反対に、常に水をがぶ飲みしている。

このような状態を見かけたら何かの病気を我慢している、または病気の兆候のかもしれません。前述の通り猫にとって水分量は大切な健康パロメーターで。崩れる時は何かしらの体調不良に見舞われている可能性があります。

摂取する水分量の増減のほか、いつもと違う様子を見かけたら動物病院で診察してもらうのが無難です。飲む水の増減が合われる場合、最悪命に関わる泌尿器系の病気であることが多いです。注意してみてあげてください。

 

 

同じ「猫コラム」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. キャットフードの怖い話・「家禽ミール」や「4Dミート」の正体

    皆さんは、キャットフードを 選ぶ時パッケージ裏の「成分表」を見て選んでいますか?成分表を見ればそのキ…
  2. 猫が餌を吐く原因は何?毎日吐くなら病気を疑ったほうが良い

    猫ちゃんが食べた物や胃液を吐く所を見ると、とっても心配になりますよね。毛玉を月に1、2回程度…
  3. グレインフリー キャットフード ランキング

    グレインフリーとは?穀物不使用キャットフードが人気の理由

    グレインフリーのキャットフードが近年、猫好きの飼い主さんに人気です。猫の健康を真剣に考えて作…
  4. 猫餌回数時間

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!

    猫にご飯を与える場合、与える量や回数をその猫ちゃんの年齢によって変える必要があります。ここでは、正し…
  5. ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析

    ファインペッツキャットフードは、店頭でお目にかかる事がほとんど無いと思います。ですが、海外やネット上…

猫コラム

  1. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…
  2. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方