キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫 人間の言葉

猫コラム

「実際どうなの?」猫は人間の言葉をどこまで理解できるのか

更新日:

猫ちゃんとも、特定の言葉に反応することがあります。こういう仕草をみると

「おまえ、ホントウは人間の言葉を理解しているんじゃ...」

と勘ぐってしまいますよね^^

ここでは、「実際猫って人間の言葉をどれくらい理解しているか?」

ということまとめていきます。

ムギ
俺たちだって,ちょっとはわかってるんだぜ!

 

スポンサーリンク

 

わかるけど、言葉の「細かい意味」までは理解してない

人間は「ご飯」と聞くと、米やパン、お肉や野菜などを連想しますよね?そして「ご飯だよ〜」と呼ばれると、出来たみたいだら行くか・・・とテーブルに付きます。

猫の場合は「ご飯」という言葉が何を指してるかは理解していません。〜毎日餌が出てくるタイミングで「ご・は・ん」という短い単語を聞く〜これにより、「ご飯だよ!」=「飯だ!」と覚えているのです。

要は「言語」としてではなく「音の種類」で記憶しているということ。そのため、ご飯のことを「餌」と言ったり、同じ言葉でも飼い主以外・別の声で話しかけると反応しないこともあります。

また、人間の会話のように長いフレーズや単語も、猫は理解することが出来ません。覚えられるのは短い単語のみ。生活の中で言うと「ご飯だよ!」「かわいいね〜」「ダメでしょ!」と、あとは毎日呼ばれる自分の名前くらいです。

こういった単語のあとには、餌が出てきたり、撫でてもらったり・怒られたりすることがほとんどです。。それらの「出来事」と「言葉の音」を結びつけて、なんとなく意味を察しています。

人間とは言葉の受け取り方は違いますが、何か話しかけた時反応してくれるのは、飼い主としてはとっても嬉しい瞬間です^^

 

スポンサーリンク

 

猫は人間でいうと1〜2歳半くらいの知能を持ってる

犬と比べ忠誠心が薄く芸をあまりしない猫ちゃん。ですが、知能レベルは犬と大差ありません。人間に例えると1歳半〜2歳半くらいの知能があります。自分が見たり体験したことから考えをめぐらせ、教えなくても新しいことができるようになります。

例えば、「ご飯の場所を覚えられて、勝手に戸棚を開ける」「飼い主がドアノブを掴む→居なくなる・ということを覚え、勝手にドアノブをジャンプで掴み開けて追いかけてくる」我が家ではこんなことがありました。これも、猫ちゃんが私たちが思ってる以上に賢い証です。

 

2歳くらいの人間の子供も、言葉は話しませんが「すごい!」と驚かされる場面は多いですよね。そう考えると「猫は人間の2歳児と同レベル」という点はう頷けます。

あなたの猫ちゃんも、あなたから発せられる色々な言葉や仕草を吸収し、日々成長しているはず。「まさか!」と思えるようなイタズラの被害にあう日も、そう遠くないかもしれません^^;(特に冷蔵庫には注意!肉や魚があるとバレると勝手に開けるようになります)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

猫の知能はこんな感じです。人間の言葉を「理解」まではしていませんが、「なんとなく察してる」このレベルであることは間違いありません。

また、猫にできるだけ言葉を覚えてもらいたいなら「フレーズ」「イントネーション」「声の大きさ」「 トーン」を、声をかけるたびに統一すると良いでしょう。

こうすることで「いっつもこの声で何か言っているけど、なんなんだ!」と猫に覚えてもらえます。そのあとに餌を出したりすると「声の意味」を察してもらえます。これは、躾にも応用できるでしょう。

猫と会話することは難しいですが、人間の言葉も簡単なコミュニケーションツールとしては利用できます。どこまで言葉を察してもらえるか、いろいろと単語を投げかけて覚えさせるのも楽しそうですね^^



-猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.