キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫の病気

猫の尿毒症に注意!原因や症状・回復に必要な事は?

更新日:

猫にとってとっても危険は症状の一つに「尿毒症」というものがあります。

他の体調不良が引き金となって起こることの多い症状で、発症〜絶命までの時間短い危険な状態です。ですので「どんな状態なら尿毒症の疑いがあるか。何が原因となるか」を知ることは、飼い主さんの責任と言えるでしょう。すぐに病院に連れて行けば、命を助けることができます。

以下、猫ちゃんの尿毒症についてまとめていきますので、参考にしてみてください。

Photo by resakse

 

スポンサーリンク

 

はじめに:猫の尿毒症はどんな病気か

尿毒症は、本来体から排出されるべき老廃物・有害物質がおしっこから出すことができなくなるせいで、血液中にそれらが溜まってしまうことで引き起こされます。

いきなり尿毒症になるわけではなく、徐々に体が蝕まれていきます。飼い主さんが気づけず猫が突然体調不良になってしまった!と感じることも多い症状です。

最悪の場合、突然痙攣をしだしたり意識を失うこともあります。放置すると命に関わるので、早急に動物病院へ連れていく必要があります。

「尿毒症」が単品で発症することはほとんどありません。だいたいの場合、泌尿器・腎臓・心臓等の疾患が原因で引き起こされます。そのため、「検査してもらったら、自分の予期せぬところが病気になっていた」という事も。

 

猫の尿毒症、原因は何?

おしっこが正常に出せない事が原因で引き起こされるのが尿毒症です。そのため、泌尿器の不調や腎臓病を患っている猫ちゃんは、注意が必要になります。

腎臓病の場合

体に入ってきた良くない物質がろ過しきれず、血液に混ざる事で尿毒症になります。腎臓の病気は飼い主さんが症状に気づきにくいです。どんな症状が出るか、もし出たらどうしたら良いかくらいは、覚えておきましょう。慢性・急性の腎不全が代用的な原因となります。

▶︎猫が腎臓の病気になる時の原因と症状・飼い主が行える予防法

泌尿器の不調の場合

おしっこが出ない・出ても少し等の症状が見られるなら、「下部尿路疾患」の疑いがります。これは、人間でいう尿路結石の症状と似ていて、膀胱内に結石がつまりおしっこが出なくなってしまう病気です。

おしっこが出せず体に溜まるので、結果体の外に有害な物質を排出できず尿毒症を引き起こします。腎臓系の病気と比べると症状がわかりやすいです。前述の不調を見かけたら、すぐに病院へ連れて行ってあげましょう。早期であれば猫ちゃんの負担も軽くなります。

関連:▶︎猫ちゃんのおしっこが出ない!原因となる病気の種類3つ

関連:▶︎【猫の病気】原因は何?下部尿路疾患とキャトフードの関係性

 

スポンサーリンク

 

どんな症状が出るのか

吐く
はしゃがなくなる・元気がなくなる
脱水症状が現れる
ご飯を食べなくなる
痙攣や昏睡状態になる

猫が尿毒症になると、このような症状が現れます。明らかに運動量や食事量が少なくなった・毎日のように吐いてしまうのであれば、尿毒症を疑ったほうが良いかもしれません。(他の病気にかかっている可能性も大きいです)

気にせず放置してしまうと、最終的には痙攣や昏睡状態等の危険な状態に陥ります。ここまでくると飼い主さんではどうすることも出来ませんので、急いで病院へ連れて行ってあげましょう。

最悪の場合、命に関わる病気です。おかしいな?と思ったタイミングで、獣医さんに相談するのがベストでしょう。

 

尿毒症になってしまったら?回復のためにやること

尿毒症の回復には、獣医さんによる適切な治療が必要です。

腎臓病や下部尿路疾患が原因となってる場合、そちらから対処していきます。また、体に溜まっている老廃物を外に出すため、点滴やお薬の力を借ります。

飼い主さんにできるのは、獣医さんの指示に従って猫ちゃんの様子を見てあげること・処方されたお薬があるなら正しく与えてあげること。

そして、体に良いキャットフードを食べさせてあげてください。

腎臓や泌尿器の不調は、キャットフードでリスクを軽減できます。病気にかかってしまったらご飯を適切なものに変えるのは当然の事、予防をしたいならそれらの病気に対応しているプレミアムフードに切り替える事も考えてみましょう。

▶︎安いキャットフードを猫好きな人におすすめ出来ない理由8つ

いくら優秀な獣医さんでも家での管理まではできません。病院から帰ってきてからの回復度合いは、飼い主さんの管理にかかっています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、猫の尿毒症についてでした。この状態になると猫ちゃんは元気がなくなり、ご飯も喉を通らなくなります。辛い症状が続くとかわいそうです。前のように元気になってもらうためにも、怪しい症状が出たら病院へ連れて行く。これに尽きますね。

関連▶︎安全なキャットフードの選び方:通販で買える無添加の猫餌ランキング!



-猫の病気

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.