キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫コラム

猫と一緒に寝るなら覚えて!潰す・疲れる心配のない位置どり

更新日:

猫ちゃんが一緒に寝てくれるのは嬉しいですが、潰してしまうのでは?と、怖くなる位置で寝られる事もありますよね^^;実際、管理人も「潰すところだった.... 」こんな事が何回もありました。

ここでは、猫と寝る時にオススメの「潰す事心配のない位置取り」をまとめていきます。

初めて猫を飼う方や子猫を飼っている方、「猫を潰すのが心配、気を使ってしまい安眠できない」という方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

一緒に寝ても潰す心配ゼロ!枕・アタマの近く

一番潰す心配がないのは、猫ちゃんに枕の周辺で寝てもらう事です。

寝返りを打っても体は猫に被さりませんし、枕は柔らかいので猫的にも寝心地に文句はないでしょう。特に猫と寝るのが初めて・猫と一緒だと疲れるという方にはオススメです。

安眠重視→枕の上の位置
一緒に寝る事重視→アタマ・顔の横らへん

こんな感じで位置どりを決めると良いと思います。

 

布団の上ならまず大丈夫

気温が低くないのであれば、布団の上も良い位置です。猫ちゃんがベットのどこで寝ようが、あなたがいくら寝返りを打とうが、潰す心配はありません。

うちの場合「布団から出したら寂しいかな?」と最初は思いましたが、以外と図太く、体の上でぐーすか寝ています^^それで良いんかい!と思いましたが、自分的にも楽なので寝づらくなったら布団の上に出す事にしました。

猫ちゃんとくっついていたい!でも潰すのが心配!という方にはおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

横向きで寝るなら懐の中

あなたが横向きで寝る、猫ちゃんがどうしても布団の中に入ってくるなら、懐に抱きかかえるようにして一緒に寝ましょう。(腕枕をするような感じ)

寝返りを打つときは、横→うつ伏せにはなりにくいはず!(私はそうです^^;)懐の猫ちゃんを潰すなんて事にはなりにくいです。

この位置取りのメリットは、暖かい、猫ちゃんと密着できる・という事。潰す可能性を最小限に抑え、猫とのラブラブも楽しめる志向の位置取りです!

ただ、やはり他の位置よりは危ないかもしれません...

 

一番潰す心配があるのは・・・

一番猫ちゃんを潰す可能性があるのは、仰向け状態時の腕の横や、横向きかつ猫ちゃんが背中にいるときです。

はっきり言っていつ潰してもおかしくありません^^;管理人は初めのころ、子猫だったテンをなんども潰しかけた経験があります。(ウニャ!と怒られました)

猫ちゃんが視界に入らない位置で位置で寝ているなら、すぐに上記三つの場所にしたほうが良いと思います。子猫の場合、怪我につながる恐れもありますので^^;

 

スポンサーリンク

 

慣れるとストレスなく、自然に潰さないようになる

これは人にもよると思いますが...ずっと猫と寝てると、何も考えなくても潰さない位置にいれるようになります。「いま、後ろにいそうだな」など、猫ちゃんの動きを予測できるようになるイメージです。

そして、猫ちゃんもなれます。飼い主が動くと目を覚ましますし、あまりにも寝返りが多い人とはそもそも一緒に寝ないようになりますからね^^;

一緒に寝てくれなくなる前に、ベストポジションを決めておきましょう!

 



-猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.