猫に食べさせてはいけない野菜や果物は?与えると害のある物まとめ

ここでは、猫に食べさせてはいけない野菜や果物類をまとめていきます。野菜、と聞くとビタミン等の栄養素が豊富で人間にとっては不可欠なイメージですが、猫にとっては体調を崩す物も数多くあります。

いたずらに与えたりせず、猫の手のとどかないようにしておくのがベストと言えるでしょう。

by wolfhawk

 

ネギ類は全部ダメ

ネギやニラは生、加熱済み問わず猫にとって有害です。食べると血液の中にある「赤血球」が破壊され、貧血を起こします。その他、血尿やぐったりとして動かないなどの症状が出ることもあります。見かけたら、誤ってネギ類を食べている可能性もあるでしょう。早急に動物病院へ連れて行ってあげてください。

ネギやニラ類を直接食べた場合に限らず、玉ねぎのエキスが染み出たスープ、ネギのエキスが入った調味料も全てNGです。家庭では中華調味料やコンソメ等が該当します。猫にとっていたずらの対象になる場合があるので、扉付きの戸棚や冷蔵庫などにしっかりと保存しておきましょう。

ネギの類は、猫が食べてはいけない物の中でも代表格として有名です。大量に食べてしまった場合命を落とすこともあるので、猫を飼っているのなら注意しましょう。

 

同じ理由ニンニク関連もダメ

ネギと同じ理由で、ニンニクやニンニクのエキスが入っているソースやパウダーもNGです。

その他らっきょう等もダメ。ネギ類とユリ科の植物は猫にとって最悪の食材と心得ておきましょう。どれくらい食べたら害があるか、という正確な量は不明ですが、これらを口にしたことで命を落とした猫が多いことは事実です。

 

ぶどうやレーズン等も危ない

理由は定かではありませんが、レーズン、ぶどう、マスカットなど「ブドウ科」は、猫に与えると下痢や嘔吐、腎不全等を引き起こす食材です。

どれくらい食べたらダメか等は未だ研究中のようですが、実際にレーズン等が原因で命を落としたとされる犬や猫がいるのは確かです。フルーツグラノーラやおつまみなど、身近なものにも含まれているので、食べる際は取られないよう注意したい食べ物です。

 

アボガドは猫にとっては毒

アボガトに含まれる「ベルジン」という成分は、人間以外の動物にとって毒となる成分です。大量(アボガドの実を丸一個)に食べると、呼吸器不全や嘔吐、消化器の不調、突然の痙攣などを引き起こします。

猫はもちろん、他の動物にとっても有毒な果物ですので、ペットを飼っている方は注意が必要になります。

 

ほうれん草は結石の元になる

ほうれん草に含まれる「シュウ酸」という物質は、膀胱炎や下部尿路疾患の原因となる結石を作り出してしまいます。日常的に生のほうれん草を食べ続けると、結石ができ前述の病気リスクが上がります。食べさせないようにしましょう。

ただし、シュウ酸は茹でると「アク」として外に出ます。猫のご飯を手作りする方の中には、ほうれん草の栄養価の高さに注目し、茹でてからご飯に混ぜ込む場合もあります。

 

とうもろこしなどの穀物系は合わない

とうもろこし、小麦などの穀物は猫の消化器にとって負担がかかり、下痢や嘔吐の原因となります。生、加熱済み問わず与えないようにしましょう。食べさせて直接命に関わるようなものでもないですが、与えないに越したことはありません。

「穀物が含まれているキャットフードが良くない」と言われるのはそのためです。(キャットフードによっては猫の健康や栄養バランスを最適化するため、米や玄米など負担の少ない穀物を使用しているキャットフードもあります)

 

人間の食べるナッツ系の実もダメ

アーモンド、マカデミアナッツなどは、猫にとって油分量やマグネシウム含有量が多すぎます。また、消化器にも負担をかけるので嘔吐や下痢になることも。

摂りすぎると肥満や結石など、猫のかかりやすい病気リスクを上げることとなります。また、人間用のナッツ類は大体の場合塩分や糖分が大量に添加されています。これも猫の体には過剰です。

 

野菜全般に含まれる「セルロース」が良くない

猫のご飯を手作りする際、野菜が必要な場合もあります。その際は材料を細かく刻み、猫の消化器に負担をかけないような状態にしましょう。

猫は基本、野菜に含まれる「セルロース」という物質を分解することはできません。人間が食べるサイズ、状態のまま与えすぎると、下痢や便秘、嘔吐など、消化不良を起こす可能性が高いです。

野菜=害とは言い切れませんが、与える際は細心の注意を払う必要があります。

 

まとめ

以上、猫に食べさせてはいけない野菜、果物類でした。

冒頭でも書いた通り、特にネギ、ニラ、ニンニク類は猫にとって猛毒の野菜です。猫を飼っている家で調理する際は、ケージや別の部屋に行ってもらうようにしましょう。また、残った部分やスープが入っていた鍋などを食べたり舐めたりしないよう、調理後は速やかに処理することも重要です。

関連:▶︎猫に与えてはいけない食べ物まとめ

 

同じ「キャットフード, 猫コラム」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?

    プレミアムキャットフードや下部尿路疾患の猫に向けて開発されているキャットフードの原材料欄を見ると「ク…
  2. 猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない

    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、なんかお口臭くないかい?」今回は「…
  3. 猫の下部尿路疾患 原因

    【猫の病気】原因は何?下部尿路疾患とキャトフードの関係性

    今回は、猫の「下部尿路疾患(FLUTD)」についてのお話です。特に猫ちゃんは、食べるものが原因で…
  4. これを食べたら、 猫はお腹を壊す

    猫に食べさせてはいけない!害のある食べ物まとめ

    「これくらい大丈夫か!」「欲しがってるし、ちょっとくらい良いよね」と思ってしまいがち…
  5. キャットフードはどれくらい与えるのか

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ

    愛猫にご飯をあげるときに思うのが「餌の量はこれで本当に良いのか?」「これで健康的に過ごせるのか?」と…

猫コラム

  1. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…
  2. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方