猫が食べてはいけない魚

猫が食べてはいけない魚は?与えてはいけない魚介類を知っておこう

猫と言えば魚が好き!というイメージもありますが、意外と猫が食べてはいけない魚類は多いです。「好きそうだから…」と言って魚や貝類をなんでも与えてしまうと体調を壊す恐れもあります。

ここでは、猫に与えてはいけない、食べると体を壊す可能性のある魚類をまとめていきます。参考までにご覧下さい。

by Maret Hosemann

 

スポンサーリンク

 

青魚は全般的にNG

「お魚くわえたドラ猫」などのフレーズもありますが、猫にとって魚、特に青魚は全般的に体に良くありません。食べすぎると栄養バランスが偏り、黄色脂肪性(体の中の脂肪が酸化してしまう症状)を引き起こします。鯖やアジ、イワシなど人にとっても身近な青魚が猫にとっては有害です。

また、皮膚疾患(皮膚の下に脂肪のしこりができる)等もできる可能性もあります。

食べた瞬間体調を崩すわけではありませんが、ずっと与え続けると慢性的な体調不良につながるので、猫が欲しがっても与えないようにしましょう。人間が食べた後のお皿や三角コーナーをいたずらされないよう、気をつけたいところです。

 

貝類は消化器に良くない

貝類は、生のまま猫が食べると下痢や嘔吐を引き起こすことがあります。キャットフードなどで見られる「ほたて味」などは、加熱処理し猫にとって害のある部分は含まれていなかったり、香料だけ使っているので体調を崩すことはありません。

また、「アワビを食べると耳がおちる」ということわざがあります。これは、アワビをはじめとした貝類の内臓が、猫の皮膚炎を引き起こすことが所以です。過剰に摂りすぎると皮膚の薄い耳から炎症が始まり、ひどい場合耳を手術しなくてはいけないことも。

新鮮な貝類を内臓がついたまま買った、もらった場合は、猫に食べられないよう注意しましょう。

 

イカやタコはビタミンを破壊する

イカやタコに含まれるチアミナーゼという成分は、猫にとって必要な「ビタミンB1」を破壊してしまう性質があります。食べすぎるとビタミン不足に陥り、猫がよろよろと歩くようになる、食欲不振、嘔吐などの症状が現れます。これが、「猫がイカを食べると腰が抜けてしまう」ということわざの由来となっているようです

チアミナーゼはタコやイカの内臓に含まれているので、誤って食べないよう注意しましょう。

また、イカやタコは、身も猫の消化器に良くありません(下痢になりやすい)。内臓も人間が食べ残した身の部分も与えないようにしましょう。

 

缶詰にも注意が必要

ウェットフードと見た目も匂いも似ている「魚類の缶詰」も与えてはいけません。脂肪分が猫用の缶詰よりもはるかに多く、肥満の元となります。栄養価も、猫にとってバランスが取れているとは言えません。

匂いが猫にとって魅力的な為、欲しがったり盗み食いしようとする場合も多いです。気をつけましょう。

 

煮干し、するめや海苔などの乾物系も原則NG

乾物系の食べ物は、消化器に合っておらず下痢をする可能性が高いです。それだけでなく、これらのものにいはマグネシウムを多く含みます。マグネシウムは摂りすぎると下部尿路疾患等、病気にかかるリスクになります。

匂いが猫にとって好みですので、隙あらば飼い主が食べているおつまみを取ろうともします。気をつけてください。

 

スポンサーリンク

 

骨が喉に刺さる可能性もある

魚類には、生、乾物、加熱済みにかかわらず骨が入っている場合があります。特に子猫や老猫は、うまくご飯を食べられない子も多いです。誤って食べてしまい口の中や喉に刺さるとかわいそうですので、注意しましょう。

特に、人が食べ残した焼き魚には要注意。加熱した魚の骨は生の状態より硬くなっている事が多いです。残飯から引っ張り出されないよう、ビニールに入れていたずらされないよう処理するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

こうしてみると、ほとんどの魚介類が猫にとってNGな事がわかりますね(基本的にキャットフード以外猫には必要ないです)。

植物と比べれば、魚類には直接猫の命に関わる食材はありません。しかし、体調を崩すと苦しい思いをするのは一緒です。

「生でも、乾物でも、焼いてても、猫にとって魚介類はリスクが高い」

これだけは間違いありません。欲しがっても、与えないようにしましょう!

関連:▶︎猫に与えてはいけない食べ物まとめ

同じ「キャットフード, 猫コラム」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. これを食べたら、 猫はお腹を壊す

    猫に食べさせてはいけない!害のある食べ物まとめ

    「これくらい大丈夫か!」「欲しがってるし、ちょっとくらい良いよね」と思ってしまいがち…
  2. キャットフードはどれくらい与えるのか

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ

    愛猫にご飯をあげるときに思うのが「餌の量はこれで本当に良いのか?」「これで健康的に過ごせるのか?」と…
  3. 猫が餌を吐く原因は何?毎日吐くなら病気を疑ったほうが良い

    猫ちゃんが食べた物や胃液を吐く所を見ると、とっても心配になりますよね。毛玉を月に1、2回程度…
  4. キャットフードの保管場所は?

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法

    ドライのキャットフードは固形で水分量も少なめ。一見すると劣化しにくいイメージですが、実は空気…
  5. キャットフード 子猫

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方

    ここでは、正しく子猫を育てたい飼い主さんに向けて、キャットフードの与え方をまとめています。知…

猫コラム

  1. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…
  2. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. batch_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-07-09

    キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. ファインペッツキャットフードの口コミ評判と安全性

    キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方