キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

これを食べたら、 猫はお腹を壊す

猫コラム

猫に食べさせてはいけない!害のある食べ物まとめ

更新日:

「これくらいなら、食べさせても大丈夫か!」

「欲しがってるし、ちょっとくらい良いよね」

可愛いネコを前にするとこう思ってしまいがち。

しかし油断は禁物です。人が食べても大丈夫な物が、猫にとって深刻な病気の原因になることも、あります。

猫ちゃんが体調を崩さないように、飼い主であるあなたがしっかりと把握しておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ネギ類

猫 ネギ

ネギは猫にとって、食べてはいけない物の代表格です。

様々なサイトやネコの本でも「絶対に食べさせてはいならない」と、警告されている食材です。

与えないようにだけではなく、うっかり口に入れてしまはないよう注意しましょう。

猫がネギ類を口にすると、血液に異常をきたし様々な症状を発症します。(ぐったりしたり、嘔吐したりなど。内臓系に影響が大きいです)

ネギ本体だけではなく、ネギの成分が含まれた調味料、スープ・汁類、加工食品なども絶対にダメです。

「猫は肉食らしいから」という安易な気持ちでハンバーグや餃子など、ネギの入った物を食べさせると大変な事になります。絶対にやめておきましょう。

ピックアップ2
▶︎▶︎猫に与えると害のある野菜まとめ

 

チョコレートの類

猫にチョコは危ない

人にとっては甘くて美味しいチョコレート。

危険なイメージはありませんが、こちらも猫には絶対に食べさせてはいけません。

チョコレートには、猫の体内では処理できない「デオプロミン」という物質が入っており、下痢や嘔吐などの症状を引き起こします。

チョコレートは身近で家においてある事の多い食べ物です。

特に子供のいる家庭であれば、間違って猫にあげないようしっかりと言い聞かせておきましょう。

その他、ココア等、カカオ系の成分が含まれている食べ物は全面的にNGです

 

カフェインが入っている物もダメ

猫にとってカフェインはあまりよくな位

人がコーヒーを飲むと頭がキリッとさえ、眠気が消えますよね。

ですが、猫にとっては効き目が強すぎ、痙攣やテンカンなどの神経系の症状を引き起こします。

運が悪いと心不全など命に関わる症状を発症する事もあります。間違ってコーヒーを舐めたりしないよう注意してください。

朝、飲みかけのコーヒーを机の上に置きっ放し、などはやめましょう。

一見刺激のないように感じる紅茶などにも、カフェインが含まれます。カフェインを含む飲み物を床にこぼしたりした場合、すぐに拭き取って猫にぺろぺろされないよう気をつけてあげてください。

ピックアップ2
▶︎▶︎猫に害のある人間の食べ物は?

 

生の魚介類・肉類は全面的にNG

猫にとって、魚や肉は生では改憲

キャットフードの原料である魚や肉類も、家庭で生のまま与えるのは危険です。

魚や肉には、

●加熱しないと猫ちゃんが体調を壊す成分
●下痢や嘔吐につながる菌類

が含まれている事が多いです。

食材の鮮度や種類にもよりますが、食材のプロでもない限り、「どの食材が生で食べさせると猫に悪いか」というのは判断できないはず。

ですので、生の魚介や肉類も食べさせないようにしましょう。

人間でさえ、「大丈夫だ!」と思って食べた牡蠣や生肉で病院に運ばれます。そう考えると、猫にそういったものを食べさせる事のリスクがわかるのではないでしょうか。

自作のご飯を作り慣れているのあれば話は別ですが、そうでないなら、無難にキャットフードのみを食べさせるようにしたいですね。

ピックアップ2
▶︎▶︎猫に与えてはいけない魚類まとめ

▶︎▶︎猫に与えてはいけない肉類まとめ

 

スポンサーリンク

 

ぶどうやレーズン

理由は詳しくわかっていませんが、なぜか猫に食べさせると体調を崩すのがレーズンやブドウです。

食べさせると内臓機能(主に肝臓)にダメージが残り、嘔吐や下痢などの症状を発症します。

危険なイメージはありませんが、レーズン入のお菓子やパン、ブドウジュースなどはいたずらされないよう気をつけた方が良いですね。

 

猫がうっかり口に入れないよう注意!

うっかり食べさせないよう、注意が必要

こちらから猫に与えなくても、猫が勝手に食べてしまう場合もあります。

例えば、

・料理をしていて材料を床に落としていた
・食べこぼしを見つけられてしまった・冷蔵庫が開けっ放しだった
・キッチンに食べ残しを洗わずに置きっ放し

などなど、猫が自分の知らないうちに危ない食べ物を口にしてしまうシーンは多いです。

そういった所まで気をつけてあげるのも飼い主の務めです。自分が食べた物、こぼした物は、すぐに処理するよう心がけましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

こうしてみるとわかりますが、キャットフード以外・人間の食べるような物は与えない・口に入れさせないのが鉄則と言えるでしょう。

ネコちゃんの体調を健やかに保ちたいなら、余計な物は食べさせない。これに尽きます。

ピックアップ2

▶︎▶︎猫が餌を丸呑みしちゃう!噛まないで食べるのには理由がある

▶︎▶︎本当に美味しいの?猫が「猫草」を食べる理由と猫草について

▶︎▶︎実は鈍感!?猫の味覚では「甘味」がほとんどわらかない

▶︎▶︎猫ちゃんが下痢をする。でも元気はある。一体原因は何?

▶︎▶︎今のキャットフードは大丈夫?猫に必要な栄養で考える選び方

 



-猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.