キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫コラム

猫にマイクロチップは必要?費用や登録方法、デメリット等全部まとめ

投稿日:

近年、猫にマイクロチップを埋め込む飼い主さんが少しづつですが増えてきています。

その理由は主に「万が一迷子になったり、帰ってこなかった時のため」というものが多く、猫の身分証明のために埋め込みます。ただ、他の国ほど日本では普及しておらず、猫の体に電子部品のようなものを埋め込むのに抵抗がある方が多いことも確かです。

ここでは、猫にマイクロチップを埋めこもうか迷っている、そもそも何で猫にマイクロチップを埋め込むのか知りたい、という飼い主さんに向けて「猫用マイクロチップ」について詳しくまとめていきます。

猫にマイクロチップを埋め込む意味とは

なぜ、猫の体にマイクロチップを埋め込むのか。これは、猫の身分証として機能させるためです。子供が迷子になって交番に連れてかれると、名前を聞かれたり持ち物についてる名札や住所を元に親御さんへ連絡がいきます。

しかし、猫の場合そうは行きません。首輪に名前や飼い主の住所が書いてあれば良いですが、防犯上住所を記載することに抵抗があったり、そもそも猫は首輪を嫌うことが多いのでつけていないことも多いです。

そんな時にマイクロチップが役立ちます。チップには猫ちゃんの情報が登録されており、万が一保健所などに連れて行かれた際、その情報を読み取ってもらうことで飼い猫であることと飼い主が誰なのかなどをわかってもらう役割を果たしてくれます。人間に例えると、免許証や住民票と同じ、ということです。

海外に猫ちゃんを連れて行く時は、マイクロチップの埋め込みが必須になっています。猫を連れて長期の海外旅行に行く、移住するという方は早めに埋め込んだ方が良いかもしれません。

また、マイクロチップには猫の体温を測る機能が付いています。しかし、日常生活で飼い主が見たり使ったりはしない機能

 

マイクロチップを登録する手順

原則的に、登録や埋め込みはマイクロチップを取り扱っている動物病院で行います。自分では埋め込めません。まずは猫を診察してもらい、埋め込み可能な健康状態かをチェックします。

その後、チップに飼い主さんの名前や連絡先、猫の管理番号を登録。猫ちゃんの体(首周辺・皮膚の下側)に情報を登録したマイクロチップを埋め込みます。

痛さは予防接種などの注射より少し痛いくらいとされていますが、猫ちゃんによっては暴れる場合もあります。もし去勢手術など麻酔をして手術をする機会が近いなら、そのタイミングで一緒に埋め込んでもらう方が猫のストレスも少なく済むかもしれません。(猫ちゃん体調を考えて一緒に埋め込んでくれない動物病院もあります)

埋め込んだらちゃんと情報を読み取れるかどうかを一度テストします。OKであれば情報を集約管理しているAIPOという団体へ登録申請をし、登録完了のハガキが自宅に届けば終了です。

ちなみに、マイクロチップの情報を管理している団体には「AIPO」と「FAM」の二つがありますが、前述のAIPOの方がメジャーで登録されている猫ちゃんの数も多いです。実績や認知度を考えるとAIPO を選択する方が安心かもしれませんね。(FAMがダメということではないです)

そこまで時間が掛かる訳ではありません。動物病院に着いてから待ち時間込みで2時間ほど見て行けば良いでしょう。土日の空き時間で終わらせることができます。

 

どれくらいの費用がかかる?

埋め込み費用はおよそ5000〜6000円ほどが相場です。(高くとも10000円以内で収まります)マイクロチップ自体を別に買う必要はなく、病院には手ぶらで猫ちゃんだけ連れて行けば大丈夫です。費用にはマイクロチップの代金も含まれます。

このほか、前述の「AIPO(アイポ)」に支払う登録手数料というものが1000円ほどかかります。支払い方法は、動物病院からもらえる振込用紙を使うほか、病院によっては登録した情報の送付、支払いを代行してくれる場合もあります。最寄りの動物病院はどのような方法を取っているか、行く前に電話で確認していくとスムーズです。

「埋め込み費用5000〜6000円+登録料1000円」

これが、猫にマイクロチップを埋め込む時に掛かる金額と覚えておきましょう!

 

マイクロチップのデメリットとは

1・マイクロチップは磁気を発するので、MRIで体を診察するときの邪魔になる可能性が0ではありません。首や頭、背中周辺の病気を診察してもらう時、MRIが使えなくなるかもしれないということは頭に置いておきましょう。

2・マイクロチップを扱う団体はいくつかありますが、すべての団体でデータを共有しているわけではありません。もし埋め込んだマイクロチップが最寄りの保健所で読み取れるものではない、別の団体のデータ読み取りのみ対応の場合、猫の情報をその場で照会してもらうことは難しくなります。

3・精密機器ですので、壊れる可能性もあります。皮膚の下で変に割れた場合、猫の皮膚の内側を傷つけてしまう可能性はあります。

4・これが期待してしまいがちなのですが、GPSは搭載していません。そのため、スマホやパソコンなどから居場所を特定することはできません。

5・未だに、マイクロチップを読み取る機械を一つも置いていない保健所もあります。近くの保健所は読み取り装置を置いてるかどうか、埋め込む前に問い合わせてみるのが安心です。都会であれば置いてある場合が多いようです。

6・住所が変わった、猫ちゃんが天国へ行ってしまった時は、登録の変更・削除申請が必要になります。その都度動物病院で申請書を受け取り、書いて届ける必要があります。

まとめ

現在、マイクロチップを埋め込み済みの猫ちゃんは全国に約12万頭超います。かなりの数ですが、それに対してチップに登録された情報を読み取る機会を置いてある保護センターや警察の数は、まだまだ多くはありません。動物病院でさえ、全体の半分以下でしか扱ってないとされています。

マイクロチップは、大切な猫を安心して外に出せるきっかけになるはずです。良い仕組みだけに、対応している施設数がもっと多くなれば良いと思います。国によっては愛猫へのマイクロチップ埋め込みが義務化されている国もあるので、日本も早く追いついてくれることを祈るばかりです。



-猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.