キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫 飼い主 忘れる

猫コラム

猫は飼い主を忘れるの?記憶力よりあなたとの関係が鍵になる

更新日:

猫ちゃんは、恩を感じない・すぐに飼い主を忘れるという話を聞きますが、これは当然、飼い主さんとの関係にもよります。

毎日一緒であれば数年離れていても忘れないでしょうし、会うのが三日に一度で特に仲良くなければ、数ヶ月で記憶からいなくなることもあります。

Ferran Jordà

 

スポンサーリンク

 

猫は、思ってる以上に記憶力の良い動物

人間や猿ほどではありませんが、猫の脳は動物の中でも発達している部類に入ります。餌の時間・場所はもちろん、躾ければちゃんと覚えてくれる事から、「記憶する」事に関してなかなかの能力を持っている事がわかりますね。

特に匂いに関する経験は忘れません。犬とも肩を並べる嗅覚で、いろいろな事を判断し大事な事は記憶していきます。目が良くない分、特にその人の体臭や生活臭で、「誰なのか?」も覚えているとされています。

▶︎猫の記憶力は人間と比べてどれ位?好きな事は忘れない!

 

仲良しの飼い主さんがいなくなると寂しい

毎日一緒にいる人は、姿形、身長・声の高さ、そして匂いでちゃんと覚えています。

特に仲が良く毎日ごはんをくれる人間は猫からしてもとても重要な存在です。その人がいないと生活が成り立たないわけですから、記憶にも「この人は僕の面倒を見てくれる人だ!」と強く残っているはず。

何かしらの事情で一緒に暮らせなくなったとしても、すぐに忘れるなんて事はありません。2年も3年も離れているとさすがに印象が薄れていくようですが、それでも完全には忘れられないのではないでしょうか。

猫にも母性や「寂しい」「誰かと一緒にいたい」という人間と共通する感情があります。仲良しの飼い主さんがいなくなれば、当然寂しい気持ちにもなります。

もし、猫ちゃんにどうしても忘れられたくないのなら、

「日頃から可愛がり、たまには会いに行く」これが良いでしょう。

一度染み付いたあなたとの記憶はそう簡単には忘れません。定期的に会いに行きフラッッシュバックさせると、一生あなたの事を覚えていてくれる可能性はグンと高くなるはずです。

 

スポンサーリンク

 

猫が飼い主の事を忘れるのは....

猫が飼い主の事をぽかんと忘れてしまう原因には

猫との絆が足りなかった
・新しい生活で今より大切にされている
・何年も合わないで過ごす

という物があります。

人間と一緒ですね。今よりも自分が大切にされる場所であれば、新しい人になつきます。その結果、あなたの印象はだんだんと薄れていきます。(猫にとっては幸せです)

逆に、

「猫と仲が良くなかった・もう何年も会っていない・・・」

これなら忘れられても仕方がありません。猫の脳は人間の2歳児と同じくらいの能力がありますが、それでも5年10年と時間が経てば忘れてしまうのもうなづけます。2、3歳位に親と離れ離れになった人間が、親の顔や声を覚えていなくても当然ですよね。それと同じです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

猫が飼い主の事を忘れるか忘れないかは、記憶力よりその人との関係が左右します。記憶力が良い人間だって、あったばかりの人の名前を一回で覚えるのは難しいですよね^^;何度か会って人間関係ができてから初めて、名前と顔をパッと思い出す事が出来るようになります。

猫だってそうです。記憶に強く残るのは、「毎日仲良くしてくれる飼い主さん」か、「自分に意地悪する嫌な人」のどちらかでしょう。

できれば前者のパターンで、なるべく長く猫の記憶に留まりたい物です^^

 



-猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.