キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫の去勢、費用と時期は?

猫コラム

猫ちゃんの去勢手術について・「費用や時期はどうなるの?」

更新日:

男の子の猫ちゃんを飼っていると気になるのが

「去勢って、いつ手術したら良いの?いくらくらいかかるの?」

という事ですよね。「手術」という単語を聞くと、やはり費用や安全性に意識が向くはずです。

ここでは、雄猫の去勢手術に関する事をまとめていきます。オスの子猫を飼っている方、飼い始めた猫のスプレー行為がきになる方の、参考になれば幸いです。

ムギ
意外と気にならないよね。手術の跡。
レオ
手術されたことすら知らなかったじょ!
テン
なんか、喉に管入れられたところから記憶ないお。

 

スポンサーリンク

 

猫ちゃんの去勢手術はいつ行けば良いのか

雄猫の去勢手術は、なるべく早い方が良いです。猫の年齢が若ければ若いほど傷の回復力もあるので、おおよそ生後半年〜1歳くらいまでがベストな時期となります。

この半年〜1歳くらいという時期は、雄猫が発情し始める時期です。

ですので、発情期を迎えて飼い主さん(あなた)が鳴き声やスプレー行為に悩まされたり、猫ちゃん自身にストレスや体への負担をかけないため、この時期に行うのが良いとされています。

反対に早すぎるのもダメらしく、子猫へ負担がかる事も。ですので、特に日本ではこの半年〜1歳というタイミングを推奨しています。(海外、アメリカ等では「もっと早くしても良い」)という意見もあるようですが...)

今、もしあなたがオスの子猫を飼っていて「子供は望まないから去勢したい」と思うなら、近いうちに病院で去勢手術が必要になります。今のうちに、かかりつけの獣医さんに相談しておくと良いでしょう。(大体の場合、去勢手術には予約が必要です)

テン
気づいたら、取られてたお。
ムギ
取られたけど、ぱっと見は前とあんまし変わらないよな。

 

すでに大人の猫ちゃんだった場合は?

「すでに大人の猫(成猫)を去勢したい」

こんな場合もあるでしょう。特に室内でのスプレー行為や鳴き声がひどい場合は、飼い主であるあなたに負担がかかります。早急になんとかしたい!でも、成猫の去勢っていつが良いの?と気になっているのではないでしょうか。

成猫の場合は、10歳までなら手術を受けても大丈夫だと言われています。老猫になってからだと、手術傷の回復が遅いので、できるだけ早めに相談したほうが良いでしょう。

中には

「もう大人だし今更...」

と思う方も多いようです。しかし、拾ってきたり、外に出る猫ちゃんを飼っているなら特に去勢は必須。他の猫との繁殖行為で感染症をもらう可能性もありますので、そこまで歳をとってないなら去勢手術はするべきです。それが猫のためになります。

「大人猫ちゃんでもそこまで老齢じゃないなら去勢手術をすぐしたほうが良い」

ということだけは頭の片隅に置いておきましょう。猫ちゃんに長生きしてほしいなら、なおさらです。

テン
手術は嫌だし病院も嫌いだけど、長生きできるならそっちのほうが良いよな。
レオ
ストレスなく生きられるならそっちのほうが良いじょ!

 

猫の去勢手術、費用はどれくらい掛かる?

一番気になるポイント、肝心の「費用」についてです。

「手術」という響きを聞くとなんとなく「高いんじゃ?」と感じますが、オス猫の去勢手術費用はそこまで高くなく、大体1万〜2万弱くらいが相場です。(管理人は最初知らず、獣医さんに費用を聞いてホッと胸を撫で下ろしました)

入院の必要も薬を飲む必要もありません。多少の出費で、安全に手術を行ってもらえます。

スポンサーリンク

 

保険は使えるのか

猫の去勢・避妊手術は、ペット保険の対象外です。残念ですが、全額負担となります。(追記1:メジャーではない・小さな保険会社では一部負担してくれる場合あり)

ただ、雄猫の場合は幸いなことにそこまで高額ではありません。飲み代や趣味のお金を節約すれば十分事足りるはずですので、ここは愛猫のため。払ってあげましょう。

追記2:

保険は適用されない場合がほとんどですが、市や地域によっては猫の去勢手術に対し助成金が出る場合もあるようです。全ての地域で・とはいかないようですが、一部負担してくれる場合もあるのであなたがお住まいの地域はどうか、確認してみるのも良いと思います。

▶︎猫の去勢手術・助成金について

 

手術といっても、入院するほどではない!

手術といっても、去勢の場合は何日〜何週間も入院するような事はありません。

予約した日に動物病院へ行き、15〜20分ほどの短い手術で終わります。そしてその日にお家へ連れて帰れる場合がほとんどです

まずは午前中に病院へ行き、血液検査をして手術ができるかチェック。OKであれば猫ちゃんを預かってもらい手術。夕方、麻酔が切れた後に迎えに行く。こんな流れで行われます。

場合によっては1日動物病院で安静にしてから、という事もあるようですが、「入院して、経過見て...」こんな心配はありません。

あなたの休日を1日猫ちゃんにあげるだけで済みますので、連れてってあげましょう。

テン
よかったな、即行で帰れるってよ。
ムギ
ならまぁ...受けてやっても良いか...

 

スポンサーリンク

 

まとめ

このように、手術といっても去勢の場合は時間・費用共に大した事はないです。この価格と時間を猫ちゃんに費やしてあげる事で一生を健康に過ごしてもらえるなら、安いものですよね。

あなたの猫ちゃんは、去勢手術をしていますか?まだ子猫だし...もう大人だし...は、手術をしない理由にはなりません。ぜひ去勢手術をしに連れて行ってあげましょう。

テン
僕ら猫は、去勢手術したほうが良いとか悪いとか分からないお。でも、可愛がってくれる飼い主さんとなら健康に、長く生きていきたいと猫は思うんだよな、きっと。手術こわい・かわいそうとか言ってくれるのはそれはそれで嬉しいけど...猫の事思うなら、獣医さんに一回話聞いて見てほしいお。
レオ
珍しく真面目だじょ...さっき冷蔵庫勝手に開けて漁ってたくせに...

 

ムギ
こっちの記事も読んでって欲しいぞ!
▶︎去勢のメリット・デメリット
▶︎去勢の術後について

 



-猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.