キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫コラム

猫ちゃんは人間をどう思っている?猫目線で飼い主はどんな存在か

更新日:

今回は「猫は人間の事をどう思っているか?」というお話です。

「ママだよ〜♡」なんて言ってるそこのあなた、猫の目には別の存在として映っているかもしれませんよ?

Tambako The Jaguar

 

テン
猫・イズ・ゴッドだお!
ムギ
猫 イズ・キング!だぜ!
レオ
猫・イズ・マスター!だじょ!

 

スポンサーリンク

 

その時によって「人間がどんな存在か」は変わる

まず初めに...猫ちゃんは「超気分屋・わがままな生き物」です^^;

こちらが「おいで〜」と言ってもそっぽ向く・かと思いきや、本を読んだり面白いテレビをみてる時に限って視界に入ってきますよね。

猫ちゃんの性格によって差はありますが、基本的に自分主体・わがまま気質で自分が主人公!キング・イズ・俺!な場合が多いです。

それを踏まえて「人間の事をこう思っているかも?」という事をピックアップしていきます。以下のパターンをその場その場ごと、自分の都合の良い存在としてみている可能性があります。

 

人間を大きい猫だと思っている説

人間は、自分の事を「人間だ」と自覚する事ができますよね。そして、猫をみると「猫だ」と思います。

ですが、猫にはそういった概念がないとされています。そのため、目に入る動物は「自分と同じ猫」か「獲物・敵」のどちらかとしか見えてません。そのため、猫よりサイズの大きい飼い主さんは人ではなく「自分より大きい猫」として映っている・こんな説があります。

考えてみたら、これは自然な事ですよね。「動物」や「猫」というのは人間が作った線引きです。猫にはそんなの、わかるはずありません。

ムギ
敵、じゃないよなな...一緒に暮らしてるし、ご飯もくれる。美味しそうでもないから獲物でもない。もしかしてあいつ...サイズが大きめの猫か!?

こんな風に思われても、全く不思議ではないでしょう^^

ちなみに、飼い犬は自分の事を「人間」と思っているようです。これは人間と遊ぶ時と、同じ犬と遊ぶ時とでは対応が違う事が示しています。

猫は人間だろうが猫同士だろうか、相手に対する行動は一緒。この事から、「同じ猫だろ?おまえも。しってるぜ?」という風に決め付けられてる事が伺えます。

 

人間を「しょうがないやつらだにゃ」と思っているかも

人間が思っているより、猫は母性が強く面倒見が良い動物です。そしてその気質は、飼い主である人間に発揮される事もあります。

わかりやすいのが「獲物を飼い主の所に持ってくる」という行動。あれには、

テン
餌狩ってるトコ見た事ないけど、大丈夫なの?代わりに僕がとってきてあげたお!

という「おまえマジしょうがない奴だな」という意味合いがあるそうです。

▶︎「すごいけど怖い!」猫が捕まえた獲物を持ってくる理由とは

また、猫ちゃんが寄ってくると「甘えてるの?」と思う事もありますが、「一緒に寝てやるか...」という母猫が子猫に発揮する母性に似た行動の場合もあります。

ひょっとするとあなたの飼っている猫ちゃんは、あなたの事を「デカイくせに無能・手間のかかる猫だなこいつ!」と思っているかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

決まった時間に餌をくれる「 ご飯マン」と思ってる事も

飼い主との絆によっては、「主」ではなく「ご飯くれるヤツ」程度に感じている場合も^^;

猫は犬とは違い、単独行動を好み主従関係を重視しません。ですので、撫でたり遊んだりしからといって「自分より偉い存在」とは認定してくれないのです。

さらに猫と一緒にいる時間が少ないなら、飼い主を「主」や「親」として見ていなくても不思議はありません。時間になると餌をくれる「ご飯マン」と捉えられている可能性もあるでしょう。

ひょっとすると「自分は神、人間は世話役」くらいに思っているかも、しれません....

 

人ではなく「自分の所有物」として認識している?

猫は自分の体をすりすりしてくる事がありますが、あれには「マーキング」の意味もあるようです。体から出る自分の体臭を「これは俺のだ!」と主張するためになすり付けている・というわけです。

人間はペットに「これは私の猫!」と分かるように首輪をつけますよね。あれと同じで「こいつは俺のだ!」という意味で匂いをつけているのでは?という説もあるようです。

猫に「ペット」という概念はもちろんありませんが、このアクションは「好意」や「どこにもいって欲しくない」という気持ちの表れである事が多いようです^^

 

兄弟・遊び仲間として捉えらてる事も

手を甘噛みしたり、突然手で飼い主をかまってくる。これは「遊べ!おら!」という心の表れでもあります。

猫は、兄弟同士のじゃれあいで狩りや喧嘩の仕方を覚えます。もし猫からの「かまって攻撃」が多いなら、あなたの事を「兄弟だろ!早く遊ぼうぜ!」なんて思ってるかもしれません。

もちろん、大切な存在と捉えられている事もある。

飼い主を飼い主、人間と捉えていなくても、ちゃんと可愛がってて大切に育てれば「家族」「親」として認定される事もあります^^

特に、自分が帰ってきたらお迎えをしてくれる・一緒に寝てくれる・顔や手をぺろぺろしてくれる...こんな事が多いなら、飼い主の事を「大切な存在」「親」と捉えていると言えます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

親・兄弟・物・世話役・デカい猫・しょうがないヤツ....

と、ここまで見てもらえれば分かるように人間を「飼い主」という目では見てくれないのが、猫ちゃんという生き物です^^;

上記のパターンを、自分の都合の良い感じで使い分けています。

寂しい時→親だと思って甘えてくる
餌がほしい時→「ほら担当!ご飯早く!」と鳴く
遊びたい時→兄弟と捉えて甘噛みして催促する
よその匂いがついた時→俺のものだ!と匂いを付け直す
獲物を見つけた時→ダメなやつ扱いで獲物を目の前に持ってくる
どんな時も人間を「大きめの猫」と思ってる

「わがままキャット」なんて言葉がありますが、猫自体が「わがまま」という言葉を具現化したような生き物ですよね^^;もし人間でこんな人がいたら、仕事は干される・飲み会にも呼ばれないと思います。

これが許されるのは、「猫ちゃんが可愛くてツンデレだから」でしょうか。時にはイラッとさせられますが、どうしても責められないのはやっぱり可愛さのせいですよね....

犬を飼う感覚で飼うと、間違いなく「このやろ!」と思うシーンが多いのは確かです。猫を飼うなら、敬われる・尊敬される・なんて期待してはいけない!という事ですね^^;



-猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.