一人暮らしの方向け、猫の飼い方

猫の飼い方:一人暮らしの方が必ず抑えるべきポイント11個

ここでは

「一人暮らしだけど猫を飼いたい!」

という方に向けて、猫を飼う時のポイント・注意点をまとめていきます。

知らないと、猫に迷惑をかけることもあります。猫を飼うために必要な最低限の事を抑え、体調を崩さないよう気をつけるのが当たりまえです。

素敵なキャットライフを送れるよう、がんばりましょう!

Photo by Sercan Engin

テン
一人暮らしの方が猫を飼う・これって、結構大変な事の連続だと思うお。僕らは、あなたが想像している以上にめんどくさい生き物だお。
ムギ
最低でもここに書いてある事くらいは、当たりまえにできないと猫とはやってけないぜ!
レオ
ぶっちゃけ、猫を飼うと家の中の主人公はあなたじゃなくて猫ちゃんになるじょ。特に子猫なら、なおさらだじょ!

 

スポンサーリンク

 

基本、ご飯は出かける前・帰ってきた後に

猫ちゃんを育てる上で最重要な「ご飯」ですが、一人暮らしなら1日二回、朝と夜に与えるようにしましょう。朝はなにかと忙しいと思います。用意〜食べ終わるのを見届けるために、今までより早起きする必要がありますね。

子猫だと、本当は3〜4回に分けて与えるのがベスト。ですので、自動餌供給機を飼って、指定した時間に食べてもらえるようにすると最高です。また、夜勤やシフトのせいであなたの生活が不規則・餌を与える時間にばらつきがでそうなら、餌供給機は必須になるかもしれません。

猫にも人間と同じく体内時計があります。規則的な食事をさせて、健康状態を保たせてあげましょう。

レオ
お腹がすくと、食べれそうなものを探してゴミ箱とか三角コーナーを荒らす猫ちゃんもいるじょ!
ムギ
お前だろ、それ。

 

飲み水は「常に新鮮」がベスト

猫は、汚い・古い水は飲みません

あなたが「まだ入ってるな….大丈夫か。」と思った時点でもう遅いくらいで、その時にはすでに

ムギ
水汚いな,,,さっさと新しくしてほしい!

と猫に思われています。朝家を出る前に変えた水は。夜にはもう飲み水とはみなされません。それくらい、猫は飲み水にうるさいです。ですので、「水皿を目にした時が水の替え時」くらいの感覚がちょうど良いですね。

また、「ピュアクリスタル」などのフィルター付き猫用給水機を導入するのも良いです。猫は動かない水より、動きのある・流れている水を好みます。これらの機械は、常に新しくてキレイなお水を、動かしながら与えてくれます。

猫は水分不足が続くと病気になりやすいです。健康維持のため、水は常に新鮮・清潔に保ってあげましょう!

テン
ちょっとでも古くなったら、もう飲まないお。さっさと水変えてほしいお!

 

ご飯は妥協なく選ぶのがおすすめ

猫の餌は、多少高くても妥協なく良いものを選んであげてください。

CMやペットショップでは安くてパッケージデザインの良いキャットフードをよく見ますが、あれらの物の中には猫にとって良くない材料で作られた物もたくさんあります。聞いたことのある有名メーカーの物でも、材料を見ると

「こんな物、猫に食わせられるか!」

何て商品も全く珍しくありません。食事は猫ちゃんの体調に直結しますので、ちゃんとした物を食べさせてあげましょう。安い物は大体、猫の体に最適とは言えません。

できれば猫ご飯についてしっかりと情報を仕入れてから、キャットフードを選ぶようすると良いですね。

また、猫ちゃんはとっても餌の匂いに敏感です。餌が変わった・ちょっとでも気に食わないとお腹を空いてても口をつけないことがあります。

レオ
匂いが気に食わないと、食べないじょ!

こればかりは根気良く、あなたの猫が気に入るご飯を探すしかないです。

【関連】
▶︎子猫が食欲不振に…元気はあるのにご飯を食べない理由は?

▶︎今のキャットフードは大丈夫?猫に必要な栄養で考える選び方

 

スポンサーリンク

 

近くの動物病院をあらかじめチェックしておく

「猫ちゃんが体調不良に….」

こんな場合に備え、近くに動物病院はどこにあるか・は、必ず確認しておきましょう。人間と違い、猫は一人で病院にはいけません。あなたが帰ってきて猫の様子がおかしかったら、すぐに病院へ連れていく必要がありますよ!

特に一人暮らしだと、他に助けてくれる人もいません。あなたが帰ってきて異常を感じた時には、苦しみだしてから何時間も経っている・という状態かもしれませんよね?猫からしてみると「早く助けて!」という気持ちでしょう。

「ちょっとくらい大丈夫だろ!」「獣だし、人間より丈夫では?」

決してそんなことはありません。むしろ、猫の方が病気の進行は早いです。放っておくと命に関わる場合もあります。いつもと違う・ここ、なんかおかしくない?と思ったら、速攻で病院へGOです。

ムギ
下痢とかは、結構すぐなるぜ!お腹に虫がいることも多いぜ!

「検査の結果、病院に週一で通う事になった」

こんな事も珍しくありません。病院代もバカになりませんので、自分のため・猫のためにもペット保険には必ず入る事をおすすめします。

 

遊び場の確保は絶対必要

一人暮らし・ということは、部屋が3つも4つもあるわけではないはず。猫にとっては少し手狭な物件に住んでいる方がほとんどだと思います。

ですが、猫ちゃんは、とっても活発な生き物です。

遊ぶスペースがないとストレスを溜め込むことになりますので、キャットタワーやおもちゃは必須アイテムになります。特にキャットタワーは、限られたスペースで猫ちゃんを遊ばせるには最適。一人暮らしのお部屋でも、運動量を確保することができるでしょう。

また、「勝手に動く系おもちゃ」もおすすめ。猫ちゃんが一人の時、退屈せずに済みます。

関連▶︎猫のケージ飼いはかわいそう?ストレス対策だけは忘れずに!

テン
猫にとって単身用の部屋は狭いお。せめて遊ぶ環境くらいは整えてほしいお。

 

「やばい物」をいたずらされないように!

猫を飼って一番悩まされるのが「いたずら」です。一人暮らしの場合、常に猫ちゃんを見張っていられるわけでもないですよね?特にはじめのうちは、

「帰って着たら、なんかしら荒らされてる・壊されてる」

くらいに思った方が良いです。管理人も最初、想像異常に荒されてメンタルをやられた記憶があります。

ですので、壊されたくない物・いたずらされたくない物は必ず猫の目や手が届かないよう工夫しましょう。出しっぱの物は、猫に「あげるよ!」と言ってるような物です。いじられたらやばい物は隠すようにした方が良いですよ!

ちなみに我が家で壊された、最悪な状態になった物は以下の通り。

・一万円のヘッドフォンがコードを噛まれ再起不能に
・お醤油入れ・帰ってきたら倒され机が醤油まみれに…
・コップ・なぎ倒され粉々に
・生ゴミ・三角コーナーから盗んだ模様。その後下痢。
・冷凍庫・勝手に開けた模様・帰ってきたら肉が全て溶けてた。

正直この3倍くらい色々ありましたが、書ききれませんので割愛します…

〜三角コーナーや食器は綺麗に・棚や机の上に極力物を置かない〜

これが猫を飼う時の基本になります。抑えるようにしましょう。

さもないと、とんでもないことになります^^;(震)

ムギ
猫のいたずらを侮るなよ….
レオ
あなたが「そんなことまで!?」と思うことも、猫はやるんだじょ!

 

戸締りにも細心の注意を

戸締りには注意が必要です。

猫は、あなたがドアノブを掴んでドアを開けるのを見ています。賢い子だと真似して開けることもあるので、しっかりと鍵をかけて出かけましょう。

逆に「入ったけど出られない…」こんな事もあります。例えばお風呂場。スルッと忍び込んだはいいけど、出れなくなった。こんな事もあります^^;半開きの場所がないか、確認はしっかりと。

窓にも注意が必要です。「大丈夫だろ」と思っていても脱走されることがあります。鍵をしっかりかけましょう。

室内飼いの猫ちゃんにとって、外は危険でいっぱいです。勝手に外に出て事故に巻き込まれないよう、戸締りは必ずチェックしてから出かけてください。さもないと

「帰ってきたら猫ちゃんがいない,,,,」

何てことも起こりえます。他に面倒を見てくれる方がいないからこそ、猫の行動はしっかりと制御する必要があります。

〜キャットタワーやおもちゃのある部屋以外にはいかないようにする〜

これが守れれば、まず安全です!

ムギ
一回風呂からでれなくなって焦ったぜ…たまたま主様がいたから良かったけど。

 

旅行や外泊時には…

一人暮らしの場合、猫の面倒を見れるのはあなただけ。

ですので長期の外泊や旅行の時は、猫を他の方に見ていてもらうか、ペットホテルに預けることになります。

人に預ける場合、餌の時間や遊び方、その他いたずら・脱走を防ぐための注意点を細かく説明しましょう。いざという時のためにマニュアルを書いて渡すと、あなたも預かってくれる人も安心です。

ペットホテルは、ペットシッターや動物病院の方が面倒を見てくれます。専門家の方が様子を見ててくれるので、こちらの方が安全かもしれませんね。

ただし、料金が1日2500〜5000円ほどかかります。例えば3泊4日の旅行に行く場合、預かってもらう4日間分、約1〜2万円くらいかかる事に。

「一人暮らしで猫を飼う」と言う事は、外泊や旅行が今まで通り気軽には出来ない・という事。お留守番してくれる猫ちゃんの事も、考えてあげる必要がありますよ!

テン
旅行中は、ご飯もトイレもだれも面倒みてくれないお。しっかり準備してからいってきてほしいお。

 

「しつけ」には注力すべし!

あなたが仕事の間、だれも猫ちゃんの事を見てはくれません。

ですので、留守中なるべく悪い事をしないよう「しつけ」が大事になります。しつけがうまくいくと、あなたも楽ですし猫ちゃんも怪我や病気を避けられる事につながります。

▶︎【猫のしつけ方法】言う事を聞かせるにはどうしたら良いの

▶︎【猫のしつけ】愛猫を叩くのはNG!嫌われる事に繋がります

▶︎【猫のトイレのしつけ方】・正しい覚えさせ方・注意点まとめ

叩くのはダメですが、甘やかしすぎもよくありません。猫ちゃんも忍耐強くしつければちゃんとわかってくれます。お留守番もこなせる「できる猫ちゃん」を目指しましょう!

 

一人暮らしなら去勢・避妊手術は必須だと思う

去勢・避妊手術には病気防止・寿命が長くなりやすくなるメリットがあります。また、夜泣きやスプレー行為など、しつけではどうしようもない困った行動を無くす事ができます。

一人暮らしという事は、賃貸の場合がほとんどですよね?

夜泣きは近所迷惑・スプレー行為は部屋に匂いが染みつきます。あなたのため・猫のためにも…去勢・避妊手術は確実にしておきましょう。

▶︎猫ちゃんの去勢手術について・「費用や時期はどうなるの?」

 

一緒にいる時は猫が疲れるまで遊んであげて!

「朝から夜までお仕事をして帰って来る」
「帰ってきたらご飯・お風呂・歯磨きを済ませて寝る」
「朝はギリギリまで寝て、急いで会社にいく」

一人暮らしの方のライフスタイルは、大体こんな感じですよね?そう、実は一緒に住んでいても猫と触れ合える時間はそんなに多くはありません。猫ちゃんは大半の時間を、あなたを待ちながら一人で過ごしています。

ですので、帰ってきたら思う存分遊んであげましょう。猫の一生は、人間と比べて短いです。その短い一生を共に過ごさせてもらうからこそ、あなたが猫ちゃんをしっかり楽しませてあげる必要があります

もし、あなたの猫ちゃんが専業主婦や定年退職したおじいちゃんの家に飼われていたら、朝から夜寝るまで誰かと過ごせたはず。

一人暮らし」という事は、そういう人達とくらべ、猫ちゃんに寂しい思いをさせる・ということです。

だからこそ、疲れていても、忙しくても、猫ちゃんと遊んであげてください。人生が一度しか無いのは、猫ちゃんもあなたも同じ。お互い最後まで良いパートナーでいられるよう、猫ちゃんとの時間はあなたがちゃんと確保しましょう。

ムギ
一緒に人生を歩むんだ。ちゃんと遊んでくれよな!
レオ
猫ちゃんはみんな、飼い主さんが帰って来るのを待ってるんだじょ!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、一人暮らしの方が猫を飼う時に気をつける事をまとめさせていただきました。最初のうちは、苦労の連続です。一人暮らしだと他に面倒を見てくれる方もいないので、大変な事も多いでしょう。

ただ、一人暮らしだからこそ猫ちゃんからほっこりしたエネルギーを貰える事にありがたみを感じます。

特に自分が辛い時、猫ちゃんがいるだけで癒される事も多いです。長く一緒にいると、本当の家族のような存在になってきます。

そんな猫ちゃんが幸せに・長生きしてもらえるようアレコレ頑張るのは、飼い主さんの義務です。猫の人間もお互い支えあって長い人生生きて行く事になります。猫ちゃんに癒されてる分、面倒はきっちり見てあげてくださいね^^

▶︎猫って外で何をしているの?私達が知らニャい猫の日常行動

同じ「猫コラム」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. これを食べたら、 猫はお腹を壊す

    猫に食べさせてはいけない!害のある食べ物まとめ

    「これくらい大丈夫か!」「欲しがってるし、ちょっとくらい良いよね」と思ってしまいがち…
  2. キャットフードの原材料について

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選

    CMや猫雑誌の広告、スーパーの陳列棚などに並んでいるキャットフードは「人気なの?」「なんか猫が喜びそ…
  3. 安いキャットフードを猫好きな人におすすめ出来ない理由8つ

    「キャットフード」と検索すると「安い おすすめ」や「市販 安全」などのキーワードも一緒に出てきますよ…
  4. キャットフードはどれくらい与えるのか

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ

    愛猫にご飯をあげるときに思うのが「餌の量はこれで本当に良いのか?」「これで健康的に過ごせるのか?」と…
  5. キャットフード グレインフリー

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット

    「猫のために、健康に良いキャットフードを買ってあげたい!」「安いキャットフードを食べさせ続け…

猫コラム

  1. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…
  2. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方