猫の聴覚は半端じゃない!犬や人間の聴力の約2〜3倍もある

今回は、猫の聴覚についてのお話です。

あの可愛い耳は、飾りではありません。人間どころか、犬をも凌ぐ優秀な「集音アンテナ」なのです。あなたの猫ちゃんも、あなたの知らない音をたくさん聞き取っている事でしょう…

Olivier Noirhomme

ムギ
むむ!なんだこの音は!
レオ
きっと主様が帰ってきた音だじょ!
テン
玄関前で待機だお!お出迎えするお!

猫の聴覚は人の3倍・犬の2倍もある

嗅覚は犬に少し劣る猫ですが、聴覚は犬の二倍も優れているとされています。特に高い音を聞き分ける能力がすごく、犬の耳で感じられる音の高さが約40キロヘルツに対し猫は約80キロヘルツの高音まで捉える事ができます。

これは、猫の獲物であるネズミを捉えるために進化したという説が有力です。

ネズミの鳴き声は30~90キロヘルツとかなり高いです。このネズミの鳴き声を感じながら狩りがちゃんと出来るよう、猫の耳は高く聞き取りにくい音も感じられるように進化を遂げたとされています。

ちなみに…人間が聞き取れる音の高さは頑張っても20キロヘルツぐらい。猫の足元にも及びませんね。どんなに耳を澄ましても、床下に隠れてるネズミの小さな鳴き声は聞き取る事はできなさそうです^^;

 

その鋭い聴力で、獲物を探している

猫の聴力と耳の形は、狩りをするのに最適です。音をキャッチするアンテナのような役割を果たし、反響した音で獲物がどこにいるかを特定できます。

狩りの時は鋭い聴力と、風向きを図るヒゲ・匂いに敏感な嗅覚を用いて獲物へと忍び寄るのです。目が人間ほど良くない分、聴力をはじめとした他の器官が発達しています。

猫ちゃんと一緒に住んでいると「あれ、なんか耳がピクピク動いてない?」こんな事もありますよね?これは、人間には聞こえない細かい音を聞いているサイン。

ムギ
この音….一体なんだ!?

と、音源の正体・音源との距離を反射的に調べているのです。

 

暗闇でも猫の聴覚は大活躍

暗闇では、獲物を目で捉え切るのが難しいです。そんな時も前述のように音で獲物との距離を計算します。

猫の獲物である小動物は、夜行性の場合がほとんど。そのため、夜でも獲物との距離を正確に計れるよう、聴覚が他の動物より優れていると考えられています。

猫のご先祖様は、森に長い間住んでいました。光のない夜、木の葉の音や風の音にまどわされず、獲物の音だけを聞き分ける…こんな生活をしていたのです。

聴覚が半端じゃなく優れているのにも納得がいきますね。

レオ
でも、家ん中だと敵も獲物もいないから宝の持ち腐れだじょ…

 

すごすぎる聴力で、あなたが帰ってくるのを察知している

とはいえ、今あなたと一緒に家の中で過ごす猫ちゃんは、その優秀な聴力を発揮する機会がほとんどありません。

ご飯はあなたが食べさせてくれます。天敵も、獲物もいません。ひょっとしたら、もう何十年かすると家猫の聴力も落ちてくるかもしないですね^^;

おそらく、家猫ちゃんが鋭い聴力を最も発揮するのは…あなたが家に帰ってくる直前ではないでしょうか。

「あれ?ドアの前で待っててくれたの?」

猫ちゃんが「おかえり!」と待っててくれる事がありますが、これも鋭い聴力のおかげ。

個体差はありますが、家に近づく飼い主の足音を聞き分け、あなたが家に入ってくる1分くらい前にはドアの前で待機してます。特に飼い主さんが大好きな猫ちゃんは、「おかえり」をしてくれる事が多いですよね。

本来の役割とはちょっと違いますが、こんな使い方をしてくれるのは飼い主にとって嬉しい瞬間です。

テン
結局、こんな事くらいにしか使い道ないんだお。

まとめ

猫の聴力は犬の2倍・人の3倍以上
獲物を狩るために聴力がすざまじく進化した
聴覚を使って、暗闇でも相手の位置を把握できる
ご先祖様の生活環境がすごい聴力のルーツ
家猫が聴力を発揮するのは「おかえり!」の時くらいかも

以上、猫の聴覚についてまとめてみました。

ちなみに高い音に限って言えば、音の微妙な高低まで感じ取る事ができます。もし猫の聴覚を持つ人間がいたら…音楽史に名を残すかもしれません。それくらい、猫の聴覚はすごいのです。

猫ちゃんが耳を「ピクッ!」とさせたら…何かが近くにいる!のかもしれませんよ?^^

また、猫の耳は良いだけではありません。感情を表すパロメーターにもなっています。以下の記事で触れていますので、こちらもあわせてどうぞ^^

▶︎猫は耳に感情が現れる!耳を見ると猫の気持ちが分かるかも

▶︎猫の嫌いな音をしつけで活用!やり方・注意点まとめ

同じ「猫コラム」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?

    プレミアムキャットフードや下部尿路疾患の猫に向けて開発されているキャットフードの原材料欄を見ると「ク…
  2. グレインフリー キャットフード ランキング

    グレインフリーとは?穀物不使用キャットフードが人気の理由

    グレインフリーのキャットフードが近年、猫好きの飼い主さんに人気です。猫の健康を真剣に考えて作…
  3. これを食べたら、 猫はお腹を壊す

    猫に食べさせてはいけない!害のある食べ物まとめ

    「これくらい大丈夫か!」「欲しがってるし、ちょっとくらい良いよね」と思ってしまいがち…
  4. キャットフードの怖い話・「家禽ミール」や「4Dミート」の正体

    皆さんは、キャットフードを 選ぶ時パッケージ裏の「成分表」を見て選んでいますか?成分表を見ればそのキ…
  5. 猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない

    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、なんかお口臭くないかい?」今回は「…

猫コラム

  1. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…
  2. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方