知っておきたい、季節ごとに変わる猫(子猫)のケア方法・注意点

このページでは夏と冬、特に気をつけてあげたいことについてまとめています。

暑さや寒さの影響を受けるのは、猫も一緒です。

最低限の知識を持って上で、気をつけてみてあげましょう。

 

寒い冬、猫にしてあげる事

猫 冬

まずは、冬のケア、注意点からご紹介。

気温の低さもそうですが、あのカサカサ乾燥は猫にとってもあまり良くないといえるでしょう。

 

暖房は必須だけれども…

寒い冬は、こたつやペット用の暖房は必須です。しかし、暑すぎと低温火傷と起こしたりします。

また、夏場はなかった電源類が増え(いろいろな暖房器具があるお家は特に注意)、コードから感電する危険度も上がります。

一番良いのは、電源コードに頼らない保温グッズを使うことですね。

暑すぎない湯たんぽを用意するなどして、工夫してみましょう。お湯を入れるのが面倒ですが、安全かつ「付けっぱなし」もないので、結果的にエコになります。

また、いくら猫が寒がりだからといって、家中の温度が熱いのは考えものです。

熱いと、今度は脱水症状や体温調節がうまくいかなくなる可能性も出てきます、ですので、暖房が弱い、もしくは切ってある涼しめの部屋があると最高です。

人が「寒い..」と感じ暖房をガンガンかけていても、猫にとっては熱い。こんな時、涼しい部屋に避難できれば、猫の快適なはずです。

特に生まれて日が浅い子猫の場合、好奇心が勝ってしまうせいで火傷や感電の危険があります。

暖房器具に子猫が近づいたら、注意してみてあげましょう。(暖房器具を、ファンヒーターにするなど危険度を下げても良いかもしれませんね)

 

尿路系の病気に注意

部屋の中が乾燥して、体の水分量が下がりやすいのが冬。

猫も夏に比べて「熱い、水が飲みたい」と思うことが少なくなります。

こうなると、尿が必要な分作り出されなくなり、おしっこが濃くなってしまいます。最悪のばあい、結石の原因になることだってあります。

そうならないように、猫がお水を飲みやすい環境にするのが大事ですね。

CHECK!

水飲み場を増やす
流れるタイプの水にして、「飲みたい」という欲求を掻き立てる

猫は流れて動く水に興味を持つ習性があるので、特に流水装置は効果が期待できます。水皿を増やしてもなかなか飲んでくれない場合。または、以前泌尿器系の病気にかかった猫を糧いる場合は、ピュアクリスタルなどの給水器がオススメです。

matome point

室内の暖房器具に注意
飲み水に工夫をする

 

夏は注意する事が多い!

猫 夏

夏は、冬よりもさらに注意しなくてはならない事が多いです。

 

キャットフードの管理に注意!

夏場はご存知の通り、食べ物が痛みやすい季節。そしてこれは、キャットフードにも当てはまります。

ドライフードはカリカリしていて腐るイメージはありませんが、しっかりと劣化していきます。

置き場所は直射日光が当たらないところにする他、乾燥剤などを使ってパッケージ内の湿度を下げる。こんな工夫も必要になります。

また、 ウェットフードには特に注意です。ドライフードと比べ水分量が多いため、ちょっと出しっぱなしにしただけでも腐りかけます。

食中毒や下痢の原因になるので、ウェットフードの置きっ放しには注意しましょう。

 

エアコンの使いすぎは….

猫は、人間と比べて

「ちょうど良い気温だな」

と感じる気温が高いです。約26〜28度くらいだと言われていますので、人間基準の「涼しい設定」では、少々寒いことがわかりますね。

仕事や外出で家を開ける時は、エアコンの温度はそれくらいにしていきましょう。

寒すぎると下痢や食欲不振になることもあります。特にクーラーの風が下向きになっていると危険です。暖かい風は上に登るため、猫の体が近い床付近はゲキサム状態になることも。(クーラーの使いすぎで、床が冷たくなる。あの感覚で過ごすと、夏場でも鼻水が出る。こんな思いを、猫にさせることになるます)

 

お水は年中大事

冬場は乾燥で、夏場は暑さ対策として水分補給が大切です。

冬との違いは、菌の繁殖のスピードですね。乾燥していた寒い時期よりも、こまめに水を取り替えて、容器は清潔にする必要があるでしょう。

また、ろ過機能つきの流水器でも注意が必要です。冬場より雑菌が繁殖しやすいので

気がついたら、数日経たないうちにフィルターにカビが」

こんなことも起こります。基本はそこまで手入れが面倒ではないピュアクリスタルなども、夏場、特に6〜8月くらいは、毎日お掃除すると良いでしょう。

 

自分で体温調節が出来るように

冬に涼しい場所を用意するように、夏場も、暖かい場所が必要です。

クーラーのかかり過ぎで体を壊さないよう、注意。

暖かい材質でできた隠れ家や、冷房の入っていない部屋へ自由に行き来できるなど、「夏の寒さ対策」も頭に入れておきたいですね。

また、室内の温度が時間によって無駄に上がり下がりを繰り返さないようにもしておきましょう。

遮光のロールカーテンなどを使うと、日中でも急激に部屋の中が熱くなることはありません。

 

猫も夏場は熱中症になる

あまりにも気温差が激しかったり、とにかく部屋の中が暑かったりすると、猫も熱中症や夏バテを起こします。

ご飯を食べなくなったり、水を飲まなくなったりなどですね。こうなると、他の病気を併発する可能性もあるので「たかが夏バテや熱中症」では済まされません。いつもと比べて様子がおかしかったら、すかさず獣医さんに診てもらいましょう。

猫はもともと、汗をかきにくい生き物。そのため、からなの中の熱を外に出すのがあまり得意ではないのです。

暑い時期は、

CHECK!

ちゃんとキャットフードを食べているか
水をいつも通り飲んでいるか

この二点に注意です。

 

⬇︎合わせて読みたい記事

%e3%81%82%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%99

 

同じ「未分類」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. 猫餌回数時間

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!

    猫にご飯を与える場合、与える量や回数をその猫ちゃんの年齢によって変える必要があります。ここでは、正し…
  2. 安いキャットフードを猫好きな人におすすめ出来ない理由8つ

    「キャットフード」と検索すると「安い おすすめ」や「市販 安全」などのキーワードも一緒に出てきますよ…
  3. キャットフードの怖い話・「家禽ミール」や「4Dミート」の正体

    皆さんは、キャットフードを 選ぶ時パッケージ裏の「成分表」を見て選んでいますか?成分表を見ればそのキ…
  4. キャットフード グレインフリー

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット

    「猫のために、健康に良いキャットフードを買ってあげたい!」「安いキャットフードを食べさせ続け…
  5. 猫が餌を吐く原因は何?毎日吐くなら病気を疑ったほうが良い

    猫ちゃんが食べた物や胃液を吐く所を見ると、とっても心配になりますよね。毛玉を月に1、2回程度…

猫コラム

  1. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…
  2. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方