キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード

歯磨きキャットフード【スマック】の口コミ評判&成分・原材料の安全性まとめ

更新日:

メジャーなキャットフードの一つであるスマック。

安さと「歯磨き効果」が期待されることで、食べさせている飼い主さんも多いようですね。一体どんなキャットフードなのでしょうか。

ここでは、キャットフード「スマック」の口コミ評判や原材料の安全性をまとめています。

キャットフード選びの参考として、ご活用ください。

 

スポンサーリンク

 

今回解析したキャットフード「スマック」の概要

キャネット キャットフード 評判

出典:Amazon

販売元  株式会社スマック
原産国  国産(日本)
メイン材料  トウモロコシ・小麦粉などの穀物
着色料の有無  使用している
ラインナップ  年齢別に12種類
健康管理のしやすさ  療法食やダイエット用などは無し
主な購入方法  スーパー、ネット通販
価格(約)/2.2kg ¥800~(楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
価格/一日(約) ¥25〜¥55 (一匹あたり)

スマックは、実は歴史の長いキャットフードで、30年以上もペットフードを作り続けているブランド。

健康管理用のラインナップはありませんが、嗜好別、全年齢対応のキャットフードなどを揃えています。

粒が大きい方で、しっかり噛むことによる「歯磨き効果」を狙ったキャットフードでもありますね。

では、スマックの口コミ評判はどうなっているのでしょうか。詳しく見てきましょう。

「スマック」の口コミ評判まとめ

・良い口コミ

いつも美味しそうに食べています~軽い食感が好きなのかなと思います。

皆カリカリ音たてて食べてます
一袋づつ個別に袋に入っているので、湿気なくて安心です。袋から出してお皿に入れたら6ニャン皆集まってきて美味しそうにカリカリ言わせて食べてます。

食い付きかなり良いです。毛玉に配慮し有るので
皆あまり吐かなくなりました。

・微妙な口コミ

お友達に分けて頂いたら食いつきが良かったので切り替えましたが、半年後に血尿が出ました…。(3歳のメスです)

直ぐに動物病院に連れて行き尿検査したところ結石が出てました。
フードに原因があるということで、現在は先生の勧めもあり全員にロイヤルカナンの療養食を与えています。

こちらのフードだけが悪いとは申しませんが、安いフードはやはりリスキーかと…。

このエサに変えてからすぐ便秘や下痢が多くなり血尿が出て動物病院へ・・(オス猫)。便も少し臭くなりました。
メス猫には特に何もなかったのですが、添加物多めでよくないと動物病院で言われたのでPROPACに戻し、オス2匹はロイヤルカナンのPHコントロールにしました。それからは病気もなく健康に育ってます。

まず、食いつきに関してはほとんどが高評価で、「食べてくれる」「おいしそう」と言った口コミがほとんどです。

ただ、結石や尿路疾患が出るというコメントもちらほら見かけますね。

特に去勢した雄猫に与える場合は、よく考えた方が良いでしょう。(マグネシウムが他のキャットフードと比べると高い傾向にある)

では、スマックにはどのような原材料が使われているのか、細かくチェックしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「スマック」の原材料:成分表をチェック

ここではスマックの「かつお味」を例に挙げています。

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉)、肉類(チキンミール、ポークミール、ミートミール)、豆類(乾燥おから、脱脂大豆等)、魚介類 (フィッシュミール、かつおエキス、フィッシュパウダー)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂)、植物発酵抽出エキス、ミネラル類(カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、、葉酸、コリン)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、着色料(赤色102号、黄色4号)

スマック 成分表

穀物の質・有無

・良くないものを使用

本来は肉食である猫にとって、キャットフードの主原料はタンパク質であるべきです。

ですが、スマックに使われている主原料はトウモロコシや小麦など、アレルギーや下痢の原因となるもので構成されています。

すでにアレルギー症状がある猫や、消化器官がデリケートな猫ちゃんは注意が必要です。

(穀物の中でも米や玄米、大麦などであればまだ良いですが、原材料には見当たりません。)

たんぱく質の配合量と質

・質は良いとは言えない

主原料が小麦粉な上、使用されているタンパク質は4Dミートの疑いのあるミール類が使用されています。

特に、「ポークミール」は豚肉アレルギーの元に、ミートミールは何の肉を細かくしたのかわからない不透明な原材料です。

こういった肉は消化吸収が正規の肉より悪く、口臭の原因になるとされています。

健康を気遣う飼い主さんは、避けたほうが良いかもしれませんね。

油脂の質

・表記が曖昧

「動物性油脂」とありますが、これは何の動物の油脂かわからない代物です。

また、酸化が早いため強力な酸化防止剤が使用されている可能性もあります。
(そして、国産キャットフードの場合、油脂に対して使われた酸化防止剤は表記の義務がない)

すべての動物性油脂が「ダメ」ということでもないですが、あまり質の良い原材料ではない。これは間違いないです。

着色料・保存料

・使用している。

ラインナップにより使用している着色料の数は異なりますが、2〜4種類、合成着色料を使用しています。

猫は、色の変化で食欲が増したり、好き嫌いを決めない動物です
(そもそも色を見分ける能力が弱い)

この着色は飼い主さんに向けてアピールするためのものであって、猫のためのものではありません。

ものにもよりますが、この手の着色料はガンの原因になるとされています。できるだけ入っていない方が望ましいです。

その他の留意事項

・カロリーは低め

スマックのキャットフードは、全体を通してカロリーが低い傾向にあります。

キャットフード「スマック」の総合評価

キャットフードランク1 キャットフード スマック 評判 口コミ 原材料

(15/50点満点)

・アレルギーや下痢の元となる穀物を使用。肉は4Dミートの疑いありと、原材料の質は決して高くありません。

健康管理ができるのか、疑問が残ります。

・粒が大きめに設定されているドライフードのため、噛むことによる歯磨き効果アリとの事。

ただし、4Dミートや着色料などは、歯周病や口臭の元となる場合もあります。

・カロリーが抑えめでヘルシーではありますが、その分タンパク含有量も低めです。

全年齢対応のキャットフードですが、子猫の発育を助けるレベルなのか、微妙なところです。

・食いつき関しては口コミ評価が高め。

しかし、低評価の中に「結石ができた」というコメントが他のキャットフードよりも多いです。特に去勢した雄猫ちゃんには注意が必要でしょう。

スポンサーリンク

 

キャットフード「スマック」まとめ

全体的に見ると、猫の健康管理に向いているかどうかはちょっと微妙なキャットフードです。

原材料の観点でみれば、全年齢対応・と言えるレベルではなさそうです。発育段階の子猫やデリケートな老猫には特に注意が必要になります。

大切な猫のためにも、気をつけてキャットフードを選んであげたいですね。

⬇︎合わせて読みたい

%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f4dミート
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.