よく見かける「懐石」キャットフードの評判&成分・原材料解析

ゴージャスなパッケージと「懐石」の二文字から高級感が伝わって来る懐石キャットフード。普通の袋に入っているものから箱入りのものまで、ラインナップも多いイメージです。

ここでは、懐石キャットフードの口コミ評価や原材料の質について懐石していきます。キャットフード選びの参考にしてみてください!

 

今回解析したキャットフード「懐石」の概要

懐石 概要

出典:amazon

 

販売元  日清ペットフーズ
原産国  国産(日本)
メイン材料  トウモロコシや小麦などの穀類
着色料の有無  多数使用
ラインナップ  ドライ、ウェットで嗜好別に展開
健康管理のしやすさ  年齢や体調別のラインナップは無し
主な購入方法  ホームセンターやスーパー等
価格(約)/800g ¥620~(楽天、アマゾンなどの通販サイト参考)
価格/一日(約)  ¥40〜¥50 (一匹あたり)

日清のペットフード部門が販売しているキャットフードで、味や高級感を売りにしている印象があるシリーズです。懐石という名のイメージ通り、魚味のフードがメインとなっております。

それではまず、懐石キャットフードの口コミから見ていきましょう。

 

「懐石」の口コミ評判まとめ

中身自体も見た目が異なり、着色料っぽいビビッドな濃い色に変わっていました。
一つ一つの粒の成型?の仕上がりも変わっており ざらざらした質感があります。

パッケージが新しくなるのと同時に中身も変わりました。懐石大好きな子たちでしたが、食いつきが悪くなりました。残念です。

入ってるシラスが嫌いなようで、丁寧に弾いて食べます。
高齢猫用にしたら、食いつきがちょっと落ちたかな??

猫に懐石という餌を初めて与えたのですが吐いたようで翌日私が帰宅すると焼いたマシュマロのような狐色のモコモコしたのが落ちてました

猫7匹中、3匹は食べてくれますが後の子は食べません。他の子には別のものを与えています。

普段与えているものから変えてみました。
食いつきはいいです。小魚が毎回真っ先になくなります

・その他の口コミをまとめた総評

食いつきは猫によってまばらで、入っている一定の種類の粒だけ食べない、または好きなものから真っ先に食べる子がいる。商品のマイナーチェンジ後から品質が変わり、それから食いつきが落ちたケースも見られる。箱型のものはコスパがあまり良くない。

ということが言えそうです。では、懐石のキャットフードの原材料はどのような物で構成されているのでしょうか。

 

「懐石」の原材料:成分表をチェック

ここでは懐石の2dishの原材料を基にしています。

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、中白糠、小麦粉、ホミニーフィード)、肉類(ミートミール、チキンミール)、魚介類(フィッシュミール、いりこ、フィッシュパウダー、かつお節、かにかまチップ)、油脂類(動物性油脂、月見草オイル)、大豆ミール、オリゴ糖、野菜類(キャベツパウダー、にんじんパウダー、ほうれん草パウダー、かぼちゃパウダー)、β-グルカン、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、塩素、カリウム、ヨウ素、亜鉛、銅、鉄、マンガン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、コリン)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、食用黄色5号、食用黄色4号、食用青色1号、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

 

たんぱく質の配合量と質

・タンパク質、量ともに良くない

穀物をメインに使用しており、タンパク質の量は少なめ。含まれているお肉もミール類と呼ばれる低品質な部類のものです。また、お魚味のイメージが強いはずの懐石ですが、魚類の原材料が肉類より少なくこちらもエキスやパウダーなどの良くない物を使用しています。

ミートファーストやフィッシュファーストで猫のご飯を選びたい方にとって、「懐石」は選択肢から外すべきキャットフードです。

穀物の質・有無

・穀物が主原料となっています。小麦やコーン類は猫の消化器官に合いません。

また、その他にも穀物を多数使っており、アレルギーを引き起こす可能性もあります。すでに穀物アレルギーだとわかっている猫ちゃんはもちろん、アレルギーを引き起こすことが心配な飼い主さんは注意が必要です。

着色料・保存料

・がっつりと使用している

着色料は黄色と青系のものを三種類使用しています。これらのものは病気リスク、発がんリスクを上げる可能性があります。猫は餌の好き好みを色では判断しませんので、この着色は飼い主向けのアピールだと考えられます。

 

油脂の質

・動物性油脂を使用

動物性油脂は酸化が早く注意が必要な成分です。また、動物性油脂の酸化を遅らせるためんび添加した保存料については、表記する義務がありません。人間の口には入れられない強力な保存料が含まれている可能性があります。

キャットフード「懐石」の総合評価

キャットフードランク1

懐石 チャート

(15/50点満点)

・通販サイトやスーパー等でたまに見かける大袋(今回紹介)ならまだしも、箱に入っている物はコスパが悪いです。(1kg換算すると2000円を超えます。質に対して高すぎる!)

・原材料の質は最低クラス。懐石という高級感のある名前と、中身とのギャップが激しい印象ですね。

・着色料を多く使用しいていることから、猫の健康よりも飼い主に「おいしそう」と感じさせることを優先していると考えられます。

・この質の低さプラス対応年齢や体調別ラインナップがないことから、猫の主食としてはお勧めできません。

 

キャットフード「懐石」まとめ

いろいろと疑問の多いキャットフードでした。

箱入りも物は特に、「高くて粗悪」なイメージですね。猫に与えるのであれば、たまにおやつとして与える程度にとどめておく方が良いです。家計的にも猫の健康的にもお勧めできないので、特に興味がなければ買う必要のないキャットフードだと思います。
関連:▶︎安全なキャットフードの選び方&本当に良い猫餌3選

同じ「キャットフード」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. キャットフード グレインフリー

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット

    「猫のために、健康に良いキャットフードを買ってあげたい!」「安いキャットフードを食べさせ続け…
  2. キャットフードの保管場所は?

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法

    ドライのキャットフードは固形で水分量も少なめ。一見すると劣化しにくいイメージですが、実は空気…
  3. キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?

    プレミアムキャットフードや下部尿路疾患の猫に向けて開発されているキャットフードの原材料欄を見ると「ク…
  4. 猫餌回数時間

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!

    猫にご飯を与える場合、与える量や回数をその猫ちゃんの年齢によって変える必要があります。ここでは、正し…
  5. グレインフリー キャットフード ランキング

    グレインフリーとは?穀物不使用キャットフードが人気の理由

    グレインフリーのキャットフードが近年、猫好きの飼い主さんに人気です。猫の健康を真剣に考えて作…

猫コラム

  1. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…
  2. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方