キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫 目やに 取り方 原因

猫の病気 猫コラム

病気?猫の目やにの原因と取り方・病院に連れてく時の基準

更新日:

可愛い愛猫から目やにが出てる...これって大丈夫?」

チョッピリなら気にする必要がありませんが、自分が思っている量よりも多かったり、なんだか色がおかしかったりすると心配になりますよね。

管理人も、猫を飼い始めた頃は「え、これはまずい?病院行かなきゃいけない?」と焦っていたことがありました。

ここではそんな経験を踏まえ

・猫の目やにの種類と原因
・目やにで猫を病院に連れて行くか?の判断基準

をまとめていきます。

可愛いおめめは猫のチャームポイントです。あなたの猫は今大丈夫ですか?確認してあげましょう。

Photo by Jimmy B

 

猫の目から目やにが...これって大丈夫?

今、あなたの猫ちゃんから出ている目やには何色ですか?

もし茶色であればまず大丈夫です。茶色〜黒っぽい目やには、人間でいう寝起きの目やにと同じ。普通の代謝で出る目やにですのでほとんど心配は要りません。

出る量は個体差があり、ほとんど出ない子もいれば気づくと目の周りが茶色く囲まれている子もいます。成長によって出なくなったり、少くなる場合もあります。

放っておいてもさほど問題ありませんが、なんだか汚くてかわいそうですので、気づいたら優しく取ってあげるようにしましょう。(大体の場合カピカピになっているので、こすっただけで取れます)

問題は、茶色や黒以外の目やにです。これが出ていると目がなんらかの病気にかかっている・痒がる可能性があります。

 

この色出たら赤信号!出たら注意の目やに

出たら要注意の目やにの色は

・黄色
・白
・その他、茶色以外、緑がかっている目やに

です。この色の目やには、目が健康の時には決して出ません。ので、見かけたら病院に連れて行ってあげるようにしましょう。

そして、これらの赤信号な目やにが出る原因はいろいろあります。

猫同士の喧嘩で目に傷が付いてる
・猫の病気・ウィルスに感染している
・その他、ゴミやダニ・カビによる物

などが主な原因です。

我が家の猫は、兄弟と喧嘩して付いた傷が原因で白〜黄色の目やにが出たことがありました。ワクチン接種をしていて元気なのにもかかわらず、目やにの色が異常であれば、喧嘩や物にブツけてしまった可能性が高いです。(多頭飼いの場合は特に)この場合は、両目からではなく片目からだけ目やにが出る事が多いです。

逆に、

一匹しか猫がいない
目やに以外の不調も見られる
拾ってきた猫であ

こんな場合は、危ないウィルスに感染している可能性もあります。こちらは命にかかわるので、今すぐ病院に連れてあげるのが正解です。

 

病院に行く時の判断基準

猫ちゃんの目やにの色が白や黄色で、目をこすったりしているならすぐに連れて行きましょう。

人間と同じで、放っておいても痒さは引きませんし自然には治りにくいです。最悪の場合片目が開かなくなったり失明する恐れもあるので、すぐさま動物病院に連れて行ってあげてください。

猫ちゃんは「掻いたらもっと痒くなる」という事はわかりません。「ちょっと様子見よう」と時間を置いている間も、猫は痒さに悩まさせる事になるので....かわいそうです。(日に日にこすったところが赤く腫れて行きます)

「目やにの色がおかしくて痒がっている=すぐに病院!」

これだけは覚えておいたほうが良いです。

 

病院では何をしてくれるの?

目の異常で動物病院に連れて行くと、まずは状態チェックです。

検査の結果、喧嘩などで角膜が傷ついているなら目薬(場合によっては掻かないようエリザベスカラー)が処方されます。この場合、目薬を一日3〜4回程度打ってあげる事で、数日から1週間程度で正常に戻ります(我が家の猫はそれくらいで治りました。)

もし原因が病気やウィルスによるものなら、適切な治療と薬・ワクチン投与が始まります。ひょっとすると、目やにとは長い付き合いになってしまうかもしれません。

獣医さんの指示に従い、猫ちゃんにこれ以上負担がかからないようお家でのケアも手を抜かずやってあげましょう。

特に薬類は、サボるといつまでたっても良くなりません。指示された量をしっかりと使うようにしたほうが良いでしょう。

 

猫ちゃんの目やにの取り方

取り方といっても簡単です。まずは柔らかいコットンか、綿棒を準備。それを水かぬるま湯で湿らせておきます。

それで目の周りを優しくこすって目やにを拭いてあげる。のですが...

猫ちゃんによっては暴れたり嫌がったりする場合もありますので、ご飯を食べてウトウトしている時や、日中のお昼寝タイムなど、反撃に合わないタイミングにしてあげるのがおすすめです。

注意点としては、手軽だという理由でウェットシートや除菌シートなど、最初から湿っているものには頼らないほうが良いという事。

刺激のある成分が入っていないなら問題ありませんが、万が一があります。我が家では怖いので、そういった類のものは使わず前述のものだけで目やにを取るようにしています。

目はとってもデリケートです。特に目やにが原因で病院にいっている場合、何が起こるかわかりません。「絶対にこれなら大丈夫」と言えるもの以外で、目周りはこすらないようにしてあげたいですね。

病院にいった時に、獣医さんに「目やにはとってあげたほうが良いか」を確認しておくのも大事です。目の状態によっては「しばらく触らないほうが良い」という事もあるかもしれません。

特に危険な色の目やにが出ている時は、必ず確認を取ってから拭いてあげるようにしたほうが良いでしょう。

 

まとめ

以上猫ちゃんの目やにについて、まとめさせてもらいました。

人間と同じく、目の以上は猫も相当痒く、ストレスになります。辛そうにしている姿を見ると、なんとかしてあげたい気持ちになりますが....無理にゴシゴシしたり、変な物で拭き取ってしまうのは厳禁です。

ただしい取り方と獣医さんに処方された目薬で、気長に治るのを待ちましょう。

 



-猫の病気, 猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.