キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫はどうやってしつけるのが良いか

猫に嫌われない正しいしつけ方法とは?「困った!」を解消するしつけ知識まとめ

猫をしつける時の大前提

猫のしつけ方 基本

しつけなければいけない猫の行動、そして、しつける方法も数多くあります。

ただ、闇雲に飼い主の勝手な「なんちゃってしつけ」を押しつけるのも考えものですよね。

まずはしっかり、しつけをする前の「大前提」を抑えてからしつけに臨みましょう。

「正しいタイミングで」「褒める」

いろいろなしつけ方法がありますが、猫をしつける時はこの二つが大前提となります。

もちろん猫の性格によってこれだけではダメな場合もありますが、正しく実践するのなら、「褒める」「タイミング」が欠かせません。

まずはタイミング。例えば、「帰ってきたら、大事なものが爪の餌食になっていた」とします。

この場合、今から猫を叱っても効果はありません。時間が経ってしまっているので、猫からしてみると

「何が怒られる要因なのか」

が、わからないのです。

ですので、大切な物はしまっておかなければならなかった。ということ。反省するのは、飼い主側でなければならない事も多いです。

反対に、飼い主が見ている時に悪いことをしようとしているのなら、チャンスです。何かをやろうとした瞬間、もしくはその後に大きな音や声、嫌がる匂いで脅かすなどすれば、

「これはやっちゃいけないんだ」

と覚えることができます。猫をしつける上では「やらかす前後にすかさずしつける」が、一番効果があります。

そして、「褒める」ということ。

脅かされているばかりでは、猫としても面白いはずがありませんよね。ですので、悪いことをしようとしたけれど、市内でに退散できた時jは思い切り褒めてあげましょう。

こうすることで猫も「こうすれば褒められた」と、覚えることができます。

要するに「飴と鞭」ですね。厳しすぎると怖がられたりストレスになりますし、甘すぎるとなめられてしまいます。

また、そもそも「悪さをしない、できない環境にしてしまうこと」

これも大切です。猫は猫。人間とは違う生き物ですので、こちらが入っていることを全て理解してもらうのはムリというもの。

ですので、危ないものやいたずらされたら困るものはそもそもおかない。開けられて困る戸棚にはロックを工夫してつけてみる。

などなど、他にもできることはまだまだあるはずです。

・正しいタイミングに叱って初めて、猫は理解する
・怒ってばかりでなく、できたら褒める。
・そもそもいたずらされない環境にできないか、考える

このしつけの大前提+工夫をしてみる、ということを抑えて、根気よくしつけを続けてみましょう。

 

猫のしつけ、4つのポイント

猫を正しくしつける方法

猫をしつける時には、上記の前提にもう4つほど、ルールがあります。どれもこれからの人生を猫と一緒に暮らす上では欠かせません。

しつけ原則1:わかりやすくしつける

あなたがいくら「しつけているつもり」でも、猫からして見ると

「???何言ってんだ。こいつw」

と思われている事もあります。

売れない芸人の一発芸が「面白くない、記憶には残らない」と感じるのと同じで、わかりにくいしつけでは猫に「これはまずいんだな」と思わせることができません。

ですので、いつも・叱るとき・褒めるとき、この三つで飼い牛さんのリアクションがガラッと変わることが大事になります。声のトーンや挙動を、わかりやすく変えてみましょう。そして、怒るときは怒るときのトーン、褒める、撫でるときはそのときのトーンなど、パターン化してみてください。

そうすることによって猫も、「このときは怒ってる時」などと、理解することができます。

褒める時は、「これをやったら褒められた、良いことがあった」と思わせられるよう、ご褒美を用意しておくのも上手い手でです。無駄におやつをなんとなく上げるくらいなら、良いことをしたご褒美としてあげたほうが、良い与え方になりそうですよね。

「メリハリ」を意識してしつけを行うと、猫もスムーズに覚えられるでしょう。

 

 

しつけ原則2:叩くのはしつけではない

犬や人間と比べ、猫はとっても臆病です。そして、「痛い目を見た」という経験は絶対に忘れませんので、叩く、蹴るなどの体罰は絶対にNGです。

今までワンちゃんを飼っていて、その時は叩いてしつけた。という方も、猫には通用しないと心得ておきましょう。下手をすると、言うことを聞くどころか全く寄ってこなくなる可能性が大きいです。

叩き続けると、その人のことを「敵だ」と認識するようになります。すり寄ってくるかわいい猫に育てたい場合は、特にキーポイントになるでしょう。

また、「叩くぞ!」と、手を振り上げることにはあまり効果はありません。特に叩かれたことのない猫の場合「何やってんの?」くらいにしか思いません。

どのみち叩くことができないことを考えると、そう言ったしつけ方法に意味がないことがわかるでしょう。

しつけ=叩くという発想では、猫はしつけることはできない。というか、猫を飼う資格がない。

この点も肝に銘じておきましょう!

ピックアップ2
▶︎▶︎しつけでも叩くのはNG!嫌われることになります。

 

しつけ原則3:猫のしつけには時間が掛かる

一回言っただけでダメなことを覚えてもらえれば一番ですが、そうはいきませんよね。何度も繰り返して、長い目で見てあげるのが大切です。

そして、妥協しないことも重要なポイント。

「もう面倒くさい...」と諦めたら、そこでしつけは終わってしまいます。あれだけエネルギーを使って今までしつけを頑張ってきたのに、今やめたらすべて水の泡になってしまいますからね。

何度行っても聞かないし無駄。ではなく、わかるまで工夫してしつけ続ける。これが必要になるでしょう。

思ったよか、猫のしつけには根気がいることを覚悟しておいてください。

しつけ原則4:落ち着いて、ギャァギャァ騒がない!

しつけにメリハリは大事。しかし、猫に「遊んでもらった!楽しい!」と思われるような態度ではいけません。そうなると、「悪いことした=しつけ=遊んでくれる」と勘違いされてしまいます。ですので、オーバーすぎ、猫にとって嬉しいであろうリアクションは厳禁です。

特に、朝方寝ている時に起こされてしまう。こんな時。「うるさい!」と怒ると「起きた!?今起きたっしょ!」と思われ、いつまでたってもしつけることができません。場合によっては、心を鬼にしてシカトすることも必要になる。これも、合わせて覚えておきたいですね。

  1. 長い目でしつける・育てる
  2. ギャァギャア騒ぎすぎない
  3. メリハリをつけてしかる・褒める
  4. 体罰はしつけではない(猫を飼う資格はない)

 

そこには乗らないで!

乗る猫 しつけ

猫のしつけでも多くの人が悩むのが「そこに乗って欲しくないのに」というところ乗る。これではないでしょうか。

机の上が毛だらけになるとご飯の時気になりますし、壊物の近くには近寄って欲しくないですよね。

コンロ周りなどは、火元なのでなるべく触らないでほしいというのが本音です。

対策としては、

 

・そもそも乗れないようにする
・乗る前に別のものに気をそらす
・「乗ったら怖い事起きた!」と思わせる

などが有効です。

「乗る」という事はそこに「興味がある」という事。

興味がなくなったり、乗る事にデメリットがあると感じてもらえれば、自然とそこには乗らなくなるでしょう。

ピックアップ2
▶︎▶︎キッチンに上がる猫をしつけたい!しつけ方・対策まとめ

 

噛み癖や爪研ぎをしつけたい

猫を正しくしつける方法

噛み癖は爪研ぎは猫の本能ですので、しつけるのが難しいです。それこそ、かなりの根気が必要になります。

噛み癖の場合、「指は遊びものなんだ」と思われているケースも多いです。ですので、遊んであげるときは手を使わない事。そして、代わりにおもちゃで遊んであげるようにします。そうする事によって、嚙みつく対象がおもちゃとなり、変なものをカジカジすることは減っていくでしょう。

爪研ぎは、こちらが譲らなければいけないかもしれませんね。爪研ぎおもちゃをたくさん部屋の中に置いたり、いつもがギガりするところに縦置きのダンボール爪研ぎを置くなど、工夫が必要になります。

完全にやめさせるのは不可能ですので、早急に爪研ぎの用意をしましょう。

ピックアップ2
▶︎▶︎【噛み癖・爪研ぎ】猫に負担のないしつけ方・直す方法まとめ
▶︎▶︎子猫に家具をやられる前に!被害に遭わないための爪研ぎの知識まとめ

 

トイレは最も多いしつけの悩みかも

子猫 飼い方

匂いがきになるので、トイレも早急になんとかしたいしつけポイントですよね。ほおっておくと間違った場所をトイレだと認識してしまうので、早めの対策が必要です。

まずは、トイレをしそうなタイミングでトイレに飼い主が連れて行ってあげること。猫は砂の上で用を足す修正がもともとあるので、これだけでも繰り返せば覚えてくれます。一緒にいるタイミングでは、猫のソワソワを見逃さないようにしましょう。ここでも、上手にできたら褒めたり、ご褒美を用意しておくことが効果的。

また、トイレの環境の良し悪しも粗相の原因となります。トイレでしない=トイレに何か、気にくわない要因がある。これも粗相の原因としては多いものです。

トイレの位置や砂の質感。そして、トイレのタイプ。この辺りもトイレのしつけ方法とあ合わせて、覚えておきたいですね。

ピックアップ2
▶︎▶︎【猫のトイレのしつけ方】正しい覚えさせ方と注意点まとめ
▶︎▶︎子猫を飼うなら知っておきたい!トイレの教え方&快適なトイレ環境の整え方

 

盗み食いがひどい場合

子猫を飼う前に欲しい物

飼い主の食事中、盗み喰いをしようとする。この場合、前述の「乗って欲しくない所に昇らないようにする」の方法が有効です。

問題は、飼い主の目の届かない時間帯ですね。ゴミ箱や冷蔵庫を勝手に開けて、好き放題食い散らかす猫も少なくありません。この場合、しつけるのは難しいのでストッパーをつけるのが良いでしょう。(100円均一にも売ってます。こうするだけで、漁られることは無くなります。

洗い残しの食器や三角コーナーは、そもそも置かないのがベスト。食べたらすぐ洗い、生ごみは水を切ってポリ袋に。匂いがしないように工夫して猫の目の届かないように捨てる。

少々面倒ですが、盗み食い被害ゼロを目指すならこれくらいしなくてはなりません。(残飯の中には、猫が食べると体をこわす物もあります。)

ピックアップ2
▶︎▶︎猫に食べさせてはいけない!害のある食べ物まとめ

 

早朝、日が昇らないうちに起こされる

batch_cat-334383__340

朝、まだ寝ていたい時間に起こされる。「かまって!」という感じが可愛いですが、飼い主としては辛いですよね。これに対しては

・夜にうちに遊んでおく
・起こされても無視
・他の要求は聞いてあげる

の三つが有効です。

朝早く起きて暴れる・起こしにくるのは、あなたともっと遊びたいからです。その欲求を、朝ではなく夜に満たしておきましょう。そして、朝来ても無視。心を鬼にしてシカトを続けてください、一回でも朝かまってあげると、「朝は起こして、遊んでもらえる」と思われます。むやみに要求に答えてはいけません。

それで飼い主が「かわいそう...」と思うなら、他の要求を呑んであげれば良いだけです。おやつをあげたり、10分だけ猫じゃらしで遊んであげたりなどですね。

できる時にできる事をしてあげて、そうでない時は無視

これで大丈夫です。猫の要求にいつでも答えるのは優しさではないので、注意したいですね。最後に辛いのは飼い主なので。

ピックアップ2
▶︎▶︎猫は夜、暴れる!夜の大運動会を開催する理由と防止方法とは

 

移動の時、キャリーに入ってくれない

f16c92af80ee28207dd506b99f53b89a-782x495

動物病院に行く時などは、猫用のキャリケースに入ってもらう事になりますよね。

ただ、猫によってはこのキャリーを嫌がる子もいます。

もしそうなら、今から部屋にキャリーを出しっぱにしておきましょう。そして、キャリーに日常的に入ってもらい、慣れてもらうのが良いです。

おやつやご飯を食べる場所にしたり、毛布を引いて寝心地の良いベッドにしたりと、工夫してみましょう。

キャリーを嫌がる子は「なんだこの狭い空間は..」と思っているはず。

そうではなく、慣れ親しんだ特に害のない場所とわかれば、入るのもやでは無くなります。

ピックアップ2
▶︎▶︎猫のケージ飼いはかわいそう?ストレス対策だけは忘れずに!

 

音や匂いなどを利用して猫ちゃんを躾けよう

fd8b6e841872e3d3edbc9e79d31049fe

しつけにも色々なやり方があります。

体罰はいけませんが、ある程度の工夫は必要ですので、音や匂いなどを駆使しましょう。

猫をスピーディーにしつけられるよう頑張ってみてください。

ピックアップ2

▶︎▶︎猫の嫌いな音をしつけで活用!やり方・注意点まとめ
▶︎▶︎猫ちゃんをスプレーでしつける!おすすめ商品と使い方まとめ
▶︎▶︎「これは嫌い!」猫が嫌がる匂いの種類まとめ

 

 

 

投稿日:

執筆者:NEKOMAN

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.