キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫コラム

猫にも災害対策を!あると便利な避難グッズチェックリスト

更新日:

人が万が一の災害に備えて非常食を準備するように、猫ちゃんにも準備しておいたほうが良い避難グッズがあります。災害はいつ来るかわかりません。もしもの時を考えて、大切な家族である猫ちゃんの持ち物も、一式揃えておくと良いでしょう。

ここでは、猫のための避難グッズをまとめていきます。突然の災害時はパニックに陥り自分のことだけで精一杯になりますので、そんな時、あらかじめ準備しておいたものをサッともって逃げられる状態にしておいた方が安全ですね。

箱型のキャリーバッグ

猫を連れて歩くための必須アイテムです。

できれば、箱型で普段から猫の休憩場所になっているようなキャリーが望ましいです。災害時、びっくりした時に猫から進んでキャリーに入ってくれる可能性が高く、移動がスムーズにできます。

 

一週間分のキャットフード

ご飯は、最低でも1週間分用意しておきましょう。

災害の規模や地域によって、ペットへの支援が始まるまでの時間には差があります。1週間経てば大体の場合キャットフード等の支援も始まるので、それまで餌不足に陥らないよう多めに分けておいた方が良いでしょう。

 

お水2Lと水用の器

水分も、災害時はいつ取れるかわかりません。2Lくらいは持ち歩くようにしましょう。多頭飼いの場合は、一匹につき1リットルくらいあると安心です。また、猫がスムーズに水分補給できるよう、いつも水を飲む時に使っている水皿と同じものをストックしておくと良いですね。

 

スポイト

災害に驚き、猫がストレスで水をあまり飲みたがらない時もあります。そんな時に備え、スポイトが一つあると良いです。抱っこしてスポイトから水をたらせば、強制的に水分を摂取させることができます。水分不足は病気の引き金になるので、スポイトは100均一で買っておくようにしたいですね。

 

寒さ対策のタオルや毛布

季節や地域によっては、夜と昼の寒暖差が激しいことも。温度差に備えて、タオルや毛布など体を温めるものも持ち歩くようにしましょう。避難用のキャリーに普段から入れておくと、猫もより安心できます。

 

少量の猫砂と小さめのトイレトレー

猫砂は、その子の匂いがついたものを持っていきます。

そうすることで、出先でもトイレに迷うことがありません。車で避難する場合はトランクにトイレのトレーも載せていきましょう。なるべく、猫がいつも通りのトイレができる環境を再現してあげあられるように!予期せぬところに粗相をされることを防げます。

 

家の匂いが染み付いている衣類や布

避難所では、知らない匂いがするはずです。そんな時少しでも安心して過ごせるよう、おうちの匂いが染み付いた布類を持っていきましょう。寝床に置いておくと、猫も安心します。

 

ダンボール箱

避難先での猫の寝床となります。周りがガヤガヤしている、人が大勢動いている時などは、蓋を閉めて猫ちゃんを落ち着かせてあげることができます。避難グッズは、このダンボールの中へまとめておきましょう!

 

愛猫の写真や画像

避難中や避難先で万が一猫がいなくなった際、探す時に使用します。スマホの電源がいつまでもつかわからないので、プリントアウトしたものをダンボールに入れておくようにしましょう。

関連:▶︎災害時、猫ちゃんと避難するための準備&心構え

 

 

 



-猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.