猫の糖尿病、原因は何?特徴的な症状・予防する方法まとめ

人間にとっても身近な「糖尿病」という病気。実は、猫ちゃんもなってしまう事が多い病気の一つです。

その原因も、人と共通しているところが多く、飼い主さんのフード選びやケア次第では予防ができる場合があります。

このページでは「猫の糖尿病」についてまとめていきます。現在闘病中の猫ちゃんと暮らしている飼い主さん、糖尿病をできるだけ予防してあげたい方の参考になれば幸いです。

Kristina Kuncevich

 

猫の糖尿病、かかってしまう原因は?

猫の糖尿病も、人間と同じく多くの場合「肥満」である事が多いです。

体重が増加し肥満状態になるとどうなるか。これは、本来糖分を細胞に取り込んでくれていた「インシュリン」の働きが鈍くなります。

結果、取りこぼした糖が血液に残ったままとなり、そのままおしっこへ含まれる事になります。

これが、猫ちゃんが糖尿病となる原因です。

また、代謝が落ちてくるシニア猫ちゃんも、糖尿病にかかる確率が高くなるとされています。

症状が似ている病気▶︎猫が腎臓の病気になる時の原因と症状・飼い主が行える予防法

糖尿病の猫ちゃんに現れる症状とは

血液中の糖分が増えた分、体が「外に出さなきゃ!」と反応し、普段よりも頻繁にトイレに行くようになります。

そして、水分を出した分、お水をたくさん飲みます。また、食欲は通常〜旺盛になります。「よく食べるから健康?」と油断してはいけません。

放置したまま症状が進むと、食べても食べても体重が増えるどころか痩せていきます。最終的には食欲もなくなり、嘔吐や下痢、脱水症状を引きお起こすようになります。

そして、一番怖いのが「合併症状」です。

血糖値の異常が他の臓器にも影響を及ぼし、連鎖的に他の病気を患う事が糖尿病の怖いところ。糖尿病自体が直接命に関わらなくても、間接的に命の落とすリスクを上がる・という事です。

トイレに行く回数が多い
食欲はあるのに太らない・痩せる
水をがぶ飲みする
下痢をする・吐く

これらの症状が見られるなら、糖尿病を疑ったほうが良いでしょう。

 

猫の糖尿病、治療・予防はどうなるのか

猫の糖尿病に対する治療法は大きく3つ

1人口インスリンの注射
2血糖値を配慮した療養食を食べる
3運動をして肥満から脱却をする

です。

2と3は決められたご飯をあげたり、おもちゃで遊ぶ・キャットタワーを用意する事で容易にできます。問題は1、インスリンの注射です。

ほとんどの場合、獣医さんと話をし注射する量を決め、飼い主さん自身がおうちで毎日インスリン注射をする事になります。慣れないうちは怖かったり刺す場所がわからなかったりと、戸惑う事も多いことでしょう。

毎日打たないと、血糖値が上がりなかなか良くなりません。出張や旅行に出かける際は、動物病院に預け面倒を見ていてもらう必要があるでしょう。

糖尿病予防には、しっかりと運動をさせる・粗悪なキャットフードを食べさせない、この2つが有効です。市販の激安キャットフードには、猫の血糖値が高くなりやすい粗悪な穀物が大量に使われています。

特に、肥満気味にな猫ちゃんやシニア猫ちゃんには、食べさせにようにした方が糖尿病回避に繋がります。

また、去勢手術や避妊手術をした猫ちゃんは肥満状態になりやすいです。カロリーコントロールをしやすいキャットフードに切り替え、予防に徹する事が必要になります。

▶︎【シンプリーのレビュー】プレミアムキャットフードを「カロリー」で選ぶならコレが最高。

 

まとめ

肥満気味の猫ちゃんがかかりやすい
水をよく飲む・おしっこを頻繁にするなら注意
治療には飼い主さん自身が毎日注射を打つ
適度な運動・良質なキャットフードで発症リスクが下がる

以上、猫ちゃんの糖尿病についてでした。

一度なってしまうと、飼い主さんにも負担が重くのしかかります。注射を自分で決められた時間に打たなければならなかったり、病院に通わなくてはいけないなどです。何より「本当に大丈夫なんだろうか…」という精神的なダメージが辛いはず。

そうなる前に、まずは自分でできる事から始めましょう!

「たっぷり遊んであげ、ご飯は良質で病気対策にも有効なものを普段から食べさせる」

これだけでも、糖尿病の発症リスクは下がるとされています。(人間と同じですね)

妥協せず、猫ちゃんにとって最適な運動量・キャットフードの確保に注力しましょう!

関連▶︎猫が餌を吐く原因は何?毎日吐くなら病気を疑ったほうが良い

 

同じ「猫の病気」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. 猫の下部尿路疾患 原因

    【猫の病気】原因は何?下部尿路疾患とキャトフードの関係性

    今回は、猫の「下部尿路疾患(FLUTD)」についてのお話です。特に猫ちゃんは、食べるものが原因で…
  2. 猫が餌を吐く原因は何?毎日吐くなら病気を疑ったほうが良い

    猫ちゃんが食べた物や胃液を吐く所を見ると、とっても心配になりますよね。毛玉を月に1、2回程度…
  3. キャットフード グレインフリー

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット

    「猫のために、健康に良いキャットフードを買ってあげたい!」「安いキャットフードを食べさせ続け…
  4. キャットフードの原材料について

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選

    CMや猫雑誌の広告、スーパーの陳列棚などに並んでいるキャットフードは「人気なの?」「なんか猫が喜びそ…
  5. ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析

    ファインペッツキャットフードは、店頭でお目にかかる事がほとんど無いと思います。ですが、海外やネット上…

猫コラム

  1. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…
  2. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方