キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫 ケージ ストレス

猫のしつけ 猫コラム

猫のケージ飼いはかわいそう?ストレス対策だけは忘れずに!

更新日:

元気に走り回る猫ちゃんを見ると「ケージ飼いはかわいそうかな?」という気持ちになることもありますね。

しかし、場合によっては、ケージに入っていてもらうことは必要です。

ケージはうまく使いこなせば 、飼い主さん・猫ちゃん両方にメリットのある道具です。

飼い猫の状態や生活環境に応じて、ストレス対策をしながら活用しましょう。

 

スポンサーリンク

 

猫のケージ飼いは悪ではない

猫 ケージ かわいそう

まず、「猫ちゃんのケージ飼い=悪」ではありません。

猫は活発で、運動量の確保は必須。ですが、同時に狭い所で寝たり、身を隠す生き物でもあります。

かわいそうでは?と思う気持ちはごもっとも。

しかし、留守番時や災害が起きた時などは、ケージやキャリーケースに入っていてもらうことになりますよね?

そのような時の備えて、ある程度慣れてもらう、ケージという空間に免疫をつけてもらう。これは大事なことなのです。

  • おうちに慣れていない猫を留守番させる
  • 猫ちゃんが病気になった時
  • お客様が来ている時
  • 料理や細かい作業などをしている時

このような時もケージに慣れておいて貰えば、自分も猫ちゃんも思わずアクシデントや怪我をせずに済みます。

特にガスコンロを使う場合、謝って火傷をさせてしまうケースもあります。日のそばに猫が近寄らないよう、注意が必要です。

また、大切なお客様が家に来た時に

「お客様の荷物に傷をつけてしまった!」

というトラブル事も防げます。

ケージは、猫・飼い主共にメリットのあるツールだと言えるでしょう。

 

ケージで飼うなら「ストレス対策」は必須

猫 ケージ かわいそう

とはいえ、猫ちゃんをずっとケージに入れっぱなしにする・一生入れておくのは無理です

長い時間ケージに入れっぱなしで放置すると、ストレスで吐いてしまったり、暴れたり、泣き止まない何という事になります。

ですので、ストレス対策は必要です。

お留守番のためにケージに入っていてもらうなら、帰宅後は目一杯遊んであげる事が大事です。

これを欠くと

「閉じ込めるだけ閉じ込めて構ってくれない」と、猫から思われてしまいます。6時間以上のケージ飼いは、基本的に避けたほうが良いでしょう。

また、ケージ内の広さや高さを確保してあげるのも大事な事です。

飼い主さんの生活のスペースが許す限り、最大限猫が広々と過ごせるケージにしてあげましょう。

もちろん清潔なお水、柔らかい寝床も必要です。

ケージの中で快適な生活ができるよう、準備をしてからケージに入ってもらいましょう。

 

ケージがいらない状況を作り出す

猫 ケージ かわいそう

猫ちゃんの性格や飼い主さんのしつけ方によっては、ケージが必要のない猫ちゃんになってくれる事もあります。

家の中に部屋がいくつかあるなら、調理中や来客時のみ別室で過ごしてもらうのも良いでしょう

お水やトイレがあれば、少しのあいだそちらでおとなしくしてくれるはずです。

一軒家で部屋が余っているのなら、思い切って「猫専用部屋」を作ってしまうのも良いでしょう。

ケージから出して目を離すと、イタズラばかりして....

という場合、しつけ用のスプレーやジェルも効果あり。噛まれたくない所に塗っておけば、ふんと顔をしかめ退散します。

また、

「壊れやすいものは室内に置かない・猫の害になるものを撤去」

こうする事で、人間は窮屈だったり面倒な思いをしますが、猫が安心してお留守番できる環境になります。

 

スポンサーリンク

 

こんな場合、ケージ飼いは向いていない

猫 ケージ かわいそう

  • 飼い猫が一匹だけ
  • 狭い所が苦手な猫種
  • 飼い主の留守時間が長い

飼い猫が一匹だけ・という場合、ケージに長時間一人で入れておくと強いストレスを感じる場合もあります。

「帰ってきたら水皿はヒックリ返ってるし、猫砂はバラッバラに散らかっている....」

閉じ込められたストレスで暴れ、こんな事が起こります。(兄弟猫と一緒に入る事と、一緒に遊んだり寝たりできるので、ストレスを緩和させる事ができます)

猫ちゃんの性格や猫種によっては、狭い所が大っ嫌いという場合も。そういう子にもケージ飼いは向きません。どうしても必要な時だけ入ってもらうようにしたほうが良いです。

また、飼い主さんの不在時間が多くほかに面倒を見てくれる人が居ない場合も、ケージを避けたほうが良いです。

自動餌供給機や循環式の飲み水があっても、ダメです。ストレスで病気になってしまいます。

丸一日〜数日以上猫ちゃんと触れ合うことができないのであれば、環境を整えることが必須となります。

室内を猫ちゃんがお留守番しやすい環境にして、快適に過ごしてもらいましょう。

 

「ケージに入る事」を習慣化すると猫がストレスを感じにくい

猫 ケージ かわいそう

「決まった時間にケージに入り、決まった時間に必ず出してもらえる」

猫ちゃんにとってこれが当たり前の習慣に慣れば、ストレスを最大限カットする事ができるでしょう。

飼い始めは短い間だけ。トイレやご飯の時だけ入れるようにし、空間に慣れてもらうところから始めましょう。

少しづつケージに入ってもらう時間を増やし、出した時は思い切り遊んであげる。これを繰り返す事で

「黙ってれば出してもらえるし、出たら遊んでもらえる」

と猫ちゃんに記憶させる事も出来ます。

猫はとても頭が良いので、人間と同じく「習慣」を身につける事もできます。根気よく試してみましょう。

この時、ケージの「位置」には注意してください。

適温で周りの音がうるさくない、猫が安心できる場所へセットしてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ:必要に応じてケージを使い、慣れてもらう

猫 ケージ かわいそう

猫ちゃんのケージ飼い=かわいそうな事・ではありません。

ただ、ケージに入ってもらうなら最低限のストレスケアが必要、という事ですね。

ケージは、猫に慣れてもらい、入ってもらう時間を決めさえすれば、便利なスペースとなります。

猫ちゃんの性格や生活状況を見ながら、ケージもうまく使いこなせる飼い主さんを目指しましょう!

ピックアップ2
▶︎▶︎猫に嫌われない正しいしつけ方法とは?「困った!」を解消するしつけ知識まとめ

 



-猫のしつけ, 猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.