猫同士の喧嘩、理由は何?原因から「止め方」を考える

猫ちゃんは、野生の本能が強く残っている動物です。いろいろな理由で喧嘩をしますし、その本気度合いも場合によって変わります。

ここでは「猫のケンカ」についてまとめていきます。原因がわかれば、「その時ごとの止め方」もわかるかもしれません!

marco

 

スポンサーリンク

 

「新参猫」に対する洗礼が理由のケンカ

多頭飼いをし始めると目にするのが「新参猫に対する威嚇」が理由のケンカです。

新しい猫ちゃんが家にくる。これは人間に例えると

おっす!今日から俺も家族っす!」

といきなり同居人が増えるような物。(人でも絶対戸惑いますね^^;汗)縄張り意識が強く、なれている生き物以外を警戒する猫にとっては、十分ケンカに発展する理由になります。

子猫のうちから一緒にさせておくとなれてくれますが、それでも最初のうちは「シャー!」「パンチパンチ!」「尻尾ブワッ!と小競り合いが続きます^^;

この場合は「止め方」を考えるよりも、別室にわける・少しづつなれさせ時が解決するのを待つ方が良いです。無理に一緒にさせておくと、お互いストレスを感じてしまう事になります。注意しましょう!

 

雌猫を奪い合うオス同士のケンカ

発情期の雄猫同士が、メスを奪い合うためにケンカをする事があります。この「メス争奪戦」が理由のケンカは、家の猫ちゃんを去勢していればほぼ見る事はありません。

万が一去勢をしておらず「家で飼ってる雄猫ちゃん同士のケンカがひどい!」という場合は、早めに去勢手術を受けさせてあげましょう。手術をすれば、メス猫ちゃんがいても安心ですし、闘争心が抑えられケンカの頻度も減るはずです。

 

他の猫の縄張りに侵入した時もケンカになる

猫ちゃんは縄張り意識が強いので、他の猫が侵入してきたり気に入らない奴がいると「なんだお前は!」とテリトリー争いが理由のケンカが始まります。

ただ、猫の「闘争本能」はそこまで強くなく、できれば穏便に、怪我なく済ませたい・というのが本音のようです。そのため、いきなり取っ組み合いをするのは稀。

まずはにらみ合い・「シャー!」という威嚇や体を大きく強く見せつける事で相手をけん制します。どちらかの猫が退散をすればケンカはそこで終了。それでも決着がつかない場合のみ、本格的なバトルが開始されます。

 

スポンサーリンク

 

猫同士の「相性」が悪い

メス同士
去勢・避妊済みのオスとメス
子猫同士

これらは、比較的すぐ仲良くなりやすい・相性の良い多頭飼いの組み合わせです。反対に相性が悪くケンカになりやすいのが「オスとオス」「大人猫と子猫」の組み合わせ。

去勢がまだのオス同士だと、闘争心が強くケンカを始めても不思議では無いです。子猫と大人猫の場合、大人の猫が「あいつばっかりかわいがられてる….」と子猫にやきもちを焼く事も^^;結果、ケンカ(いじめ)につながります。

 

野良猫同士のケンカは止められるか

野良猫ちゃん同士のケンカは自然の摂理ですので、人間が「手出しして止めよう!」とかは考えないほうが良いかもしれません。

「いじめられてかわいそう….」どうしても見過ごせないなら、強いほうの猫を「ワッ!」と脅かす事で追っ払い止める事もできますが、相手は修羅場をくぐってきてる野生の動物です。人間だからといってビビらず、逆に飛びついてくる危険もあります。

噛まれたところが化膿して病院へ…こんな事もありますので、注意してください。

 

家の中のケンカの場合

家の中で飼ってる猫ちゃんがケンカをする場合は、私たちにもできる事があります。

爪は短く切っておく

まず初めに、爪は短く切っておく事。これにより、万が一強く猫パンチをしても、深い傷になる事を防げます。寝ている隙を見計らって適度な長さに切りそろえてしまいましょう。

弱い猫ちゃんに手を差し伸べる

新入り猫と先輩猫が取っ組み合いを始めてしまったら、弱いほうの猫ちゃんに逃げ場を作ってあげてください。追い込まれて強く噛まれると、先輩と仲良くなるのに時間がかかる事があります。

万が一の時のセーフティーゾーンがあれば、危ない時も攻撃をかわしながら戦う事ができます。段ボールやケージ、大きめのキャットタワー等を用意するのがオススメです。

本気で威嚇しあってる猫同士のケンカは、お互いを遠ざけたり「コラッ!ケンカしないの!」と怒っても、すぐには止まりません。

ケンカしながら、相手の事を知る事で少しづつなれてくれます。深手を負わないよう、注意しながら様子を見ていましょう。

 

猫が家の中で「本気のケンカ」をする事はマレ

最後に、飼い主がケンカしないで!と思っていても、猫からしてみると「激しめの遊びだった」こんな事も多いです。

見ていて「それ痛くないの?」と思えるような攻撃も、猫からしてみると訓練・じゃれあいの一環だったりするのです。

もし心配で「どうしても止めたい!」のであれば、あなたが「じゃれあいのケンカ」に参戦しましょう^^

おもちゃなどで気を引いてあげれば、ターゲットは兄弟猫からあなたに移ります。大体の場合、取っ組み合いをしていた猫二匹が、結託しておもちゃを奪おうと寄ってくるはずです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

このように、猫ちゃん同士のケンカには様々な理由があり「人間が止めに入っても良いケンカ・そうではないケンカ」があります。

【飼ってる雄猫同士のケンカ】

去勢手術が済んでいるなら、そこまで長く激しいケンカにはなりません。万が一まだなら、未去勢がケンカの原因かも。手術を受ける事で闘争心を抑えケンカを止める事ができます。

【先輩・後輩同士のケンカ】

「止める」というより「慣れてもらう」ほうが良いです。どうしても威嚇やケンカが激しいなら、怪我をしないよう爪きり・逃げ場の確保をしてあげましょう。少しの間様子を見る必要があります。

【家猫どうしの突発的なケンカ】

シャー!尻尾ブワッ!などのアクションが無いケンカは、大体の場合、遊びか訓練です。どうしても心配!止めたい!なら、飼い主であるあなたがおもちゃを使って興味をひきましょう。簡単にケンカが止まります^^

【野良猫同士のケンカ】

一方の猫を脅かす事で止める事はできますが、相手は野生の猫科動物です。反撃されて腕が噛まれた…こんな話も聞きますので、無理せず、自然の摂理任せたほうが良いかもしれません。

 

以上!猫のケンカの理由と止め方についてでした!

同じ「猫コラム」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. 安いキャットフードを猫好きな人におすすめ出来ない理由8つ

    「キャットフード」と検索すると「安い おすすめ」や「市販 安全」などのキーワードも一緒に出てきますよ…
  2. キャットフードはどれくらい与えるのか

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ

    愛猫にご飯をあげるときに思うのが「餌の量はこれで本当に良いのか?」「これで健康的に過ごせるのか?」と…
  3. グレインフリー キャットフード ランキング

    グレインフリーとは?穀物不使用キャットフードが人気の理由

    グレインフリーのキャットフードが近年、猫好きの飼い主さんに人気です。猫の健康を真剣に考えて作…
  4. キャットフード 子猫

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方

    ここでは、正しく子猫を育てたい飼い主さんに向けて、キャットフードの与え方をまとめています。知…
  5. 猫が餌を吐く原因は何?毎日吐くなら病気を疑ったほうが良い

    猫ちゃんが食べた物や胃液を吐く所を見ると、とっても心配になりますよね。毛玉を月に1、2回程度…

猫コラム

  1. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…
  2. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方