キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード 猫コラム

気をつけたい!猫がアレルギーを起こす可能性のあるキャットフードの原材料

更新日:

人間の食べ物も、油断すると猫に食べられそうになることがありますよね。それくらい、猫はなんでも食べるイメージがあります。しかし、意外とアレルギー持ちの猫ちゃんは多く、特定の食べ物を食べると症状が出てしまう子も多いです。

厄介なのは、キャットフードにアレルゲンとなっている食品が含まれている場合も多いこと。アレルギーは一度発症したら、基本的に治りません。一生原因となった食べ物を入っていないキャットフードを選ぶことになります。

ここでは、キャットフードに含まれるアレルゲン食品をまとめています。中には栄養価のある原材料もありますし、アレルゲンだからといって「悪」ではありません。アレルギー持ちの子が二度と苦しい思いをしないよう、原因となる物を知る上での参考としてお使いください。

 

スポンサーリンク

 

穀物(トウモロコシや小麦など)

猫にとって代表的なアレルゲンのひとつであり、多くのキャットフードに高確率で含まれている原材料です。肉アレルギーなら魚のキャットフードを選べば良いですが、穀物アレルギーになるとグレインフリーのキャットフードしか選択肢はなくなります。

穀物の中でも特に「小麦」「トウモロコシ」はアレルギー発症のリスクが高いとされています。そして、価格が安いキャットフードほどこれらの原材料が主原料として使われているのが現状です。(米や玄米もアレルゲンとなりますが、確率は上記二つより低く、エネルギー代謝も良いとされています)

穀物アレルギーの子を健康に育てるのなら、価格は高いですがグレインフリーかつアレルゲンの少ないキャットフードを選んだ方が賢明です。

 

牛肉・鶏肉などのタンパク質がアレルゲンに?

本来肉食の生活を送ってきた猫科の動物。しかし、最近では肉に対してアレルギー反応を起こす猫ちゃんも増えてきています。

キャットフードによく含まれている「チキン」や「ビーフエキス」、「ポークミール」など、鳥、牛、豚の肉類が原因となることもあります。(場合によっては魚も)そして、穀物と同じく多くのキャットフードの原材料として、これらは使用されています。

動物性たんぱく質でアレルギーが出た場合、今まで食べたことのない原材料のキャットフードを試すことになります。

例えば、「肉や魚のキャットフードがダメだった」この場合、食べたことのないような珍しい肉だと、アレルギーを起こさない可能性があります。カンガルーやラム、ウサギなどを主原料にしたものをチョイスしていくと、アレルギーが出ないことも多いようです。

ただし、絶対ではありません。「切り替え始めた頃は良かったけど、後々...」という事もありえます。

 

卵や乳製品

意外とキャトフードに含まれているのが「卵」です。

乾燥させた状態の卵は、栄養強化のために配合されていることがあります。大体の場合原材料欄の中間らへんで出てくることが多いので、卵アレルギーの猫ちゃんがいるなら見逃さないようにしましょう。

プレミアムキャットフードと呼ばれる高品質な商品でも入っていることもあります。「高いし安全だろう」と高を括らず、成分表はよく見た方が良いですね。

 

スポンサーリンク

 

大豆

大豆も、猫がアレルギーを起こす代表的な食品です。穀物を不使用のキャットフードに入っていることが多く、高価であればあるほど、大豆を使用している確率が上がります。「穀物アレルギーではないけど、怖いからグレインフリーにしている」こういった場合でも大豆によってアレルギーが起きる可能性がある・ということです。

肉やトウモロコシに比べればアレルギー症状を引き起こす可能性はかなり低いですが、ゼロではない・ということは頭の隅に置いておきたいですね。

 

合成添加物

BHTや赤◯号といった人口の合成添加物も、アレルギーの原因となることがあるようです。

これらのものは、長年食べ続けることによって内臓の機能を少しづつ弱めていきます。結果、外部から入ってきたアレルゲンに対して免疫機能がうまく働かなくなり「昔は大丈夫だったものが、今はダメ」という事ににます。

直接的なアレルゲンではありませんが、免疫力を下げる合成添加物も、アレルギーが心配なら猫に取らせるべきではありませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ:どれが一番危ないのか

いろいろな説がありますが、牛肉や豚肉が一番アレルギーリスクがあり、その次に魚や鶏肉、穀物と続くようです。(データによってはラム肉がアレルギー源となっている場合もあります)

肉食動物である猫にとって、動物性たんぱく質は必須です。鶏肉や魚を含まないキャットフードを選ぶのは難しいですが、穀物なら「グレインフリー」を選ぶことで予防することができます。せめて、そういったキャットフードを食べさせてあげたいですね。

また、アレルギーが心配、もしくはすでにアレルギーを起こしている猫には、なるべく原材料の数が少なめのキャットフードが良いようです。

これは万が一食べたことでアレルギーが起きても、何が原因になっているかが特定しやすいため。通常のキャットフードにはいろいろな物が入っているため、アレルゲンの特定が難しいんだとか。場合によってはアレルギーが出ないキャットフードに出会えるまで、何種類も試さなくてはいけないことも。

原材料がシンプルなキャットフードほど、アレルギーが心配な猫に向いています。

↓合わせて読みたい記事↓

▶︎安全なキャットフードの選び方:通販で買える無添加の猫餌ランキング!
▶︎年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
▶︎穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
▶︎キャットフードの怖い話・「家禽ミール」や「4Dミート」の正体



-キャットフード, 猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.