カナガンキャットフードの口コミ評判&成分・原材料を解析!

ネットでキャットフード関連の検索をすると、広告や比較サイトで必ず目にするのが「カナガンキャットフード」ですよね。「食べさせている」「良かった」などの口コミも多く見られるので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そして、いざ買おうと思うとやはり引っかかるのが「口コミ評価」と「原材料の質」です。ここでは、カナガンキャットフードの口コミ評判や、原材料の安全性についてまとめています。

参考としてご覧ください。

 

今回解析したキャットフード「カナガン」の概要

カナガンキャットフード 口コミ 評判 原材料

出典:カナガンキャットフード公式サイト

販売元  株式会社レティシアン
原産国  イギリス
メイン材料  チキン
着色料の有無  不使用
ラインナップ  ドライ、ウェット各一種
健康管理のしやすさ  全年齢対応、穀物不使用
主な購入方法  カナガン公式サイトでのみ販売
価格(約)/1.6kg ¥3960/定期購入だと10%オフ(カナガン公式サイト参考)
価格/一日(約) ¥140〜¥160 (一匹あたり)

市販のキャットフードが一つのブランドで何種類ものキャットフードをラインナップしているのに対し、カナガンキャットフードはドライ、ウェットそれぞれ一種のみ。給餌量をコントロールすることで全年齢の猫を健康に保てるよう作られています。

また、プレミアムキャットフードの中でも「ヒューマングレード」(人が食べても問題ないレベルのキャットフード)として位置付けられています。着色料や発がん性の恐れのある添加物は使っていません。

では、カナガンの実際の評判はどのようなものなのでしょうか。口コミを確認していきましょう。

 

「カナガンキャットフード」の口コミ評判まとめ

ロイヤルカナンを上げていた時
吐くことがあったのですが
カナガンにしてからは全然吐かなくなったので
何かが違うことは確かだと思います。

うちの猫ちゃんは好き嫌いが激しく、フード漂流していて、カナガンとシンプリーを購入したところカナガンに食いついてくれました。

カナガンを1年以上利用しています。
猫を飼った経験がなく、以前はホームセンターで買えるものを購入していましたが、軟便や嘔吐があった為可哀想になり、本気で探しました。以来1年以上の結果ですが、切り替えてから吐いたことがあるのは予防接種の副作用とみられる時一度だけです。軟便もありません

アレルギーが悩みで、フード選びには気を付けています。カナガンはとても食い付きが良く、与え始めてすぐに、うんちの状態が良い感じに変わってきました。

原材料の香りが安いキャットフードと全然違う!合成っぽくないというか、猫が食いつきそうな匂いというか。知人に嗅がせたら臭いと言われましたが、ニャンズ達の食いつきはそこそこ良いです。吐いたり下痢したりもないです

高いけど猫のこと考えたら良いキャットフードを食べさせるべきかな?と思って続けています。他の餌の時と同じく、切り替える最中は下痢をしますが、今は落ち着いて健康的なウンチを毎日出しています(笑)だいたい一週間〜10日くらいで完璧に大丈夫になった記憶があります。

食いつきが良いという評価もそうですが、「うんちの状態が良くなった」「吐かなくなった」という、体調管理がしやすくなったという内容の口コミが多い印象です。

全年齢対応キャットフードのため、口コミを投稿している飼い主さんが飼っている猫の年齢も様々です。その割に高評価が多いということは、ある程度どの猫の健康も保ちやすい。ということが伺えます。

追記:その他の口コミを見ると、プレミアムキャットフードである「ロイヤルカナン」から乗り換えた方も多いです。どちらも値段が高めなことを考えると、「どうせ高いならこっちにしてみようかな?」と考える方もいるのではないでしょうか。

 

「カナガンキャットフード」の原材料:成分表をチェック

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

カナガンキャットフードの成分

 

たんぱく質の配合量と質

・良質な鶏肉を第一原料として使用

カナガンは、チキンをメインとしたミートファーストのキャットフードです。また原材料欄にも「乾燥チキン」「骨抜きチキン生肉」としっかり表記されており、家禽ミールや副産物粉など低品質なタンパク質を使用していないことがわかります。

穀物の質・有無

・不使用

穀物を使っていないグレインフリーのキャットフードです。穀物を入れないことにより、猫本来の食生活に限りなく近づけるとされています。消化器官にかかる負担が減ることが期待できます。

穀物の代わりに、海藻やさつまいもなどのやさいがバランスよく配合されています。

着色料・保存料

・不使用・無添加

余計な着色料や人口保存料は使われていません。

油脂の質

・鶏脂を使用

危険は酸化防止剤を使用していない、鶏脂を使用しています。はっきりとどの動物の脂が使用されているキャットフードは以外と少ないので、これは高ポイントです。

その他の留意事項

 ・高タンパクのキャットフード

猫が腎臓病を患ってる場合、獣医さんから「高タンパクなキャットフードを避けたほうが良い」と指示されることがあります。

もちろん最低限タンパク質は必要ですし、良質であれば問題ない、トイう方もいます。不安であれば、獣医さんに相談してから試すようにしましょう。(病気でないのならきにする必要なありません)

 

キャットフード「カナガン」の総合評価

キャットフードランク5 カナガン キャットフード 評判 口コミ 成分 

(46/50点満点)

・猫の体に最適なグレインフリーのキャットフードです。消化器官に優しく、便秘や嘔吐のケアに最適です。その他、良質な野菜や猫に不可欠なタウリンなどが、バランスよく配合されています。(その他細かい原材料、それぞれの効能は公式サイト参照)

・全年齢対応のキャットフードです。特にこだわりがなければ、カナガンだけで一生健康維持をすることが可能です。

・同じプレミアムキャットフードである「ファインペッツ」には無い定期購入割引があります。少しでも安く購入したいなら、そちらを利用すると良いでしょう。

・マグネシウム含有量が0.09%と、下部尿路疾患のケアができます。療養中の猫ちゃんでも安心の数字です。

 

キャットフード「カナガン」まとめ

原材料の質と安全性は、現在日本で手にはいるキャットフードの中では最高の物です。

妥協せず猫の健康のためになるキャットフードを選びたい、病気が心配だから良いものを食べさせたい。という方にとっては最良の選択肢になるでしょう。

試しに買ってみるのなら単品購入で問題ありません。が、コスパ的には他のキャットフードと比べると高いです。続けて与えるのなら定期購入による割引制度を活用した方が良いでしょう。

⬇︎合わせて読みたい記事

%e3%81%82%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%99
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3
%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f

同じ「キャットフード」カテゴリ内の人気記事ランキング


もっと猫について詳しくなりたい!


おすすめ記事

4dミート
猫の気持ち

ピックアップコラム

  1. 猫の下部尿路疾患 原因

    【猫の病気】原因は何?下部尿路疾患とキャトフードの関係性

    今回は、猫の「下部尿路疾患(FLUTD)」についてのお話です。特に猫ちゃんは、食べるものが原因で…
  2. キャットフードはどれくらい与えるのか

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ

    愛猫にご飯をあげるときに思うのが「餌の量はこれで本当に良いのか?」「これで健康的に過ごせるのか?」と…
  3. 猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない

    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、なんかお口臭くないかい?」今回は「…
  4. キャットフード グレインフリー

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット

    「猫のために、健康に良いキャットフードを買ってあげたい!」「安いキャットフードを食べさせ続け…
  5. キャットフードの保管場所は?

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法

    ドライのキャットフードは固形で水分量も少なめ。一見すると劣化しにくいイメージですが、実は空気…

猫コラム

  1. 猫の病気

    猫の口臭が気になる原因は?臭いは病気のサインかもしれない
    「ぺろぺろしてくれるのはありがたいんだけどさ、君、な…
  2. 猫去勢 術後の画像

    猫コラム

    【猫の去勢】術後の注意点、猫の性格・体型の変化まとめ
    あなたの猫ちゃんは、去勢する予定がありますか?もしそ…

ピックアップ記事

  1. キャットフード 子猫

    キャットフード

    どう食べさせる?健康に育てたい方向け・子猫へのキャットフードの与え方
  2. キャットフード

    キャットフードの原材料に含まれる「クランベリー」はどんな効果がある?
  3. キャットフード グレインフリー

    キャットフード

    穀物不使用のキャットフード5選&グレインフリーのメリット
  4. キャットフード

    ファインペッツキャットフードの口コミ評判&成分・安全性を解析
  5. キャットフードの原材料について

    キャットフード

    これが良くない!キャットフードの原材料で避けるべきもの6選
  6. キャットフードの保管場所は?

    キャットフード

    キャットフードは鮮度が命!猫の食いつきが落ちない保存方法
  7. 猫餌回数時間

    キャットフード

    【猫の餌の与え方】健康的な回数と時間を守ってあげよう!
  8. キャットフードはどれくらい与えるのか

    キャットフード

    年齢と体重別!猫にとって最適な餌の量&計算方法まとめ
キャットフード 選び方