キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

キャットフード 全年齢対応

キャットフード

全年齢対応キャットフードのメリット&デメリット

更新日:

プレミアムキャットフードに多いのが「全年齢対応」「全ライフステージ対応」といった表記です。

これは子猫からシニアの猫まで、幅広い猫が食べることができる・ということ。餌を変えたりする必要がなく、安いキャットフードと比べて高品質な物も多い傾向にあります。

ここでは、全年齢対応キャットフードについてまとめています。キャットフード選びの参考として、ご活用ください。

 

スポンサーリンク

 

 

全年齢対応キャットフードのメリット

以下が、全年齢対応キャットフードのメリットです。

使いこなせばかなり優秀なご飯ですので、迷っているなら一度試してみると良いでしょう。

 

子猫から老猫まで、一生付き合えるご飯

batch¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

これが代表的なメリットですよね。子猫から老猫まで、幅広い猫の健康を保つことができます。

もし子猫を飼い始めたばかりなら、初めから全年齢対応のキャットフードに慣れてもらうことで、一生ご飯を変えずに済むということ。普通のキャットフードだと◯歳用、シニア用などと分けられており歳を取るごとに変えていきますが、その必要はありません。

年齢による必要な栄養良の変化には、餌の量を調整することで対応していきます。また、他の低カロリーキャットフードを混ぜて腹持ちをよくしてあげる・という方もいらっしゃいますね。

特に初めて子猫を飼う!という方には、オススメです。何も考えずとも栄養管理がずっとできるのは、大きなメリットではないでしょうか。

 

高品質な物が多い

batch_stars-1128772__340

すべてが・とはいきませんが、全年齢対応のキャットフードには、そうでないものと比べると質の良いキャットフードが多い傾向があります。
(プレミアムキャットフードと呼ばれる種別のものが豊富)

安いキャットフードに入っていることの多い人工添加物が入っていなかったり、猫にとって栄養価の高いタンパク質で構成されていたりと、全年齢に対応するため、良質さを追求して作られています。

変なものを食べ続けると体を壊すのは猫も人間も同じです。全年齢対応に切り替えることは、猫の健康管理的にもメリットがあるのです。

 

 

多頭飼いの場合にも重宝する

batch_cat-1543541__340

これも重要なメリットの一つ。多頭飼いの場合、兄弟で年が離れていることありえますよね。
(子猫と成猫が同居していたり、老猫と成猫が同居していたり...などです。)

こんな時、食いしん坊の猫がいると兄弟猫のご飯をとってしまう、間違って食べてしまうこともしばしば。

年齢別のキャットフードをせっかく食べさせているのに台無し、という経験がある方も多いことでしょう。

全年齢対応キャットフードだと、そう言った心配は要りません。

どれだけ兄弟から奪おうが、取られようが、食べているものが一緒ですので健康管理上、問題はないです。(あまりにも食い負けするようなら注意が必要ですが)

飼っている猫が多くても全員一緒のご飯で良い。これはかなりのメリットです。

特に年の離れた猫を何匹も飼っているのなら、全年齢対応に切り替えるべき!「あの子はこれで、あ、子猫はこっちのご飯を....」と考える必要がなくなり、量だけ調整して与えれば良い状況になります。

 

スポンサーリンク

 

全年齢対応キャットフードのデメリット

batch_tomcat-1537407__340

メリットだらけの「全年齢対応キャットフード」ですが、デメリットも少しあります。場合によっては与えることができない、他の餌を混ぜて与えなければならない事もありますので、確認しておきましょう。

細かいケアはしにくいかもしれない

よく言えば万人(猫)向けですが、そのため細かい健康管理が難しいケースも。

例えば、「腎臓病を患っている」と言った場合、タンパク含有量が高い全年齢対応キャットフードは与えることができず、その子だけ腎臓ケアのご飯に切り替えなくてはなりません。

全年齢対応・ではありますが、これはあくまで「健康な猫」を前提とした場合。「全病種対応」というわけではありません。

この辺りは、獣医さんと相談して与えるご飯を決めた方が無難でしょう。

 

価格が高い傾向がある

質が良いものが多いですが、その分スーパーで売っているキャットフードと比べると3倍、4倍、物によっては5~10倍の価格差があります。

節約志向の飼い主さんにとっては、ここがネックになるかもしれませんね。

質が良い全年齢対応キャットフードをなるべく安く買いたい!のであれば、アマゾンや楽天で最安値を探す事。もしくは、定期購入をする事で本体価格や送料がお得になるプレミアムキャットフードを選ぶ事です。

ただでさえ高い全年齢対応のフード。定価で買っては損です。安く買える仕組みがあるのなら利用し、良いキャットフードをなるべくお得に手に入れてしまいましょう。

 

ある程度目利きが必要

全ライフステージ対応・と一口に言っても、それぞれに特徴があります。例えば

シンプリーキャットフード

シンプリーレビュー

・サーモンが主原料
・低アレルギー、低カロリー
・価格は4000円ほど。定期便で10%オフ
・体重管理が必要な猫、老猫に最適
・関節ケアのための成分配合
・全年齢対応:10か月〜老猫まで

オリジンキャットフード

オリジン6フィッシュレビュー お試し

・チキン、フィッシュから選ぶ
・価格が高い・定期便なし
・下部尿路疾患の猫でも安心
・高タンパクで子猫には特に良い
・全年齢対応(離乳後〜老猫まで)

と、同じ「全年齢対応」でもいろいろあります。飼い主目線で力を入れたい部分や、猫の好みやアレルギーの有無によって、どのキャットフードが最適か見極める必要があります。

全年齢対応ではあっても「食べさせとけばオールオッケー」ではありません。

家で飼っている猫(達)のことを考えて、成分表や原材料欄、メリットなどは確認してから買った方が良いです。

予算に余裕があるのなら、数種のキャットフードをローテーションしたり、混ぜて与えるようにすると完璧ですね!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、全年齢対応キャットフードのメリット、デメリットでした。

特に

・今の栄養管理に自信がない方
・餌を変えるのがしんどい方
・生まれて間もない子猫を買った方

には、特に全ライフステージ対応のキャットフードが良いです。

正直、自分で良いものを目利きして年齢別に変え続け、最後まで健康維持をする。

これは獣医でもない素人にとっては、意外と厳しいです。キャットフードのスペックで解決できるなら、思い切って投資して解決してしまった方が猫のためにもなります。

キャットフード 選び方

 

⬇︎合わせて読みたい記事

4dミート
%e7%a9%80%e7%89%a9%e4%b8%8d%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3
%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b2%e3%82%99k%e3%81%9f



-キャットフード

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.