キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち!

猫の健康を考えたキャットフードの選び方や、子猫の育て方について詳しく解説しています。

猫コラム

猫にとってまたたびは害か?実は危険もあるマタタビの効果

更新日:

猫ちゃんが大好きな「またたび」ですが、どうやら「安心安全で害や危険性がない」とは言い切れないようです。

今回は、「またたびが猫にもたらす効果・危険性」をまとめていきます。

Some rights reserved

 

スポンサーリンク

 

猫ちゃんにまたたびを与えるとどうなる?

ご存知の方も多いと思いますが、特にオス猫は、またたびの匂いを嗅ぐと喜んで興奮します。最高に気にいると体をゴロゴロ、くねくねと床で踊らさて「たまら〜ん」な反応を見せることもありますね。

ただ、これはまたたびの「表の効果」です。場合によっては、裏の効果が顔を出し獣医さんに診てもらわなくてはならない窮地に立たされることもあるようです。

 

またたびの「害」とはどんなものか

またたびを与えることによって猫ちゃんが被る害は「呼吸器不全」です。

またたびの成分は猫にとってはかなり影響が大きく、ハマりすぎてずっと嗅いでいると脳が麻痺する恐れもあります。脳が麻痺した結果、呼吸をしろ、という指令が体に行き届かなくなるため息ができない=「呼吸器不全」に陥ることがあります。

ごく稀にですが、またたびの興奮により命を落とすケースもありますので、現在またたびを与えいてる飼い主さんは

「猫は喜ぶけど、万が一の可能性がある嗜好品」

とだけは、覚えておいた方が良さそうです。

ちなみに、猫がまたたびに依存することはありません。本来、猫に絶対必要!というわけではないのです。

 

スポンサーリンク

 

こんな猫ちゃんにはまたたびを与えない方が良いかも...

心臓疾患のある場合
刺激に敏感な猫
お年寄りな猫

これらに当てはまる猫ちゃんには、またたびをあげない・量を少なくする等の対策をしましょう。人間に例えると、カフェインに弱い人がエスプレッソのコーヒーをガブ飲みするようなものです。当然心臓はばくばく・興奮して眠れなくなります。

またたびにも同じことが言えます。与えるたびに異常なほど反応を示す子、刺激をなるべく与えない方が良い病気の子やシニア猫ちゃんには、またたびを無理に与えるのはやめておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

またたびを与えるときは「量」に注意!

絶対に禁止!とまではしなくても良いですが、与える量は加減した方が良いですね。猫の嗅覚やフェロモンを感じる器官はとっても敏感。少量のまたたびでも、十分に反応します。

ちなみに、普通に買えるまたたびは、多くがおやつやご飯に混ぜる用の粉末状か、粉末がまぶされたお菓子やおもちゃです。これらの物であれば、量を調整するだけで安全に猫ちゃんに与えることができます。

危険なのは、またたびの実や葉っぱ。これらには猫を興奮させる成分が粉末よりもかなり高濃度に含まれています。滅多に手に入れる事はないとは思いますが、万が一手元にあっても「喜ぶだろ!」と安易に与えない方が良いでしょう。

関連▶︎【猫がまたたびを好きな理由】猫はなぜあんなにも狂うのか?

 



-猫コラム

Copyright© キャットフードの選び方・子猫の育て方をまとめるサイト | ネコぱんち! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.